★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件11 > 500.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
守被告「混入してない」 筋弛緩剤事件 仙台地裁結審(河北新報)
http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/500.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 2 月 11 日 20:45:08:eWn45SEFYZ1R.
 

(回答先: 筋弛緩剤点滴事件最終弁論2日目 「犯人性に矛盾点」と指摘(河北新報) 投稿者 シジミ 日時 2004 年 2 月 10 日 19:36:32)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040211-00000006-khk-toh

仙台市の筋弛緩(しかん)剤点滴事件で殺人罪などに問われ、無期懲役を求刑された准看護師守大助被告(32)の2日目の最終弁論公判が10日、仙台地裁であった。弁護側は守被告の犯人性と自白の信用性を否定。守被告も「どの患者にも筋弛緩剤を点滴に混入したことはない」と無実を主張した。審理は終わり、畑中英明裁判長は判決期日を3月30日に指定した。

 弁護側は、5人の患者ごとに容体急変の経緯とその際の守被告の行動を検証。「患者への点滴投与中に薬剤を注入したのは別の看護師だった可能性が高い」「勤務状況上、被告が点滴に筋弛緩剤を混入する時間はなかった」などと、守被告の無関与を強調した。

 逮捕段階で犯行を認めた自白調書については「取調官の誘導や強要で作成された」と任意性を認めず、「取り調べのすり込みで被告は『自分の犯行』と思い込み、裁判官の拘置質問でも、うその自白を維持してしまった」と信用性も否定した。

 動機については、「ストレス解消や自己顕示欲」とした検察側の主張に反論。「元上司や同僚は被告に好印象を持っており、検察の想定する犯人像とは全く結び付かない」と述べた。

 守被告は意見陳述で捜査の在り方を批判した上で、「准看護師でありながら、患者を殺そうとした人間として疑いをかけられること自体大変悲しく、悔しい」と述べた。
(河北新報)
[2月11日7時4分更新]

 次へ  前へ

日本の事件11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。