★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 昼休み1 > 160.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ルキス・トラスト、マスターレース、エイリアン
http://www.asyura2.com/0311/lunchbreak1/msg/160.html
投稿者 HAARP 日時 2003 年 10 月 25 日 06:06:51:oQGUNb5q8hjD.

キャサリーン・サリバンという所謂マインドコントロール奴隷にされていた人のインタビューの抜粋。
この手のものはかなり多いが、NASAや宇宙人の背景にあるナチス人脈に関する証言は珍しい。
キッシンジャーがルキス・トラストの「忠実な」メンバーというのも興味深い。
この組織は正式な国連の組織である。
ナチの「マスターレース」計画はアメリカに本拠を移しエリート組織のなかで遺伝子操作によって現在も推進されている。この過程における成果はある種の「超能力」と「宇宙人」のような形態に現れているようだ。

平行してNWO計画の中核にビルダーバーガーが居るという証言とともに、「エイリアンの脅威」の「必要性」が唱えられ、マスターレース計画の「成果」が利用されることになるという。小道具としてのUFOはドイツ起源の地球の地磁気グリッドを利用するものはすでに使われていないという証言もあった。

世界支配層は少なくとも、人間の遺伝子操作および電磁重力推進を達成しており、これらに「不可欠」なマインドコントール技術の体系を完成させている。そして、このマインドコントロールの分野では拷問に等しい作為が子供に対しても広く行われ政治の道具にされている。

以下の資料は長文のため、抜粋。


【MIND CONTROL INTERVIEW---BUCKLE UP】抜粋
http://www.nomorefakenews.com/archives/archiveview.php?key=1620
-----------------------------------------------------------------------------------
Two more Aryan type code names that I heard a number of
times were PAX ROMANA ... used in connection to the words "The Plan", that
is connected to S.H.A.R.E. International. This is fascinating to me, and I
am going to throw a name out here, Henry Kissinger who is a Luciferian, he
is a staunch member of Lucis Trust. He was one of the people that used those
words a lot. There is a group that is strongly Mob connected called "Satanic
Hierarchy" and it was based in New York City, although one of the leaders
who flew over to New York City a lot from Britain was Robert Maxwell. He
supposedly suicided a number of years ago in the ocean off his boat. I
seriously question that it was a suicide. My Dad was also a member of
Satanic Hierarchy at Mount Hood. I do not know what state that was in, but
it was where they did traumatic baseline also known as near-death torture
and conditioning. Really awful stuff.

(キッシンジャーはルキス・トラストのメンバー)
もう2つのよく聞いたアーリア系のコードはPAXROMANA・・・これはシェア・インターナショナルに関連するThe Planという言葉に関連して使われていました。これは面白いのですが、名前を言ってしまうと、ヘンリー・キッシンジャー、彼はルシファー崇拝者ですが、忠実なルキス・トラストのメンバーなのです。
彼はこれらの言葉をよく使う人の一人でした。ニューヨークを本拠にする「サタニック・ヒエラルキー」と呼ばれる集団に繋がるグループがあります。このなかにはイギリスからよくニューヨークに飛んでくる多くの指導者の一人だったロバート・マックスウェルがいます。彼は自分のボートで沖合に行って自殺したと言われていますが、私はこれを本気で疑っています。私の父もマウント・フットにあるサタニック・ヒエラルキーのメンバーでした。
これが、どこの州にあるのかは知りませんが、ここで彼らはトラウマを植え付けることをやっていたのです。
これらは、「臨死拷問」および「調整」として知られるものです。とても恐ろしいことです。
--------------------------------------------------------------------------------------

Some of these people consider themselves to be elite. A lot
of them do have Aryan generational backgrounds. They consider themselves to
be socially, mentally, in every way, above what they call "cattle, sheep,
lower classes". A lot of them have some very strong prejudices - but
publicly they will act like they don't - against people of other colours,
and other nationalities. A lot of them seem to want to have an Aryan new
world government where the Aryans are the ones in charge. And I have heard
some of them talk, and quite seriously unfortunately, about eventually
wanting to phase out all the other races until it's pure Aryan.

