★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件10 > 758.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
武富士による盗聴の被害者たちが民事訴訟で記者会見を開きます(報道関係者限定)
http://www.asyura2.com/0311/nihon10/msg/758.html
投稿者 【公安情報ESPIO!転載】 日時 2003 年 11 月 17 日 16:50:15:Q8KaVjqN7Bcn.

(回答先: 緊急声明:武富士は決して敵にしてはいけない人物群を敵に回した 投稿者 【公安情報ESPIO!転載】 日時 2003 年 11 月 15 日 10:41:06)

●(((((((((((((((((((((( ESPIO! ))))))))))))))))))))))●
==========================================================
■「記者会見」のお知らせ         Vol.248 11/17/03
==========================================================
●HP(登録・解除) http://www.emaga.com/info/xp010617.html


1.記者会見
 武富士から盗聴されていたジャーナリストの山岡俊介氏が、盗聴
被害について、刑事告訴に引き続き、民事提訴する意向を固め、明
日18日、記者会見を開くことになった(案内文は末尾。参加は報
道関係者限定)。

 時間:午前11時から同30分ころまで
 場所:司法記者クラブ(東京地裁2階)

2.「武富士対策連絡会議」の発足
 武富士に関わる裁判の、原告・被告の「連絡会」は、15日の会
合で、その正式名称を「武富士対策連絡会議」とすることになった。
 代表は宇都宮健児弁護士。

 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0204/sin_k62.html

 連絡先(事務局)については必要に応じてお知らせする。

3.日本経団連に対する取材
 先ほど、日本経団連に次のような質問状を送った。

 http://homepage3.nifty.com/argus/question.doc

 同社会本部・企業倫理グループ長によれば、「関心を持って調査
は進めている。しかし、当事者が強硬に事実関係を否定しているの
で、結論を出すには司法の判断を待たなければならない。今は回答
を控えたい」とのこと。
 「本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自
らが問題解決にあたる姿勢を内外に表明し、原因究明、再発防止に
努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂
行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う
」等々という「企業行動憲章」のトーンとはずいぶん受ける印象の
異なる回答振りだが、相手が「司法テロ」を得意とする武富士だけ
に、いろいろ難しい問題があるようだ。
 詳細は「創」次号に掲載される予定。
 ちなみに同氏は「武富士から供応を受けた警視正が起訴猶予にな
っているのは不可解だ。むしろ警察のほうに問題がある可能性もあ
り、その点でも慎重になっている」とも語った。
 確かに我々の立場からすれば、担当者の疑問はもっともだが、「
反権力のジャーナリスト」ならともかく、一般的な発想とはとうて
い思えないので、きっと武富士のほうからも、似たようなブリーフ
が行われているのだろう。
 警視庁は、変な誤解を受けないためにも、断固たる捜査を進める
べきだ。

<参考>案内文
「報道各位 武富士事件緊急記者会見のお知らせ」

 先週末の強制捜査以来、武富士の盗聴事件についての報道が連日
続いていますが、この事件の被害当事者であるフリージャーナリス
ト山岡俊介さんらが、武富士を相手に損害賠償請求あるいは武富士
からの名誉毀損訴訟に対する反訴を行うことを決め、それを発表す
る記者会見を下記の要領で行います。
 もともとこの盗聴事件は、山岡さんの取材を妨害する目的でなさ
れたとされているものであり、その後も武富士は批判的な報道に対
して提訴による圧力を次々とかけてきました。ジャーナリズムの取
材・報道に対して盗聴といった違法な手段も使って妨害を行う、し
かも経済的な保障が十分でないフリージャーナリストに対して高額
賠償訴訟で圧力をかけるというやり方など、今回の武富士問題は、
ジャーナリズムに関わる者として看過することはできません。
 強制捜査開始以降、山岡さんが公の場で発言するのはこれが初め
てでもあります。取材・報道をよろしくお願いします。

●日時 11月18日(火)午前11時
 当日は事件のキーパーソンである中川一博被告の公判でもあり、
その取材を予定している人も多いと思うので、この会見は30分ほ
どで終了させる予定です。

●場所 司法記者クラブ(東京地裁内2階)
 ※ 記者クラブ加盟社以外も報道関係者であれば会見参加は可能
  ですが、スペースの問題があるので、非加盟社の場合は、事前
  に創出版宛てご連絡下さい。座席が20〜30で加盟社優先に
  なりますので、場合によっては立ったままで取材いただく可能
  性があることをご了承下さい。

●出席予定者
 山岡俊介(フリージャーナリスト)『創』『ベルダ』訴訟被告
 寺澤有(フリージャーナリスト)『週刊プレイボーイ』訴訟被告
 野田敬生(フリージャーナリスト)『創』訴訟被告
 三宅勝久(フリージャーナリスト)『週刊金曜日』訴訟被告
 篠田博之(月刊『創』編集長)『創』訴訟被告

 他、名誉毀損訴訟の反訴予定者がさらに加わるかもしれません。

●この会見についての問い合せ先
 月刊『創』(つくる)編集部
 TEL03-3225-1413 FAX03-3225-0898

==========================================================
情報発信者:野田敬生(hironari noda)

 次へ  前へ

日本の事件10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。