★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ34 > 986.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
地獄に至る道は敷設済みである:その手を離せ
http://www.asyura2.com/0403/bd34/msg/986.html
投稿者 すみちゃん 日時 2004 年 4 月 14 日 21:30:06:xnvpUXgHxuDw6
 

(回答先: ファルージャ・ジェノサイドは道程のしかるべき一部でしかないのでしょう 投稿者 HAARP 日時 2004 年 4 月 14 日 19:45:56)

HAARPさん。 さっそくありがとう。

HAARPさん相手ですと、分かりにくい隠語みたいな表現が増えてくるので、気をつけることにします。


(停戦前の「4人の米市民殺害の報復」としての攻撃のころから、
現地情報では、イラク側の救急車を攻撃してけが人の手当を妨害し、バグダットに非難途中のファルージャ市民が砂漠のなかで孤立しているところを空から攻撃して虐殺しているという報告を見ました。

米軍はあきらかにイラクの一般市民を狙って殺戮しています。)

この時期に官房長官や外務大臣くらいならまだしも、
わざわざ今上陛下をひっぱり出して死の商人チェイニーにお墨付きを与えるのは、
罠という感じがします。

だいたい15年レベルの罠だ。


(この引き金を引いているのは、ブラックウォーター傭兵殺害の「自作自演」ですから、「被害者という立場を捏造した戦争の拡大」というのは完全にパールハーバーのマインドセットです。)

だいたい昨年4月の住民虐殺が発端なわけです。
パールハーバー以上にタチが悪い。


(411のイースターは「新しい周期の始まり」であり、表向きの司令官チェイニーが日本にいた。
同期して韓国、中国の「人質」が拘束解放されるというサインとファルージャ虐殺はリンクしているでしょう。)

うんうん。 その通りだと思う。
やっぱり(411)は重要な日付けだったという確信を覚える。
「イースター」もあるわけだし。
(前から分かっていたんですよね。一部は雑談板の3月末から4月10日のスレに書いてある)
アル・ジャジーラがビデオ編集放映の日付けを操作したのは理由がある。


(これらに対して「カウンター」を打つ役目がどうもMooniesのようで、レジスタンスへの武器供与に彼らがコミットしているようです。
この「カウンター」はカウンターではなく最終的にはこのような流れを促進することになります。
Mooniesは中東の「極左」にも資金提供し、日本では日本財団を通じて政権中枢にまで影響力を持っています。)

できましたらもっと詳しくお願いします。


(日本への罠について再録)


(日本国への審判:対外資産と産業力を喪失し、文明破壊者の汚名を着る
http://www.asyura.com/0306/idletalk2/msg/492.html
投稿者 すみちゃん 日時 2003 年 7 月 26 日)


引用
(戦前と根本的に類似した経済動向)

日本国に拠点を持つ国際優良企業は、国内への賃金支払いを減らし、大陸への投資を加速していますが、今後数年、ますます加速しそうです。
    
戦前も満州等へと企業が大挙して進出しました。
その一部は、植民地に投下される莫大な国家予算を吸収することを目的としていたようです。
また、植民地産品を、内地へ、あわよくば欧米へと輸出して利益を得ようという動機もあったことでしょう。
いずれも、内地で投資して産業産品を製造し、内地で販売してもあまり儲からないという状況に基づいているのではないか。
そうすると現在とあまり変わりません。

    (予測の大枠)
日本国は、英米に追従し、突出して中東地域へのプレゼンスを高めるようです。
将来的に中東地域での戦火が拡大したときに、日本国が本格的に出兵することは十分に考えられます(そのときには憲法は改正されている)。

中東(ドミノ)戦争が終わる頃には、米国も経済破綻を迎えていそうです。
現状のような貿易赤字、財政赤字を10数年以上も継続することは不可能だと思います。

このとき米国の国情がどうなっているかは、もちろん分かりません。
しかし対米債権は大幅カット(あるいは為替で調整)されていると考えるべきですね。
     
最悪のケースでは、対米債権を失い、中国国内の生産設備を失い、中東地域での軍事行動について汚名を着るという事態があり得ます。)


