★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 名前登録待ち板 > 211.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ブッシュ政権拡大中東構想の概要
http://www.asyura2.com/0311/nametoroku1/msg/211.html
投稿者 ヤス 日時 2004 年 2 月 13 日 11:05:19:gXcmy9wQNnsRo
 

【エジプト アル・ワフド紙】2/6
http://www.alwafd.org/front/

6日付のエジプト野党第一党である新ワフド党の機関紙で進歩的文化人たち
に広く読まれている高級紙「アル・ワフド」は、先月一人のアメリカ人高官が
「新中東」なる計画を携えてエジプトを訪問したと、詳細をターリク・トハー
ミー記者の署名入りレポートを掲載した。
 
この計画をアメリカ人高官たちは、メディアへ漏洩しないように黙して語らないが、トルコ紙、イェニ・シャファク(日付は未記載)が先週この計画の一端を流した。すなわち、アメリカがトルコに提示した「グレーター中東」と題する計画が存在する。ジョージ・ブッシュ、アメリカ大統領は先週、訪米したラジャブ・オルドガン、トルコ首相にホワイトハウスで、北アフリカ最西端に位置するモロッコから、南アジア、小アジア、コーカサスを通り、東はインドネシアまでまたがるアメリカの新計画を提示した。
 
同紙によると同計画では、ワシントンはトルコが民主化や宗教穏健化の普及に中心的役割を演じることを望んでおり、トルコを計画の柱に据えるという。宗教穏健化政策として、ワシントンはトルコが宣教者やイスラムの指導者であるイマームたちを他のイスラム諸国に派遣することまで提案したという。
 
同紙は、この計画はイスラエルに有益であり、同国の治安の維持と同地域のほかの民族の支配に寄与することになると警告した。
 
重大な問題である。中心柱にトルコを選んだのは偶然ではない。現在のトルコの前身、オスマン・トルコは前世紀初頭に崩壊したイスラム・カリフの国家である。また、トルコから宣教者や宗教家を他のイスラム諸国に派遣することは、アメリカが以前と同じ地域にカリフ国家を復活させることを意味する。アメリカは政治的、経済的、軍事的、及びビジネス上でのトルコの立場を支援するのに留まらず、メッカとメディナというイスラムの二大聖地を抱えるサウジアラビアや、イスラム学術の殿堂たる世界最古の宗教大学、アズハルを擁するエジプトのような宗教界での伝統ある諸国家が存在する地域において、宗教的な役割を、アメリカがトルコに与えることを望んでいるのだ。
 
以下は、同計画が世界各地に及ぼす影響や、実現の可能性などについて論じている
 
レポートの執筆者であるトハーミー記者は、偉大な思想家であるマハムード・アミーン・アルアーリム師にこう尋ねた。このような計画が、実現できると思われますか。

答えは実現するというものだった。同師曰く、アメリカはイラクを侵略し、イスラエル支援を継続している。また、イランを脅迫し、同盟国のトルコさえ脅かしている。トルコは多くのアラブ圏の国家と友好関係を持っている。計画が示すこの広大な地域は、紛争の的となっている産油地帯である。ここからアメリカはヨーロッパを支配できる。

実際のところ、アメリカはトルコをこのような計画の中心に据えようとしている。なぜなら、トルコは世俗国家であり、だからと言って、このよう俗国家は必ずしも、反宗教とはならないかもしれないからである。従ってこの計画は実現すると同師は断じた。 
 
導師は語り続ける。イラクパレスチナで起きていることを観察すれば、このことは確認できる。アメリカはトルコだけを考えているのではなく、トルコを北辺の主軸国とし、エジプトを南の要の国となるように、エジプトがこの計画に参加することを望んでいる。沿う、エジプトは世界の要なのだ。ここを押さえた者は世界を押さえるのだ。他の多くの国は強硬な姿勢を軟化させてきた。リビアやヨルダン、イランなどのように。
 
アメリカの新計画は、我々の独立を滅ぼすことだ。我々が求めている計画は全てのアラブ国家の独立尊重である。しかし、アラブの願いを破壊し、イスラエルの軍事力によりこの地域を屈服させようとする勢力がある。もう一つの新しい軍事力がトルコなのだ。この地域を支配するために、シーア派とスンナ派、クルド人を分裂させることでイラクをばらばらに打ち砕こうとする勢力がいる。
 
以上がレポートの主要部分である。

 次へ  前へ

名前登録待ち板掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。