★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争48 > 883.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
英国連盗聴明らか、動かぬ証拠極秘書簡発表(テレ朝news st.)、汚点まみれブッシュ政権共々広がる波紋
http://www.asyura2.com/0401/war48/msg/883.html
投稿者 てん坊 日時 2004 年 3 月 03 日 00:29:28:fbeBc8pvIXK4Q
 

(回答先: ブレア、刑務所に逝ってよし 投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 3 月 01 日 21:46:07)


http://news.tbs.co.jp/20040227/headline/tbs_headline914894.html
英機関、アナン事務総長の会話盗聴か


 イギリスの情報機関が、イラク戦争前にアナン国連事務総長の会話を盗聴していたと、イギリスの前大臣が発言し、波紋が広がっています。

 ショート前国際開発大臣は、26日、BBCラジオとのインタビューで、イギリスの情報機関はアナン事務総長の事務所などを 盗聴し、その会話の記録を実際に 読んだこともあると 証言しました。
 
 定例記者会見では、この問題への質問が 集中しましたが、ブレア首相は「証言は無責任だと」と批判したものの、「情報機関の活動については 言えない」と述べ、盗聴が行われたかどうかについてはコメントを避けました。
 
 イギリスでは、アメリカの依頼で 国連の安全保障理事会のメンバーなどを 盗聴する計画があった事を示すメモが明らかにされ、25日にメモをリークした疑いのもたれたイギリスの元情報機関職員の 起訴が、突然取り下げられたばかりでした(27日 1:57 )

----------------------------------
02/26/2004
キャサリン・ガン、無罪確定で自由の身に


英ガーディアン2004/02/25の記事より。他にも英BBCが大々的に報じている。(BBCとガーディアンはブレア政権に本気でケンカを売っている。これぞイギリス人気質(Who dares win)といえよう)

米英情報部による国連審議盗聴事件で、英政府に訴えられていた元GCHQ職員のキャサリン・ガンの無罪が確定し、晴れて自由の身になった。英政府側がキャサリンに対して有罪の論拠を主張しなかったのである。事実上、訴えは取り下げられたわけだ。

「なぜ私を訴えておいて、4ヶ月で告訴取り下げになったのか、理由を知りたいわ」

無罪が確定した背景は、英国情報部が裁判の継続により事件そのものに世界の注目が集まることを避けたためと見られている。

キャサリン・ガンは刑務所行きを免れたが、裁判が終了し、事件が隠蔽されることで、彼女の身辺はこれまで以上に危険になるかもしれない。それでも強気の発言を忘れないとは、なんとタフな女性。

----------------------------------
02/16/2004
黙殺されたキャサリン・ガン事件:米英情報部はイラク戦争開始前に国連を盗聴していた


「私はただ、良心に従って行動しただけのことです」裁判に際して、その女性は自らの嫌疑に答えた。

キャサリン・ガン、29歳。職業:イギリス政府通信本部(GCHQ)中国語(北京語)通訳スペシャリスト。英国情報部員として、母国イギリスの安全を脅かす危険をいち早く察知することが自身の使命であると信じている誇り高き女性である。

イラクへの武力行使をめぐる国連での討議を世界が見守っていた2003年3月。彼女は、多くの英国情報部員がそうであるように、ブレア政権が進める米国追随政策と、偽りの情報に基づくイラクへの武力行使を危険視していた。戦争が開始されれば、英国軍兵士や無実のイラク市民が犠牲になることは明らかだったからだ。

そこで、キャサリン・ガンは、自分の仕事先で入手した極秘電子メールを英新聞記者に暴露し、米英政府の汚いやり口を告発したのである。英オブザーバー紙(ガーディアン姉妹紙)2003年3月2日付け記事が第一報で伝えたその告発内容は、国連に参加する全ての国を驚愕させるに充分なものだった。以下はその記事の概要である。

米国の諜報機関NSA(National Security Agency 国家安全保障局)の地方対象局担当チーフ、フランク・コーザは、イギリス情報部(MI6)に、国連安全保障理事会でイラクへの武力行使決議に関わる各国代表オフィスの盗聴を依頼していたことが判明した。

国連イラク査察団代表ハンズ・ブリクスがイラクの兵器査察について暫定報告をした直後、NSAのフランク・コーザが英国情報部に宛てた2003年1月31日付け電子メールによると、特に盗聴のターゲットとして指定されていたのはアンゴラ、カメルーン、チリ、メキシコ、ギニア、パキスタンの国連代表団の通信内容。この6カ国は米英(イラク攻撃派)と独仏露(査察継続派)の間で態度を決めかねている「中間派」であり、米国政府はその動向をリアルタイムに知りたがっていたのだ。(盗聴は国家安全保障問題担当のコンドリーザ・ライス大統領補佐官の指示によるものと見られている)
オブザーバー紙の告発記事は、世紀のスクープであるにも関わらず、米国マスメディアでは一切無視され、広範に伝えられることも議論されることもなかった。(日本では日経が告発記事に触れるにとどまった)結局イラク戦争は開始され、1万人を超えるイラク市民が米英軍の攻撃の犠牲になり、現在も混乱と被害は続いている。