このうちはっきり書いていないのは、
(中東地域での軍事行動について汚名を着る)
という箇所です。
この時点では、「まだ読者の理解を得られにくいかな」と考え、
詳しく書いてません。

しかしねえ。 もう明らかになったでしょう。
小泉−福田−川口−今上陛下に汚名を着せようと画策してる。
(後であれは違うと言っても、たとえそれが正しくとも、
誰にも聞いてもらえないよ)


もう一つ

(平成の日華事変になりませんか
http://www.asyura.com/2003/dispute8/msg/377.html
投稿者 すみちゃん 日時 2003 年 2 月 21 日)

(米国(の支配層?)は大規模戦争を意図しています。これは歴史的必然のように思われます。イラク戦はおそらく入り口です。地理的および政体的に中東の真ん中にあるから選ばれたのです。
 この戦争における日本の立場は何か。 私は、日本の行動が戦前の大日本帝国と同様の断罪を受けることをおそれています。例えば10数年くらい後にまた「一億総懺悔」になるんじゃないかと危惧しています。

(我々は戦後ではなく戦前に生きている)
 ここで補助線を引いてみましょう。 いわゆる72年周期説というのがあります。 最近は金子勝というマル経学者がしきりに宣伝しています。 これは長期経済循環サイクルとも近いように思います。 私は、この手の考え方に従って去年から歴史年表をかいておりました(未完成。将来の架空予測も含まれますのでご注意)。以下は要旨。

          対比年表
年数A A+72  事件       年数B  事件
13  85    日本不況     85   円高不況  
14  86    大戦開始      −    −
          日本バブル経済開始86   日本バブル経済開始
          国際化、成金の時代     国際化、成金の時代 
18  90    ロシア、ドイツ  90   ソ連崩壊
          オートリア崩壊  
          一次大戦終結         冷戦終結
          日本好景気(輸出)      日本好景気(輸出)
           −       90    湾岸戦争
           (分水嶺)
ナポレオン戦後処理体制の終結と    ヒトラー戦後処理体制の終結と
世界新秩序              世界新秩序
国家主権の部分否定変質        国家主権の部分否定変質
           (分水嶺)
20  92    東京株式大暴落  90    東京株式大暴落開始
                   91    日本不動産暴落開始
22  92    米国株式上昇開始 92    米国株式上昇開始
20年代90年代  米国好景気    90年代  米国好景気
          (自動車電話技術)      (IT革命)
23  95    関東大震災    95    阪神大震災
29年 01年   米国株式下落開始 00年   米国株式下落開始
29年       日本デフレ進行  01年   日本デフレ進行
          ライオン浜口内閣成立     小泉内閣成立
30年 02年   日本デフレ深化  02年   日本デフレ深化
          井上金輸出解禁        竹中速水会計国際化
          円高金兌換          円高政策
31年 03年   米国株下落継続  03年   米国株下落継続(?)
          昭和恐慌           平成恐慌(?)
          大型倒産           大型倒産
          浜口首相暗殺         小泉首相退陣(?)
          ポンド金兌換停止       ドル通貨危機(?)
          (ポンドは米ドルに覇権以降した。今回は金本位制ではなく、次の覇権国もないため、パターンが異なる)。
          金暴騰            金暴騰(?)
          円暴落            円暴落(?)
          国債暴落           国債暴落(?)
          ドル円為替先物で       国債先物で
          三井三菱モルガン大儲け    外資大儲け(?)
32年 04年   井上総裁暗殺   04年   竹中等更迭(?)
          日本株式底打      日本株式底打(6000円?)
          高橋金輸出禁止       会計制度国際化後退(?)
          積極財政に転換        積極財政に転換(?)
          三井財閥総帥暗殺       外資トップ暗殺(?)
          その他連続暗殺事件     その他連続暗殺事件(?)
          農村経済壊滅         地方経済壊滅(?)
          農村から都市に人口移動 農村から東京に人口移動(?)
          犯罪売春蔓延         犯罪売春蔓延(?)
33年 05年   政党政治崩壊   05年   政党政治崩壊
                         (民主党終焉・再編?)
          体制翼賛体制         体制翼賛体制(?)
          軍国主義化        軍国主義化(憲法改正?)
          要人暗殺事件頻発       要人暗殺事件頻発(?)
          
