★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争47 > 1173.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
2月16日緊急発売『もうひとつの反戦読本』に対し外務省が不当な圧力!! [鹿砦社通信 2月14日号] 【外務省大臣官房国内広報課 大森茂】
http://www.asyura2.com/0401/war47/msg/1173.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 2 月 16 日 06:29:13:dfhdU2/i2Qkk2
 

自衛隊のイラク派兵に抗し2月16日緊急発売!!
たとえ”不謹慎”と非難されようとも、イラク駐在2外交官の死体写真を初めてカ
ラーで掲載!!
佐藤雅彦=編著
『もうひとつの反戦読本』

 アメリカの言いなりのままに、遂に小泉政権はイラクへの自衛隊派兵に踏み切った

 これが亡国へのターニング・ポイントになることはやがて歴史が証明するであろ
う。
 奥、井ノ上両外交官の無念の死を真にあがなうとは、絶望的に自衛隊を派兵し、さ
らに犬死を増やすことではない。今こそ、かつてのヴェトナム反戦運動の息吹をよみ
がえらせ、新世紀に見合った新たな反戦運動を起こすこと以外にない! 政府・外務
省からの圧力でマスコミが自粛した写真を数多く掲載し、緊急出版!

亡国へのターニング・ポイント=自衛隊のイラク派兵に抗し
2月16日緊急発売『もうひとつの反戦読本』に対し
外務省が不当な圧力!!

(1)これが外務省からの警告文章だ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼  
2004年2月13日13時54分 外務省 国内広報課
                 平成16年2月13日

鹿砦社代表取締役 松岡 利康 殿

 「噂の真相」2004年3月号に掲載されている貴社の
広告によれば、貴社が出版される(ないし既に出版した)
ブックレット3「もうひとつの反戦読本」に奥大使及び井ノ
上書記官の遺体の写真が掲載されるとのことです。

 貴社が今回このような写真を掲載する出版物を刊行する
こと及びその広告にまでこのような写真を掲載したこと
は、いかなる理由にせよ、御遺体の尊厳を犯し、お二人の
人権を踏みにじり、ご遺族の気持ちを深く傷つけるもので
す。

 このような行為は誠に遺憾であり、厳重に抗議するとと
もに、当該出版物の出版のとり止めないし回収を強く求め
ます。

              外務省大臣官房国内広報課
                      大森 茂

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

(2)緊急声明
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼        

 当社が2月16日に発売する『もうひとつの反戦読本』に対し、あろうことか、外務
省から圧力がかけられた。本日2月13日付けで警告文がファックスされて来た。
 これについて、私たち鹿砦社と編著者は満腔の怒りを表明する。
 小泉政権は、大儀なきイラク戦争に、世論を無視し、憲法に違反してまでも派兵し、
その前段で、まさに犬死としかいいようのない奥克彦氏と井ノ上正隆氏の2外交官が惨
殺された。真に平和を望む者として、それを深く傷むものである。
 しかしながら、2外交官の死が、イラク派兵の喧噪の中で、忘れ去られようとしてい
ることにも義憤を感じるものである。今、どれだけの人々が、この2外交官の死を覚え
ているであろうか。
 戦後初めて、自衛隊が海外の戦地に派兵され、今、わが国は大きな転換点に立ってい
る。そしてそれは、絶対にいい意味での転換点ではなく、地獄への道に至る転換点であ
ると断言する。現実に派兵したという事実からすれば、かつてわが国の転換点といわれ
た60年安保、70年安保以上に深刻かもしれない。
 いかなる非難を受けようとも、あえて私たちは、政府・外務省からの圧力で全てのマ
スコミが自粛した2外交官の死体写真を初めてカラーでそのまま掲載し、大義なき、こ
の戦争の非道さを世に訴えるべきだと考え、本書『もうひとつの戦争読本』の出版に踏
み切った。
 「人道支援」「国際貢献」だとか、どのような美辞麗句を並べ立てようとも、私たちは
騙されない。私たちは、かのヴェトナム戦争の教訓を忘れてはいないし、もっと遡り、第
二次大戦の歴史的教訓も忘れてはいけないと肝に銘じている。
 私たちは、このたびの外務省からの圧力、そしてこれから予想される、いかなる圧力
にも屈することなく、反戦の意志表示をやめることはない。

                                     以上
  2004年2月13日
                               株式会社鹿砦社
                                代表取締役
                                松岡 利康

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■2月14日付けの「鹿砦社通信」を送信後、外務省・大森茂国内広報課長からの警告
文書が届きましたので、この通信を同日付けの「続編」とします。

http://www.rokusaisha.com/0test/tushin/tushin2004/tushin20040215.html

 次へ  前へ

戦争47掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。