★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争44 > 312.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「国際民衆法廷を開こう!」  『12月公判ってどんなもの?』
http://www.asyura2.com/0311/war44/msg/312.html
投稿者 朝日昇 日時 2003 年 12 月 09 日 09:08:33:laCv3EEPfsYw.

12/13-14 東京九段会館で開催されます

http://afghan-tribunal.3005.net/
*************************

『12月公判ってどんなもの?』
        ・・・・12月公判に参加しましょう!

(1)ブッシュ有罪の判決の実現をめざします!
 ・先ず、ブッシュ有罪の判決を実現しなければなりません。アフガン民衆法廷検事団は、ブッシュを三つの罪で訴追しました。「侵略の罪」「戦争犯罪」「人道に対する罪」。このいずれの訴因についても有罪の判決を実現する必要があります。
とりわけ判決において私たちが望むものは、「侵略の罪」でブッシュ有罪の判決を実現することです。

(2)3つの勧告を実現し、国際社会に提起していきます
 ・第2に目指すべきことは、戦争犯罪人としてブッシュ大統領を収監することができない民衆法廷運動として、判決の意義を確定させ、それに実効性を持たせていくために、新たな運動、その指針を私たち自身と平和を求める世界の民衆、そして国際機関に対して提起していくことです。即ち、「勧告」の実現です。
 具体的には以下の三つの「勧告」が実現されることを期待します。
  (以下、私達が目指している勧告の一部を紹介します)

 〔第1勧告〕=あらゆる紛争の非軍事的・平和的解決原則を国際社会(国連総会―各国議会)で確認し、戦争違法化の流れを加速させよう!
· 国連憲章の厳密な適用を確保し、戦争放棄とあらゆる紛争を非軍事的・平和的に解決することを原則とすることを国連総会、地域組織(ARF,アフリカ統一機構等)、各国議会で決議する。
· 紛争を未然に防止し、紛争の軍事化・戦争化をくいとめていくために、紛争予防・世界平和フォーラムを国際機関・関係民間組織が一体となって設置し、定期的にフォーラムを開催するとともに、平和的解決に向けて必要な行動を展開する。
 〔第2勧告〕=紛争・戦争の中での被害を受け、犠牲となった非戦闘員・民衆に対しては、それに対し直接の責任を負う(戦争犯罪を構成するか否かを問わず)当該紛争当事国政府に賠償義務を果たさせよう!
· すべての戦争犠牲者は紛争・戦争を開始した者(国家)から賠償・補償を受ける権利を有する。国際社会は、犠牲者がその権利を行使し、適切な賠償・補償を受け取るために必要な措置(被害調査、被害者認定、補償請求のための便宜等)を講じなければならない。
· 紛争当事者がその義務を履行しないとき、または補償をめぐって争いが発生した場合には、それ について仲裁・裁定する国際的機関を設置する(またはICCがその機能を果たす)。
 〔第3勧告〕=戦闘員、非戦闘員を問わず無差別に人間を殺傷し、自然を破壊する兵器=劣化ウラン兵器及びクラスター爆弾の製造・貯蔵・使用を全面的に禁止しよう!
· 劣化ウラン、クラスター爆弾の全面禁止、両兵器を製造・貯蔵している国に対し製造中止、廃棄を求める国際キャンペーンを起こすとともに、使用した国家に対しては被害者への賠償を実行するよう迫る裁判の提訴・国際キャンペーンを開始する。
  判決・勧告を国際的な平和運動の中で生かし、現実化させていくか?
    ・・・12.13第2回公判後の呼びかけ人・賛同人総会で議論します。
(以下は、現在の時点での検討案です)
(1) 判決・勧告を一人でも多くの人々、国際機関、各国政府、メディアなどに知ってもらい、支持と共感を獲得する活動を進める。
· 国連など国際機関、各国政府、地域組織に送付する(または直接面会を求め手渡す)
· 一人でも多くの米国民に知ってもらうため、ホワイトハウス、反戦平和運動団体、自治体、国会議員、メディア、人権団体、学会などに送付する。
· 世界の平和運動団体(STWC,UFPJ,1999年ハーグ世界市民平和会議出席組織,等)に送付するとともに、勧告の実現を目指してともに運動を進めてくれるよう要請する。
(2) 紛争予防・世界平和フォーラム開催の準備にとりかかる。
· 04年1月インド・ムンバイで開催されるWSFにアフガン国際戦犯民衆法廷の代表を派遣する。
· 04年中に(または05年前半に)、紛争予防・世界平和フォーラムの準備会を開催する。
(3) 劣化ウラン兵器禁止条約実現に向けての国際キャンペーンを開始する。
· 04年8月にヒロシマで劣化ウラン兵器禁止条約実現に向けての意見調整、基本的方針確認を図るための予備会議を開催する。
· 05年NPT見直しの年に焦点を合わせて、条約実現に向けての国際キャンペーンを具体化していく。
(4) アフガンの戦争被害者への補償実現キャンペーンを具体化していく。
· 先ず、国連人権委員会にRAWAが出席し、戦争被害の実態を訴え、救済・補償を求める申立てを行う。この活動を前田代表、アフガン民衆法廷としてサポートしていく。
実行委員会及び関連企画11〜12月の日程
11/22 18:30〜 大阪・天満橋/エル大阪 ICTA/ICTI合同関西実行委員会
11/23 13:30〜 大阪府社会福祉会館(谷六) 「アフガニスタン戦争での劣化  ウラン/ウランによる汚染・被害の実態−UMRCドラコビッチ博士による調査報告・大阪集会)
12/06 13:30〜 大阪・西区民ホール(長堀橋) ブッシュの戦争犯罪を裁く民衆法廷運動を日本から世界へ! 12/6関西のつどい(アフガン民衆法廷とイラク民衆法廷の共催)
12/13  10:30〜16:00 東京・九段会館 アフガン民衆法廷第2回公判
17:00〜19:00 アフガン民衆法廷全国呼びかけ人・賛同人総会
12/14 10:30〜16:00 アフガン民衆法廷第3回公判

 次へ  前へ

戦争44掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。