(平成の日華事変?)
さて、満州事変、日華事変がありませんね。 いやあります。 対イスラム戦争は、平成の日華事変となるかもしれません。 私はそういう悪い予感を感じています。杞憂なら良いが。
 日華事変と対イスラム戦争との歴史的アナロジーについて要旨を述べます。
 第一に、国際法上、紛れもなく侵略だということです。いや、戦前は、中国居留邦人の惨殺襲撃事件が頻発しており、居留邦人の保護救出という名分がありましたね。まだ法上の名分が立つと思います。
 第二に、相手が非近代的だということです。 戦前は、茫漠たる大陸に軍閥割拠という状況であり、終結条件等が不明だったわけです。 今度も、イラク戦は近代的国家が相手ですから早期終結すると思いますが、その後はどうなるか。あっしらさんご指摘のような悲惨な状況になるかも。
 第三に、正規軍の戦いでは圧倒的優勢という点です。
 第四に、兵站線が延びきっています。莫大な経費が継続的にかかります。
 第五に、相手が「抗米ゲリラ」化して「人民の海」の中に埋没して反撃活動を、小規模組織で行うという最悪の状況になりそうだという点です。
 第六に、そもそもの戦争目的が見えず,目的達成の有無も不明瞭という点です。 戦前、何のためにあの大戦争をやるはめになったのか、今となっては不思議です。
 これらの結果、異常な経費がかさむことになります。

 違う点は二つ。一つ目は、今度は英米の味方だということ。二つ目は、今回は前線先頭部隊は出さない(憲法改正しないなら)という点です。
 しかし、二つ目は本質的な相違点とは思いません。
 日本は兵站を確保するための部隊を出すんでしょう。兵站確保は戦争行為です(国際法)。
 より本質的な問題は、「資金拠出」です。 日本国は圧倒的な圧政者としてイスラム民衆の前に立ちはだかることになります。 その度合いは、資金額と協力の度合いに比例します。 だが実質的に半額拠出みたいになると(そういう状況になってきましたね),米国以上に憎まれます。 日本の傭兵だからです。 これは日本軍です。 それも「汚い」日本軍です。 ハンニバルの軍隊は傭兵でしたが、歴史はこれをカルタゴ軍として扱っています。 ローマ人もそう考えました。 当然です。

 平成の日華事変は、戦前とのアナロジーでは10年継続することになります。
 それが終わったとき、
「日本は圧政者として歴史に記録される」
のではないかと考えます。
中東にもアジアにも居場所がなくなります。むろん他にはもともと居場所がありません。
そのときにまだ日本に経済力があるようなら、補償問題が勃発します。」


うんうん。 大筋は当たってるね。
通貨関係はそのままでは当たりません。金本位制ではないからそのまま当たるわけない。
(ドル通貨危機の変形が現れているのはよくわかるはず)
株式の底打ちは1年間違えたみたい。 げっ。 すいません。


(小泉首相は最初からエージェントという証拠)

マドオンナさんが不思議がっているみたいですので、
最初からエージェントだったという証拠を。
皆さんよくご存じのことなのですが。

わざわざ「浜口の再来だ」と言いながら登場したのです。
「郵政」もそう。
彼は「戦前と戦争を招く使徒」だぞ、と大声でわめきながら登場しました。
それを日本列島居住民は歓呼の声で迎えた。
これほど寒い光景はなかった。 「砂の民」に違いない。


重要ですので全文引用します。

(小泉・竹中と浜口雄幸・井上準之助の恐いくらいの相似 JCoffee 投稿者 Ddog 日時 2002 年 10 月 31 日)

