★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争44 > 166.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
サマラでの銃撃:戦戦闘指揮官が内幕を語る
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/166.html
投稿者 NOユージ 日時 2003 年 12 月 08 日 10:22:23:Yi9aAI/v.7r2c

町全体を舐め尽くす銃撃戦
――戦闘指揮官が戦争終結以来最大の戦闘の内幕を語る――
A Combat Leader Gives The Inside Skinny Of The Biggest Battle Since The War Ended

サマラを通過中に攻撃を受けた輸送部隊は、報道されたような補給用車両部隊ではなく、イラクの地方銀行に置いておくための新イラク紙幣と、米軍のイラ クでの作戦遂行に必要な物品・サービスに支払うための米ドル紙幣を大量に運んでいた。この輸送部隊はエイブラムズ戦車とブラッドリー戦闘車で厳重に警 護されていた。それはどでかいブリンクス社(*1)のトラック輸送のようだった。
(*訳注1;警備輸送専門の会社)
The convoy which was attacked while driving through Samara was not a supply convoy as reported, but was carrying large amounts of new Iraqi currency to stock local Iraqi banks and US greenbacks used to pay for goods and services the US forces need to accomplish their missions in Iraq. This convoy was heavily guarded by Abrams Tanks and Bradley Fighting Vehicles. It was akin to a huge Brinks Truck delivery.

54人の敵が死亡との報告はアメリカ国民にとっては朗報に聞こえるだろうが、もっと重要な話はむしろずっと憂慮すべき内容であり、アメリカ国民はそれを知るべきである。
The reports of 54 enemy killed will sound great on the home front, but the greater story is much more disturbing and needs to be told to the American Public.

最初に攻撃を受けた時私が思ったのは、このイラク人たち(大部分は犯罪者であり、反乱分子ではない)が、一体ぜんたいどうやってこの輸送のことを突き 止めたのかということだけだった。このことは現地のマスコミも報道していなかった、しかしイラク警察は知っていた。ピンポーン、それで見当がつく。
When we received the first incoming rounds, all I could think of was how the hell did the Iraqis (most of these attackers being criminals, not insurgents) find out about this shipment? This was not broadcast on the local news, but Iraqi police knew about it. Bing, Bing Bing, You do the math

更に重要なのは、あの攻撃の規模と、待ち伏せ作戦が2ヶ所で連携して行われたということである。イラク抵抗ゲリラ部隊の分子は、今月大規模で圧倒的な火 力をもって行われた“アイアン・ハンマー作戦”にも関わらず、依然として同時作戦を指揮できるほどの能力を残しているのだ。
Of greater importance in the scale of the attack and the coordination of the two operations. Iraqi Rebel Guerilla Units elements still retain the ability to conduct synchronized operations despite the massive overwhelming firepower "Iron Hammer" offensive this month.