I hope to God people don't let them do that. What's going to
happen to people like me - if they are able to do this - we are back into
slavery again, with a vengeance, because they will not take it lightly that
we are talking. Right now I tell people, and I try not to be morbid about
this, but as I see them, step by step by step, doing what they said they
were going to do in a lot of their planning meetings - it is absolutely
terrifying to me. Most of all, that people do not seem to care enough to do
anything about it. That's the most terrifying thing of all.

(ビルダーバーグに関係する人々に関して)
これらの人々のなかには、自分達をエリートと自認している人達がいます。
彼らの多くはアーリア系の家系的背景を持っています。彼らは自分達は社会的にも精神的にも、全てにおいて、彼らの言うところの「家畜、羊、下級階級」の上に来るものだと思っています。
世間ではそのようなふりをしませんが、彼らの多くは他の肌の色や他の(ドイツ系アーリアでない)ナショナリティに対して、非常に強い偏見を持っているのです。彼らの多くは自分達が主役のアーリア系の世界政府を持ちたがっています。そして不幸なことに、私は彼らが本当に真剣に、最後は純粋なアーリア人になるまで他の人種を一掃したいと話しているのを聞いてしまったことがあります。

私は神に与する人々がそれを阻止して欲しいと思います。もし、彼らが計画を遂行できるならば、私の身に起こったことのように、復讐をもって奴隷状態にされてしまうでしょう。なぜなら、彼らはここで話しているようなことを軽くは受け取らないからです。ここで皆に言いましょう、偏執的にならずに、しかし、私は見てきたのです。一歩一歩彼らの計画会議でやりたいと言ったことを実行してきたのです。これは私には完璧に恐ろしいものでした。
大抵の人はこのようなことに注意も払わず、何もしません。これが本当に恐ろしいことなのです。

--------------------------------------------------------------------------------------

One of the things they were planning on doing was having UFO
invasions. I don't know if they are going to pull that one off or not. They
were planning on getting people so afraid of a race from another planet
coming and having authority here and terrorizing us, that we would just fall
apart and "please don't hurt us, we will do whatever you say" ... These
people who pushing that scam, and Henry Kissinger is one, in fact I have
some documentation where he actually said one time at a global conference
that what we need is a UFO invasion ...

The other thing they were trying to work was to get a lot of
pastors to push to Christian communities and congregations that we are in
"the last days or the beginning of the tribulation" in the Book of
Revelation. They talk about AIDS having been a deliberately created epidemic
because it fit one of the plagues in the Book of Revelation, and what they
have been trying to do is use the Book of Revelation as a blueprint to
convince people that we are in the last days. It seems to be working rather
well. I consider it Psiwar, in which Michael Aquino used to be pretty
involved in. They seem to be just messing with people's heads a lot right
now. All these movies about disasters ... that really does a number on
people too.

(社会的マインド・コントロールについて)
彼らが計画しているものの一つに「UFOの侵略」があります。
この計画が遂行中なのかどうかは知りませんが、彼らは人々に他の惑星からの種族が来て我々を攻撃して支配するという恐怖を植え付けようとしています。これは、ひれ伏して、「ひどいことをしないで下さい、言うことは何でも聞きますから・・。」という感じです。このイカサマを行おうとしている人達のなかでは、ヘンリー・キッシンジャーもその一人ですが、私は、実際に彼が世界会議の席で、我々の必要なのはUFOの侵略だと述べたという文書を持っています。

