★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 名前登録待ち板 > 827.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re:ペンタゴンに激突したのがボーイング機じゃない決定的証拠9/11(大変重要な情報です)
http://www.asyura2.com/0311/nametoroku1/msg/827.html
投稿者 レイプしちゃっても総理大臣、人生いろいろ 日時 2004 年 7 月 28 日 10:38:05:0oXEMYaeJpwnk
 

(回答先: 世界規模で行っているモサドの諜報活動 投稿者 レイプしちゃっても総理大臣、人生いろいろ 日時 2004 年 7 月 26 日 11:31:40)

2001年9月11日に世界貿易センタービル(WTC)の北タワー、南タワー、米国防総省(Pentagon)にハイジャックされた航空機が激突した。
その中でもペンタゴンに激突した航空機はハイジャックされたボーイング757型機でないことが最近公表された「新しい写真」によって決定的
になった。
その写真とは下記の写真である


まずはじめに国防総省で消火作業を行っている消防車の放水位置を確認してもらいたい。
これはペンタゴンに激突した航空機が国防総省の建物の高さより小さい物体であることを
示している。
ボーイング757型機は、米国防総省(ペンタゴン)の建物より高いのである。
そのことはペンタゴンにボーイング757型機が激突しなかった「決定的な証拠写真」として大きな意味を示すでしょう。

この写真では、まだ建物が崩れていない事に注目しなければなりません。
放水位置からして炎上している部分がボーイング757型機に比べ明らかに小さな物体であることがわかる。例えばF-16戦闘機のような・・・


この写真では、中心に写っているワイヤーケーブルに注目しなさい。(9/11前日までワイヤーケーブル等の補修工事を行っていた。事前に爆発物の取り付け可能)
米国防総省の屋根がまだ崩れていない事は注目に値する。

米国政府の公式見解では米国防総省(pentagon)にハイジャックされたボーイング757型機
が激突したということになっているがどの写真、映像を探しても「巨大なボーイング757型機」は写っておらず米国政府の公式見解は大きな矛盾を抱えている。
今回、新しく発見された写真が今後の真相解明に大きな部分を占めるのは言うまでもない

From Deception to Revelation Part I
An Analysis of the Attack of the Pentagon
By Dave vonKleist
http://www.thepowerhour.com/911_analysis/report.htm

 次へ  前へ

名前登録待ち板掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。