ハック(*2)、死傷者の大部分は市民だった。報道されているみたいに反乱分子でも犯罪者でもなかった。待ち伏せ攻撃の間、襲撃者たちには反射的射撃(*3 )で対応しながら、戦車やブラッドリー戦闘車や武装搭載タイプのハンビー(*4)は、家々や建物、車を砲撃した。“アイアン・ハンマー作戦”の指針のひと つは、反乱分子に対処する時は“アイアン・フィスト(鉄拳)”を使えということだ。師団のスポークスマンが報道陣に話している通り、我々は圧倒的な火 力で応じ、敵の挑戦を受けて立つ。あのよく連携された待ち伏せ攻撃へのこの対応は、予想された通りのことだった。輸送部隊は、脅威と見えるものには“ どんなものにでも”発砲しながら移動を続けた。ある家から対戦車ロケット砲で攻撃があれば、戦車は主砲でもってその家を破壊し、その辺一帯に7.62mm機 関銃とキャリバー50重機関銃(*5)の銃火を浴びせる。ある路地から小銃が撃たれれば、ブラッドリー戦闘車はその路地に発砲し、周囲の建物を7.62mm及び25mm 榴弾の一斉射撃で撃ちまくる。これは実際、町全体を舐め尽くす銃撃戦だった。
(*訳注2;この文章が掲載されたサイト、Soldiers for The Truth の代表、retired Army Colonel David H. Hackworthのことと思われる、通称Hack)
(*訳注3;reflexive fire、戦闘技術の一種。敵のほうを見ないで、50メートル離れたところからでも、3秒間に2回の射撃ができる、というもの)
(*訳注4;HUMVEES、正式にはHMMWV=high-mobility multi-purpose wheeled vehicle、高機動性多目的装輪車両)
(*訳注5;12.7mm重機関銃、M2重機関銃)
Hack, most of the casualties were civilians, not insurgents or criminals as being reported. During the ambushes the tanks, brads and armored HUMVEES hosed down houses, buildings, and cars while using reflexive fire against the attackers. One of the precepts of "Iron Hammer" is to use an Iron Fist when dealing with the insurgents. As the division spokesman is telling the press, we are responding with overwhelming firepower and are taking the fight to the enemy. The response to these well coordinated ambushes was as a one would expect. The convoy continued to move, shooting at ANY target that appeared to be a threat. RPG fire from a house, the tank destroys the house with main gun fire and hoses the area down with 7.62 and 50cal MG fire. Rifle fire from an alley, the brads fire up the alley and fire up the surrounding buildings with 7.62mm and 25mm HE rounds. This was actually a rolling firefight through the entire town.

“アイアン・フィスト”のもとでの戦闘規則は、米軍兵士は、建物や家や車から敵の砲撃がなされたら(中に誰か他の者がいるかどうかに関わらず)その建 物や家や車を敵対するものとしてみなすべしというものだ(我々の多くは、これを、よく考え抜かれた戦法ではなくむしろ死に物狂いの行動のように思って いる)。我々は本当は自分たちが誰かを殺してしまったのかどうか、わからないのだ。それを確認するためにそこにぐずぐずと居続けたりはしないからだ。 我々は機甲部隊であり、対ゲリラ戦の訓練は受けていない。つまり攻撃に対しては、我々の優勢な火力で対応し、反乱分子を殺すというだけだ。多くの場合 、それは、反乱分子と関係がないかもしれない人々がこれらの建物や車の中にいるとわかっていて行われるのだ。
The ROE under "Iron Fist" is such that the US soldiers are to consider buildings, homes, cars to be hostile if enemy fire is received from them (regardless of who else is inside. It seems too many of us this is more an act of desperation, rather than a well thought out tactic. We really don't know if we kill anyone, because we don't stick around to find out. Since we armored troops and we are not trained to use counter-insurgency tactics; the logic is to respond to attacks using our superior firepower to kill the rebel insurgents. This is done in many cases knowing that there are people inside these buildings or cars who may not be connected to the insurgents.

火力で優位に立つことに対する信仰は、反乱勢力から普通のイラク人たちへと対象が拡大される。ゲリラを多国籍軍に引き渡さなければ我々に家や町を吹っ飛ばされるとイラク人たちが知れば、ゲリラを支持せず引き渡すだろうとの期待からだ。もちろん、 あまりにも多くのケースで起こるように、もし反乱分子が我々をおびき寄せ、建物や家々を破壊するように仕向ければ、中にいる人々は(以前はそうでなかったとしても)我々を憎むだろう。そのようにして我々はいっそう多くのゲリラ志願者を作り出してきたのだ。
The belief in superior firepower as a counter-insurgency tactic is then extended down to the average Iraqi, with the hope that the Iraqis will not support the guerillas and turn them in to coalition forces, knowing we will blow the hell out of their homes or towns if they don't. Of course in too many cases, if the insurgents bait us and goad us into leveling buildings and homes, the people inside will then hate us (even if they did not before) and we have created more recruits for the guerillas.

第3旅団戦闘チームの司令官、フレデリック・ルーデスハイム大佐は、あの戦闘のあと次のように言った、「我々はこの敵の挑戦をこれからも受けて立つ。これはわれわれが今までサマラで経験した中で、もっとも重大な意味を持つ遭遇戦だった。我々はしかるべく対応し ていかなければならないだろう。」と言った。
The Commander of the 3rd Brigade Combat Team, Colonel Frederick Rudesheim, said after this battle that "We are going to continue to take the fight to this enemy. This is the most significant contact we have had to date in the city of Samarra. We are going to have to respond accordingly."