別の計画としては、彼らは多くの牧師を抱き込んでキリスト教のコミュニティや会衆に対して、黙示録に書かれている「終末の日々もしくは艱難の始まり」のなかに居るのだと思いこませようとしています。
彼らは、AIDSは人工的に創られた疫病だと話していますが、なぜなら、これは黙示録のなかの疫病に当てはめることができるからです。ここで彼らがやろうとしていることは、黙示録を青写真として使って、人々が終末の日々のなかに居ると信じ込ませるということです。これはうまくいっているように思います。
私はこれを、マイケル・アキノが深く絡んでいた「心理戦争」と見ています。いま現在、彼らは人々の頭をひどく混乱させているようです。災害の映画も全て・・、多くの人々に影響を与えています。

-------------------------------------------------------------------------------------
One thing the Nazis were working on very hard was genetic
experimentation on some of their prisoners in the concentration camps,
although our government has tried to suppress the documentation. And they
were into breeding their own. My dad used to brag about how they were doing
genetic experiments on embryos that were creating what they called
"children". These children are, I personally believe, aliens ... little ones
that people have seen. I met several at a NASA facility.

One was an older child, I guess I would call it. He was able
to speak two languages. He was able to speak English and what they called a
"trilateral language". He used a lot of buzzes and clicks and symbolic hand
signals. He also had a lot of Theta abilities. It was amazing. He had been
programmed as I understand some of the others had that were genetically
experimented on - to believe that they are aliens. But he seemed to
understand that it was not real, that he was human. And my concern about
this most of all ... I am more concerned about them than anyone else ... if
that information is ever made available to take it seriously, they will be
killed and their remains put away where no one will ever find it. Because if
it's true, it is one of the biggest crimes that an agency of our country has
ever perpetrated against another human.

What I understand is that with all the UFO movies lately,
and so many TV shows about it in the last few years ... it is preparing
people's minds to believe that aliens are real, that they really do exist,
that they really are trying to contact us. I can't help but wonder if some
of these human "aliens" will be used down the road as some kind of proof to
people.

(アメリカがナチから継承する「宇宙人化」遺伝子操作)
ナチスが精力的に行っていたものの一つには、強制収容所の一部の囚人に対する遺伝子操作実験がありました。米政府はこの記録書類を隠蔽しようとしていますが、これらの事実は自ずと露呈するものです。
私の父は、よく胎児に遺伝子操作実験をして、彼らの言うところの「チルドレン」を創りだしたことを自慢していました。これらの「チルドレン」は私は個人的には、宇宙人だと思っていますが、・・人々がよく目撃してきた小さいやつです。私はNASAの施設内で何体かを見ています。

一人は、言ってみれば、年を取った子供でした。彼は2つの言葉を話すことができました。彼は英語と、彼らの言うところの「トライラテラル言語」を話しました。彼は多くの雑音、クリック音と象徴的なハンド・シグナルを使いました。彼はまた高いθ能力(脳波のθ波に関係して相手の感情などを読み取る能力、これは多くのシークレット・サービス要員や各国の指導層もこの訓練を受けていると証言している)も持っていました。それは驚異的でした。彼は自分がエイリアンと信じるようにプログラミングされていましたが、私の理解するところでは、遺伝子操作されている人々の内の幾分かはこのようにプログラミングされているようでした。
ところが、彼はこれ(プログラミング)は本当ではなく、自分は人間であると理解しているようでした。
私が最も心配するのは・・、これは誰よりも心配しているのですが、もしこのような情報が(外部に)真剣に受け取られるようなことがあれば、彼らは殺されて死骸は誰にも見つからない場所に隠されてしまうでしょう。
なぜなら、もしこれが本当なら、これは我々の政府機関が人間に犯した最も巨大な罪だからです。

最近の全てのUFO映画や多くのテレビ番組から分かることがありますが・・・、人々にエイリアンは本当に実在すると、また実際に我々にコンタクトしようとしていると信じさせる準備をしているようです。
私は、これらの人間の「宇宙人」が何らかの証拠として使われるのではないかと思わずにはいられません。

------------------------------------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

昼休み1掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。