★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件10 > 1048.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【長崎男児誘拐殺害】中1、性嗜好の多重障害 精神鑑定の全容判明 長崎新聞
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1048.html
投稿者 エンセン 日時 2003 年 12 月 13 日 03:16:09:ieVyGVASbNhvI

 
中1、性嗜好の多重障害 精神鑑定の全容判明

 七月に長崎市で起きた男児誘拐殺害事件で、さいたま市の児童自立支援施設に送致された中学一年の少年に対して、補導後に実施された精神鑑定の全容が二日までに、長崎新聞社の調べで分かった。少年は性的な加虐性と被虐性を併せ持つ「性的サドマゾヒズム」と「小児性愛」の傾向と診断され、異常な性嗜好(しこう)の多重障害が認められた。精神発達障害の一つの「アスペルガー症候群」とも診断されており、異常な性嗜好と相まって「反社会的行為に対する抑止力を働きにくくさせる恐れがある」と分析している。事件に至った背景について、少年の資質に加え、非行当日の偶発的要素も絡んで殺人へ「暴発」した―と結論づけた。

 精神鑑定は、長崎家裁が指定した自閉症や児童精神を専門とする精神科医が七月二十四日から九月十九日まで五十八日間担当。問診や面接、脳波検査、心理テスト、関係者への聞き取り調査などを基にまとめ、家裁に提出した。内容はA4判で二百枚以上に及んだ。

 性的サドマゾヒズムは、精神的・肉体的な苦痛を相手に与えたり、自分自身が苦痛を受けることで興奮を覚える。小児性愛は幼児に対する性的な愛好を意味する。アスペルガー症候群は知的能力の高い自閉症の一つで、通常の言語や知的能力に障害はないが、人間関係を築くことが難しく、共感性の乏しさなどを特徴としている。

 長崎家裁が公表した処分決定要旨は、少年の「男性性器への異常なこだわり」を明記した。鑑定では、このこだわりと事件に至る経過を分析。少年は、小学三年生ごろに負った性器のけがから性器に興味を抱き、アスペルガー症候群の特徴である「継続的な強いこだわり」が影響、異常な性嗜好と思春期に伴う性衝動の高まりも相まって性器への関心が変質したとしている。

 被虐的なマゾヒズムの要素として、自分の性器をトイレ用洗浄剤などで痛めつける行為に及び、加虐的なサディズムの要素として、誘拐殺害事件前の今年四月、同市北部の大型商業施設で別の男児の性器を触るなど強制わいせつ事件を起こしていたことを確認した。

 鑑定の際、少年は非行時の心境を明確に表現できていないが、性的な興奮状態にあったことが分かった。各種テストなどでは突出した攻撃性が表れた。ただ、当時十二歳という年齢の幼さから、精神疾患の国際的な診断基準に沿って確定することはできず、性嗜好障害について「傾向」との表現にとどまった。

 鑑定では、アスペルガー症候群について、事件と直結しないと明記している。ただ、少年の場合は異常な性嗜好がある上、周囲と交流の少ない家庭に育ったことなど環境も影響したとみており、発達障害児が起こした事件の中でも特異なケースと位置付けている。

 偶発的な要素としては非行当日の行動を検証。学校に忘れ物をして約束していた帰宅時間に遅れ、母親の叱責(しっせき)を恐れて誘拐場所となった家電量販店に出掛けたことや、他人の視線に恐怖を感じる資質があるため、殺害現場となった立体駐車場で男児をはさみで傷つけている最中、防犯カメラに気付きパニック状態に陥ったことなどを確認した。

 精神鑑定書は長崎家裁の処分決定の重要な資料となったが、少年審判の非公開原則に基づき内容はこれまで明らかにされていない。


2003年12月3日長崎新聞掲載

http://www.nagasaki-np.co.jp/press/yuusatu/12/001.html

 次へ  前へ

日本の事件10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。