これは、装甲部隊同士で戦う場合なら、戦闘指揮官がとるべき素晴らしい態度だ。しかしルーデスハイム大佐は対ゲリラ戦の訓練を受けていないし、私の部下たちが泥をかぶっているのだ。我々は輸送部隊を組んで走り回り、その地域 一帯を爆破し、ドアを叩き壊し、建物を捜索する。しかしゲリラからの攻撃は続く。我々が彼らに対して間違った戦法を使っているということは、ジョージ・パットン(*6)でなくたってわかるだろう。治安・生活支援活動(*7)でこ の反乱に勝てると期待するのは現実性がない。
(*訳注6;1885-1945、第二次世界大戦でドイツ軍と戦い、ノルマンディ上陸作戦で戦功のあった米国の将軍)
(*訳注7;SASO=Stability and Support Operations 現地民の生活支援と治安を目的とする非軍事的な平和維持活動)

This is a great attitude for a combat commander to have when fighting an armored force on force, but Colonel Rudesheim is not trained in Counter-Insurgency and my soldiers are taking the heat. We drive around in convoys, blast the hell out of the area, break down doors and search buildings; but the guerillas continue to attacks us. It does not take a George Patton to see we are using the wrong tactics against these people. We cannot realistically expect that Stability and Support Operations will defeat this insurgency.

我々が圧倒的な火力を使用したことから予想される通り、サマラの大部分は相当に破壊された。戦車やブラッドリー戦闘車は、敵がいると思えば駐車してあ る車をひっくり返し、建物に発砲しまくった。装甲車では視界が限られていること、また乗員は装甲で守られているとはいえ敵を制圧するために砲撃するか たわら偵察もおこなうことを考慮するなら、こういったことは予期されるべきだ。この町のすべての人たちが敵だったわけではないが、マスコミで報道され たサダム挺身隊(サダム・フェダイ−ン)ではなく普通の市民に見えるたくさんの人々が、屋根の上や路地から発砲してきたのは事実だ。私は、イラク人た ちが我々に石を投げつけてくるのさえ見た。私は部下たちに、武器と呼べるものが確認できない限りは撃つなと命令した、しかし私はなぜ銃撃戦の最中なん かに戦車に石を投げつけてくるやつがいるのか、いまだに理解できないでいる。
As one would expect from using our overwhelming firepower, much of Samarra is fairly well shot up. The tanks and brads rolled over parked cars and fired up buildings where we believed the enemy was. This must be expected considering the field of vision is limited in an armored vehicle and while the crews are protected, they also will use recon by fire to suppress the enemy. Not all the people in this town were hostile, but we did see many people firing from rooftops or alleys that looked like average civilians, not the Feddayeen reported in the press. I even saw Iraqi people throwing stones at us, I told my soldiers to hold their fire unless they could indentfy a real weapon, but I still can't understand why somebody would throw a stone at a tank, in the middle of a firefight.

我々は事実確認のためにぐずぐずとはしなかったので、イラクの不正規兵たちだけでなくたくさんの市民を殺してしまったことが、これから数日中に判明す るだろうと私は非常に気がかりだ。我々が殺したのがすべて敵のゲリラなら、私はとてもいい気分だろうが、そうは言えない。多分、たくさんのイラクの人 たちを敵に回してしまっているだろうし、我々のやっていることは穴の外へ這い上がることではなく、穴をもっと深く掘っているのではないかと私は恐れている。
Since we did not stick around to find out, I am very concerned in the coming days we will find we killed many civilians as well as Iraqi irregular fighters. I would feel great if all the people we killed were all enemy guerrillas, but I can't say that. We are probably turning many Iraqi against us and I am afraid instead of climbing out of the hole, we are digging ourselves in deeper.

ある戦闘指揮官
A COMBAT LEADER
http://www.geocities.com/ceasefire_anet/news/csNEWS.htm

 次へ  前へ

戦争44掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。