★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件10 > 1210.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
<普通>の市民たちによる「つくる会」のエスノグラフィー 【研究対象・研究方法】
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/1210.html
投稿者 なるほど 日時 2003 年 12 月 26 日 17:03:52:dfhdU2/i2Qkk2
 

(回答先: Re: <普通>の市民たちによる「つくる会」のエスノグラフィー 【先行研究の批判的検討】 投稿者 なるほど 日時 2003 年 12 月 26 日 16:57:19)

3.研究対象
3−1 研究対象

草の根レベルでの保守運動を観察・考察するために私が対象として選んだのが「新しい歴史教科書をつくる会 神奈川支部有志団体 史の会」である。(以下、史の会)同会は、1998年10月に発足した勉強会(討論会)のコミュニティである。一ヶ月に一度程度の割合で、公民館にて活動を行っている。主調査は、2001年4月から2002年2月にかけて行った。毎回参加者数や顔ぶれに変化があるものの、いわゆる「常連」と呼ばれる人たちを対象に聞き取り調査などを実施した。参加者の年齢・属性等は後述の「史の会組織構成」を参照されたい。
「史の会」掲示板:WEB上の掲示板というのは、匿名性が高く誰が記述したのかが不透明であることが多いため、本来ならば研究対象とするには適さない。しかし、史の会のフィールドワークを重ねていくにつれ、掲示板での発言者と史の会出席者の一致が見られたため、有益な資料として研究対象とすることにした。いわば、史の会オンラインバージョンである。
3−2 対象の選択について

 「つくる会」の末端レベルでの実態を探るために、なぜ史の会を選んだのかを述べる。史の会を知ったきっかけは、史の会ホームページであった。概してこうした政治運動は、閉鎖的になりがちなものだ。だが、討論会の日時・場所をホームページに記載し、また掲示板を設けて多様な意見を受け付けているなど、フィールド調査するにあたり好条件の揃った研究対象であった。他に「つくる会」関連のホームページなどを探してはみたものの見当たらなかった。

 なお、本研究の主題が<普通>の市民たち−自らを<普通>と自己規定する人たち−による保守運動の実態、であることから史の会は最適な研究対象ではないかと考えた。(事前に掲示板などから、そうした発言などを確認していた。)

 さらに付け加えるとするならば、資金的・地理的その他の制約から、関東地方に存在する「つくる会」団体にアクセスせざるをえなかったという実情がある。


4.研究方法

研究方法は、主に参与観察を採用する。草の根レベルの保守運動とはどのような場所で、

どういった人々により構成されているのかをリアルに把握するためには参与観察に勝るものはないと判断したためである。2001年4月から2002年2月まで毎月1回ずつ、可能な限り出席した。史の会、そして史の会後に催される飲み会にも出席した。参与観察を行う中で、史の会出席者の一般的な動向を探るためにアンケートを実施した。

 また、参加者を3タイプに分け、対象者にインタビューを行った。インタビューは質的な方法に徹した。聞き取りは自然な会話のなかでどのような発言が見られるかを重視したため、非構造的である。ただし、主な質問事項はあらかじめ定めておいた。つくる会を知り興味をもったきっかけ、史の会の中での人間関係について、作成された「新しい歴史教科書」について、教科書採択戦全般についてなど。以上に加えて調査対象者のプロフィールを語ってもらった。

 なお、インタビュー調査の際は録音はできる限り用いなかった。自然な会話の要素を崩したくなかったからである。ただし一部のインフォーマントに関して、「録音に関してはまったく気にしない」との言葉をいただいたので、その方のみテープレコーダーによる録音を行った。インタビュー後も手紙や電子メールによって数回連絡を取っている。

http://web.sfc.keio.ac.jp/~oguma/report/thesis/2001/ueno.htm

 次へ  前へ

日本の事件10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。