(ライオン宰相の金解禁(1) http://members.tripod.co.jp/j_coffee/index.htm 1927年の金融恐慌から2年後、ようやく日本経済が落ち着きを取り戻した頃のことです。ライオン宰相と呼ばれた浜口雄幸内閣は、「金本位制(金輸出解禁)への復帰」を最大の経済政策として登場します。
1929年8月、政府は、金解禁と緊縮財政に対する国民の理解を得るために、1300万枚の宣伝ビラとラジオ放送を使い、国民に次のとおり呼びかけます。今日のままの不景気は、底の知れない不景気であります。前途暗澹たる不景気であります。
これに反して、緊縮、節約、金解禁によるところの不景気は底をついた不景気であります。前途晧々たる光明を望んでの一時の不景気であります。
・・・・我々は、国民諸君とともにこの一時の苦痛をしのんで、後日の大なる発展を遂げなければなりません。金融恐慌で痛手を負った財界人や庶民の心に、この政策は輝いて見えました。この頃、「♪金の解禁立て直し、来るか時節が手を取って♪」という歌詞の金解禁節が流行ります。1929年10月24日、ニューヨーク株価の大暴落(暗黒の木曜日)がおこります。私達は、この暴落が重大事件であることを歴史で学びますが、当時のアメリカの実体経済は、まだ健全のように思えました。日本でも、アメリカでも楽観的な見通しが有力だったのです。浜口首相の下で、金解禁の指揮をとったのは、蔵相の井上準之助でした。 1929年11月21日、井上は決断します1929年10月24日、ニューヨーク株価の大暴落(暗黒の木曜日)がおこります。この日の株価は、金解禁を歓迎して、高くなります。浜口首相は、自身満々、1月21日、衆議院を解散して、国民に信を問います。浜口内閣(民政党)は、圧倒的な支持を受け、273議席を獲得します。反対派の政友会は、完膚なき敗北で、わずか174議席に落ち込みます。
◆◆私は、縁起は担がないほうなので、あまり書きたくないのですが・・・◆◆
◆◆ さて、私は、小泉メールマガジンを先月初めて受け取りました。◆◆
◆◆ そして、その中の書かれた小泉氏のHNを見て慄然としました。◆◆
★ ・・・・ライオンハート・・・・★
1869年、井上準之助は、大分県日田郡大鶴村で生まれました。仙台の二校から東大を卒業して、日銀に入ったエリートです。横浜正金銀行副頭取、日銀総裁を歴任しました。井上は、金本位制の持つ「自然の自動調整作用」を信じていました。輸入超過→金貨流出→通貨減少→金利上昇→国内物価下落→輸入減少輸出超過→金貨流入→通貨増加→金利低下→国内物価騰貴→輸出減少金本位制では、正貨の量に応じて、通貨の発行が制限されます。そして、自然の自動調整作用が充分働かない時は、井上の出身母体・日銀が公定歩合を決めることで、コントロールに関与する。 それは、井上にとってインフレや為替リスクのない、グローバルスタンダードのユートピアのように思えたのです。金解禁には、正貨を充分積み増しする必要があり、緊縮予算が不可欠です。井上は、蔵相に就任すると、1929年度の予算の実行段階で、緊縮財政を強引に推し進めます。歳入面では、シーリングを強化して、国債の新規発行を3924万円減額、一般会計の当初予算は、17億7356万円から9165万円も節約します。浜口内閣は、外交的には、日中の平和外交と軍備縮小を掲げていたのです。この内閣が、世論の支持を失わなければ、太平洋戦争は避けられたかもしれません。
1929年7月の金解禁の前、為替は100円=43ドル50セントでした。この頃、金解禁を必至とみた内外の銀行による為替投機が始まります。大量の円買い、ドル売りが始まっていたのです。この影響で、正貨は順調に増えます。井上は、この事実を過小評価します。ところが、金解禁が実施されると、100円=49ドル85セントの固定制となり、円は14%以上切り上げられます。大喜びの投機筋は、円売り、ドル買いの利食いを実施します。