情報漏えい容疑で逮捕されたキャサリン・ガンは、英国政府の訴えにより2年間の獄中生活を迎えようとしているが、彼女の無罪放免を求める活動は英国本国でも活性化しつつある。「キャサリン・ガンを憂慮するアメリカ人の会」の活動には、民主党大統領候補デニス・クシニッチの他、ハリウッドからもダニー・グローバー、ショーン・ペン、ボニー・レイット、マーティン・シーンが参加するなど、話題性も豊富だ。しかし、「大量破壊兵器」が誇張された脅威であると判明した現在に至っても、日米の新聞・TVは(映画欄も含めて)キャサリン・ガン事件をほとんど報道していない。

ニクソン大統領が辞任した時代を考えると、米マスメディアは政府に対して随分寛容になったものである。不思議なことに、彼等は自分の首を絞めることに関しては熱心なのだ。

日本のマスメディアが、(一部の例外を除いて)キャサリン・ガン事件についてほとんど報道していない理由は謎である。石破防衛庁長官の「報道規制宣言」に対し、イラクでの自衛隊撮影イベントに殺到、行列を作るなど「報道の自由」について特殊なセンスを披露している人たちなので、「小泉首相のお友達による国連盗聴」ネタで福田官房長官の独演会の邪魔をすると、記者クラブの雰囲気が険悪になることを恐れているのだろうが、「国民の知る権利」を代弁したがる機関にしては、知らせる内容そのものについて割く時間とスペースが少ないように見える。気のせいだろうか?

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat152986/
02/16/2004 02:33

====================
Blair's 'disappointment' in Short

The letter to Ms Short was 'confidential', says Downing Street

Tony Blair is "disappointed" at Clare Short's decision to publicise details of a letter to her from the head of the civil service, Downing Street says.

No 10 said the letter to the former international development secretary from Cabinet Secretary Sir Andrew Turnbull was meant to be confidential.

But Downing Street would not speculate on suggestions that Ms Short might be stripped of her Privy Council status.

She says she was warned not to give interviews about intelligence matters.

PM approved letter

Ms Short released details of a letter from Sir Andrew sent after she claimed British spies had been involved in bugging UN Secretary General Kofi Annan.

Downing Street said Mr Blair was disappointed that she had decided to release text from the "confidential" warning letter in which she was told she faced "further action" if she continued to give interviews.


"It's a fact of life that she chose to publicise the letter and that was her decision"

(PM's spokesman)


Mr Blair's official spokesman said he had nothing further to add to the letter initiated by Sir Andrew other than "the prime minister obviously was aware of it and approved of its sending".

The spokesman said Number 10 would not "allow the pace of events to be set by other people".

More important issues

Asked if the matter would now be left there, the spokesman replied: "If and when we do have a view on that, no doubt we will tell you about it.

"It's a fact of life that she chose to publicise the letter and that was her decision."

In his letter, Sir Andrew said he was "extremely disappointed" that Ms Short saw fit to make claims which damaged the country's interests and he reserved the right of the Crown to take "any further action as necessary".


"So much smearing is going on I just want to give my account of events"

(Clare Short, MP )


Major says make advice public

But Ms Short defended her right to speak out saying: "So much smearing is going on I just want to give my account of events."

Downing Street has said it was the duty of the cabinet secretary to remind ministers and ex-ministers of the obligations they accepted when taking up office.

Ms Short also accused Sir Andrew of allowing Britain to "rush to war" without the proper preparations.

"He allowed us to rush to war in Iraq without defence and overseas policy meeting, looking at all the military options and the diplomatic options and political options.

"(He) allowed the Joint Intelligence Committee to meet with Alastair Campbell chairing it. He has allowed our decision making system to crumble."

'Unease'

Ms Short also questioned the impartiality of the Attorney General, Lord Goldsmith, who advised Tony Blair about the legality of going to war in Iraq.


Her latest attack comes as Mr Blair faces pressure to publish the attorney general's advice.

Former Tory Prime Minister John Major said there was no excuse for not giving full details of Lord Goldsmith's advice.

The government has rejected demands to publish the advice and Foreign Secretary Jack Straw referred reporters to a statement the attorney general had made to the House of Lords in March 2003.

Ms Short said there had been unease across Whitehall over the legality of the war without a second UN resolution.

Then "right at the last minute", Lord Goldsmith went to the cabinet with a brief statement saying there was legal authority.

"It is hard not to think he (Lord Goldsmith) may have been leant on," she said.


http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3522461.stm

 次へ  前へ

戦争48掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。