★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争44 > 1654.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ウォルターリード陸軍医学センター、西ナイルウィルス、炭疽菌
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/1654.html
投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2003 年 12 月 20 日 10:10:13:ctKRGOvG/DIEQ

(回答先: サダム・フセインのDNA鑑定はウォルターリード陸軍医学センター内のDNA鑑識所で行なわれたが…… 投稿者 佐藤雅彦 日時 2003 年 12 月 20 日 08:34:41)

「正確なDNA検査を行ったところ、フセインではないことがわかりました」
 こう言うのはかなり勇気のいる行為でしょう。
 
 ちなみにウォルターリード陸軍医学センター(WRAMC)付近で昨年西ナイルウィルスに感染した鳥が数多く捕獲されたということも。昨年の話でした。
Walter Reed Army Medical Center, at 6900 Georgia Ave., N.W., is in the city's Ward 1, where many of the virus-carrying birds have been picked up.
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=28424

 WRAMCのテナントにはWalter Reed Army Institute of Research (WRAIR)があるわけですが、
http://www.wramc.amedd.army.mil/Tenant.htm
 そのWRAIRの本部がかつてあった地域でも西ナイルウィルスに感染した鳥の死骸が大量に見つかってもいます。二つは西ナイルウィルス感染鳥のつながりもあるというわけです。
Many of the infected birds have been found in neighborhoods around the former headquarters of the Walter Reed Army Institute of Research, which has been developing a vaccine for West Nile virus. The infectious- diseases lab moved to Silver Spring, Md., three years ago.
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=28424
 WRAIRは、炭疽菌を兵器レベルに仕立て上げる施設として炭疽菌騒動の時に話が出た、生物兵器製造センターとも言えるユタのダッグウェイと人事交流も。

 アメリカが西ナイルウィルスや炭疽菌を含めた死のウィルスをフセインに提供していた頃にはこうした組織も深く関与していたのでしょう。

 ともあれこのような軍の特殊組織が、この現在、テストをきちんと行い、事実をありのままに発表するとはとても思えません。

 次へ  前へ

戦争44掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。