1930年1月〜6月の間、この影響で、2億3000万円の正貨が流失してしまいます。エリート井上の見通しの甘さが、早くも露呈します。
◆◆しかし、この問題は、実は重要なものではなかったのです。◆◆
◆◆ 金本位制は、天使の仮面を脱ぎ捨て、本性をあらわします。◆◆
◆ ◆ 学者肌の井上準之助は、デフレという悪魔を信奉してしまったのです。
★(相似則)・・・竹中と井上・・・★
(2001/7/7) デフレの恐怖(3)
アメリカの株価暴落は、消費を低迷させて大不況が訪れます。絹の靴下を履くものなどいなくなります。生糸などの輸出産業は、円高の影響も受け、単価は暴落します。それでも買い手はどこにもいません。日本の農村の経済を支えていた養蚕業も、致命的な打撃を受けます。生糸の単価指数は、1929年85.3でしたが、1930年には59.7まで落ち込みます。米価指数は、1929年28.92から、1930年に18.36に暴落します。食べられない小作人が増加して、地主との間の小作争議は、1931年以降急増します。貧しい農家は、年頃の娘を、泣く泣く売るしか生きていけませんGNPは、1929年の13941百万円から1930年には11245百万円、1931年には10678百万円へと減少します。株価指数は、1929年の104.5から1930年には71.5、1931年は、53.0まで暴落します。企業倒産、リストラが相次ぎ、民営工場労働人員指数は、1929年の91.1から、1930年には82.2に、1931年には74.4に落ち込みます。賃金カットなどにより、実収賃金指数は、1929年の103.9から、1930年には98.7に1931年には90.7まで下がります。大学は出たけれど、職場は何処にもありません。いくら物価が下がっても輸出は、教科書どおりには増えません。世界恐慌の影響で、正価の流出は続いたのです。通貨も減らさざるを得ず、デフレがますます加速します。そして、井上の緊縮予算が、不況対策の足かせとなってしまったのです。国民から大歓迎で迎えられた金解禁から、わずか10ヵ月後。恐慌を招いた浜口内閣に、非難は集中します。
1930年11月14日、東京駅で浜口雄幸首相が狙撃されます。犯人は、右翼団体愛国者の構成員・佐郷屋留雄でした。 浜口首相は、「男子の本懐だ!」と気丈に言い放ちますが、一命は取り止めます。しかし、執念の男・井上は、くじけません。
◆◆「ここを凌げば、前途晧々たる光明の未来が待っている」と信じたのです。
◆◆過酷な競争を勝ち抜いて、強力な輸出産業が育ち、◆◆
◆◆効率的な社会が実現すると考えたのです。◆◆
◆◆ そして、1931年井上の希望を完全に打ち砕く、◆◆
◆◆思いもかけない二つの大事件が勃発したのです。 ◆◆
(参考文献)「昭和恐慌」 長 幸男著  岩波書店
(2001/7/8) ドル買い投機の嵐(4)
1931年9月、金解禁を揺るがす二大事件が、ほぼ同時に勃発します。その事件とは、イギリスの金本位制離脱と満州事変です。イギリスには、過大評価されたポンドを支える実力がなく、9月20日に離脱に踏み切ったのです。さて、投機筋は、次は日本の離脱が必至と読みます。離脱すれば、円レートは暴落して、莫大な差益を得ることができるのです。ニュースの翌日、内外の銀行、個人はドル買いのために正金銀行に殺到します。井上は、悲壮な決意で公定歩合を引き上げて、投機筋に売り向かい徹底的に対抗します。しかし、投機による急激な正貨流失は、金融を引き締め、物価を下落させ、恐慌をさらに深刻化させるのです。1930年7月31日から、1931年12月12日までのドル買いの内訳は次のとおりです。
内ナショナル・シティ銀行2億7300万円住友銀行6400万円三井銀行6400万円三菱
銀行5300万円香港上海銀行4000万円三井物産4000万円朝鮮銀行3400万円三井信託
銀行1300万円その他1億8700万円合計7億6000万円
