★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 地域7 > 157.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
福岡人工島「トトロの街」構想 暗礁 宮崎監督が関与拒否(西日本新聞)
http://www.asyura2.com/0311/ishihara7/msg/157.html
投稿者 nu 日時 2003 年 11 月 21 日 00:22:24:7RiOPzIa4Y0sI

http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/news003.html

福岡人工島「トトロの街」構想 暗礁 宮崎監督が関与拒否
 福岡市が進める博多湾の人工島(アイランドシティ)事業のまちづくり原案を同市に提供したアニメ映画監督、宮崎駿(はやお)氏(62)は二十日、「参考として市にみせたスケッチ画が報道され、自分が開発に深くかかわるよう書かれている。開発には一切関係ない」などとして、今後、人工島事業に自身の名前と絵を使わないよう求める手紙を山崎広太郎福岡市長にファクスで送った。

■福岡市「誤解ある」

 同市は十四日、監督側から提供された十三点のスケッチ画をまちづくり原案とした構想を発表。二十六日にはこのイメージに沿った開発プランを住宅開発業者から公募する計画で、監督からの突然の“絶縁状”に「絵と名前の使用は監督との約束事項。誤解がある」と困惑している。

 宮崎監督は手紙で、「私の本分はアニメーション映画監督。住宅開発に関与する能力、体力、気力も時間もなく、責任もおえない」と主張。「このまま事業が進めば、結果的に期待を寄せてくださる市民に大きな失望と損害を与えることになる」として、事業への関与をきっぱりと否定している。

 市側の説明や、宮崎監督の弟で代理人のグラフィックデザイン会社取締役、宮崎至朗氏(57)によると、宮崎監督は昨年、市の人工島のまちづくりに対する考え方に共感。イメージ画を市側に無償で提供し、監督自身の名前を公表することも了解を取っていたという。

 至朗氏は「昨年から時間をかけて監督とも話し合い、絵の使用を約束していたので(今回の事態に)途方にくれている。早急に本人と連絡をとりたい」と話した。

 二十日夜、記者会見した酒井勇三郎・同市港湾局長は「至朗氏の会社を通じて監督と連絡や契約をやってきた。監督の誤解ではないか。早急に関係を修復し、事業を推進したい」と語った。

 次へ  前へ

地域7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。