★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件11 > 593.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
<学校不信>熱中症無視し指導、女生徒が不登校に 北九州の高校(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/593.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 2 月 15 日 08:18:20:eWn45SEFYZ1R.
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040214-00001045-mai-soci

北九州市八幡西区の県立北筑高校(木原義正校長)で、昨年9月、熱中症の後遺症が残る1年女子生徒(16)を学校に呼び出したうえ、残暑の中を起立させたまま生活態度の指導をしていたことが分かった。生徒は帰宅後、40度以上の高熱を出し1週間寝込んだ。生徒は学校への不信感などから現在、不登校状態。学校側は「大変申し訳ないことをした」と指導の行き過ぎを認め謝罪した。

 女子生徒は9月2日、運動会の練習中に倒れ学校近くの病院に運ばれた。診察の結果、熱中症で2、3日間、自宅療養が必要とされた。生徒はその後2日間登校したが6日に、39度を超える高熱を出した。

 6日は朝、母親が学校に欠席を電話連絡。しかし、学校側は「病院に行った後に学校に来て欠席を報告してほしい」と要請した。生徒は、自宅近くの病院で点滴を受けた後、車で午後0時ごろ登校。グラウンド内に建てられたヤグラの2階にいた担任教諭に欠席を報告した。その後、生徒は担任教諭と体育教諭から、5日夜に自宅付近を男子生徒と下校していたことを注意された。指導中、教師は椅子に座り、生徒は起立させられたままだった。

 生徒は、帰宅後に症状を悪化させて、40.4度の高熱を出し、病院で再び点滴を受けた。ヤグラにはテントがかけられていたが、6日は残暑が厳しく関門地方の最高気温は31.5度だった。

 女子生徒は、その後、11月に在籍する学級を替えてもらうなどしたが、「学校の近くへ行くと腹痛や下痢をするようになった」と訴えるようになり、12月から学校へ通わなくなった。現在、自宅近くの図書館で同校教諭から授業を受けている。

 木原校長は「指導は約15分と聞いているが、女子生徒が熱中症で体調が悪かったことに対しての配慮が足りなかった。今後は再発防止のために全教師に研修などをしていく」とした。福岡県教委高校教育課は「教師には学校を通して注意をしている。今後は再発防止を見守っていきたい」と話している。【杉山恵一】(毎日新聞)
[2月14日15時3分更新]

 次へ  前へ

日本の事件11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。