ドル買いの主力は三井、住友などの財閥でした。10月頃からこの事実がマスコミに取り上げられ、国民の財閥に対する批判が盛り上がります。社民青年団の20人が、銀行に乱入してビラを撒く事件などが起こります。さて、一方の満州事変は、関東軍作戦参謀主任の石原莞爾(かんじ)と高級参謀の板垣征四郎によって、1931年9月18日、独断で開始されます。満鉄線路の爆破を自ら行い、中国軍の仕業にして、満州侵略を開始したのです。まったく事前に相談を受けていない天皇と政府は、「不拡大方針」を発表します。石原参謀の電撃作戦は、戦術的には大成功を収めます。朝鮮軍の独断の参戦も功を奏して、わずか5ヶ月で満州全土の制圧に成功します。関東軍の兵士の出身母体は貧しい農村です。姉を売らざるを得ない農村の深刻な恐慌が、彼らの行動に影響したのは、間違いありません。戦争が始まると、もう緊縮予算どころでなくなります。公債を発行して戦費をまかないます。恐慌に沈み込んでいた国民は、優勢な戦局に熱狂します。石原らを処罰できる状況ではありません。
◆◆「独断で戦争を始めても、結果がよければ英雄になれる」◆◆
◆◆ 石原莞爾の行動は、日本ファシズムの奔流を生み出す導火線になるのです。◆◆
(2001/7/9) 血盟団事件(5)
浜口内閣の政策を引き継いだ第二次若槻内閣は、1931年12月11日、総辞職に追い込まれます。天皇から後継首相の下問を受けた元老の西園寺は、政友会の犬養毅を首相に指名し、政党内閣が、かろうじて存続します。13日、犬養内閣が成立した日、蔵相・高橋是清は、金輸出を再び禁止します。井上準之助は無念の涙を呑み、ドル買いの三井財閥は巨万の富を得ます。元大陸浪人、日蓮宗僧侶の井上日召は、12人の青年の心をつかみ、一人一殺の方法で、元老、政党や財閥の巨頭を暗殺しようと、血盟団を組織します。井上日召のバックには、陸海軍の青年将校がいました。血盟団の一人、小沼のピストルは、霞ヶ浦航空隊の将校・井斎大尉が調達したものでした。
1932年2月9日、東京本郷の駒本小学校で、小沼はピストルを抱えて、その男の到着を待ちます。日本の農村を恐慌に陥れ、多くの娘を身売りさせたり、一家心中に追い込んだりした、張本人が、総選挙の応援演説のため来るのです。自分の命と引き換えに、巨悪を倒すのです。その男は、高級自動車から、ゆっくりと降ります。
パーン、パーン、パーン
三発目の銃声と同時に、その男は倒れます。
金解禁に執念を燃やした男、元蔵相、井上準之助の最後でした(血盟団事件)。そして、3月5日、今度は、ドル買いで巨万の富を築いた、三井合名の団琢磨理事長が、血盟団によって、暗殺されます。犯人は逮捕されても、関与した青年将校は、処罰されませんでした。
・・・・・・・・・・・・・・
金輸出を再禁止した犬養首相は、中国への侵略には批判的でした。そして、5月15日、犬養首相の自宅にも、青年将校達が乱入します。「話せば、わかる」と犬養首相は、青年将校を説得しようとします。「問答無用」と青年将校は、銃弾を発射します。最後の政党内閣は、こうしてテロにより倒されます(5・15事件)。青年将校を抑えることができるという理由で、海軍大将の斎藤実が、新しい首相になったのです。
◆◆こうして、軍国主義体制は構築され、不幸な戦争に突入していったのです。
◆◆
◆◆ もし、浜口内閣が金解禁をせず、恐慌に対して適切な対策をとっていた
ら、◆◆
◆◆昭和の歴史は変っていたかもしれません。◆◆
l ぜひ、小泉さんにこの歴史を知って欲しい★
l さて、おまけの話。★
浜口内閣の逓信相は、とび職から政界入りした、小泉又二郎という人です。彼は、「入れ墨大臣」として有名ですが、小泉純一郎首相の祖父にあたります。)

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ34掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。