★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ34 > 919.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【転載】サイバッチの正体【別板より】
http://www.asyura2.com/0403/bd34/msg/919.html
投稿者 傍観者A 日時 2004 年 4 月 13 日 00:11:54:9eOOEDmWHxEqI
 

(回答先: 某暴走メルマガがあからさまな名誉毀損で人質とその関係者への集中攻撃をエスカレート 投稿者 passenger 日時 2004 年 4 月 12 日 21:13:15)

【裏取りもしてない信用できないクズ情報の典型】サイバッチの正体【参考:2001年のアフガン取材記者誘拐の大誤報】
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/664.html
投稿者 傍観者A 日時 2004 年 4 月 11 日 02:00:20:9eOOEDmWHxEq
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/664.html

サイバッチの正体について、まだ知らない人々(とりわけ、このメルマガもどきの誹謗中傷ガセネタ垂れ流し媒体を鵜呑みにしている人々)こそ、阿修羅「雑談8」板への↑のわが投稿を是非読んでほしい。

2001年11月のアフガンを取材しようとしたジャーナリストに関する誘拐の大誤報に関するサイバッチの不誠実かつ理不尽な対応の具体的証拠を示しておく。

これを読んでなお、サイバッチを信じるか否かについては、読み手自身の理性と良識が試されると断言しても過言ではない。

ついでに、もしこの文をサイバッチ発行者らが読んでいたなら、あなた方に問いたい。あのアフガンでの大誤報事件の責任はどうとるつもりなのか、そして十分に裏取りせずに垂れ流した事実についてどう釈明するつもりなのか、と。

何を隠そう、飯田勇氏および彼に同行していた永井健太氏は、2人とも私の個人的な知人でもある。なればこそ、サイバッチのあの一件はいまだに容認できないし忘れることもできないのだ。
あの一件に関する納得のいく説明と事後の責任が果たされるまで、私のサイバッチに対する追及は継続されることをここに宣告しておく。あの一件に頬かむりしたままのむ根拠情報垂れ流しは絶対に容認しないし、サイバッチ発行人達個人個人に対する責任追及を容赦するつもりもない。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ34掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。