★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ35 > 1028.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
メーソン広瀬
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/1028.html
投稿者 エンセン 日時 2004 年 6 月 16 日 13:12:12:ieVyGVASbNhvI
 

 
メーソンの2001年名簿には以下の名前がある。

【HON. Yuya Hirose, 32 KCCH, Venerable Master】

フリーメーソン日本最高幹部極秘リスト
http://www.asyura.com/2002/bd19/msg/123.html


みなさんご存知の広瀬裕也です。

ちなににこの“32 KCCH”というのは、「最高階級である第33階級として将来の最高幹部となるために養成されるべく第32階級のメーソンの中から特別に選ばれて特殊な訓練を受けている特別な人材」なのである。

要するに「メーソンのプリンス」ということである。
日本ロッジの広報である第32階級の片桐氏よりも位は上なのだろう。

以前からとても気になる人物だったので少し調べてみました。
しかし、情報がほとんど出てきませんでした。


http://bbs5.otd.co.jp/201689/bbs_tree?base=172&range=20

この掲示板に、『(広瀬祐也 yuya hiroseで検索して下さい 熱田神宮大宮司の曾孫で32階級です。メイソンでは極東のメシアと呼ばれています)』という信用していいのかどうか考えもんの情報を発見しました。

さらにこの『熱田神宮大宮司』という人物を調べてみたんですが、


『鎌倉幕府を開いた源頼朝は1147(久安3)年、源義朝と熱田神宮大宮司の娘・由良御前の間に生まれている。』
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/7260/tokaido/saya/01.htm

『熱田神宮といえば源頼朝の母は確か熱田神宮大宮司の娘』
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/3163/sinwa.htm

『源頼朝 久安三年(1147)頼朝生る 父は源義朝 母は熱田神宮大宮司の女 由良姫 幼名鬼武者』
http://www.d5.dion.ne.jp/~ikeyoko/A-HIBUN-A.htm


ということで、どうもこの『熱田神宮大宮司』という人物は、歴史上の重要人物だったようです。

以上の情報から、京大哲学科を首席で卒業しているという広瀬氏とは、どういう人物なのかを妄想してみました。

以下、わたしの妄想です。


メーソン広瀬は「熱田神宮大宮司の曾孫」
「源頼朝の母は熱田神宮大宮司の娘」

このふたつの情報を、「事実である」と仮定してみると面白い見方ができそうな気がします。

この「源氏」は7代目に、足利家を名乗る家系を生み出しています。
この家系が「室町幕府の将軍」足利尊氏に繋がります。
この足利家は、後に「細川」に改姓します。
改姓したこの細川家の直系子孫が、細川護煕元首相になります。
細川護煕元首相の祖父が近衛首相です。

そして、「源氏」の8代目の孫が「徳川(得川)」を名乗り、そこから数えて16代目が「江戸幕府」を開いた徳川家康になります。

熱田神宮大宮司→源頼朝→足利尊氏→徳川家康→細川護煕&メーソン広瀬

こんな具合の系図になるはずです。

この系図が示していることは、ここに流れる「血」は天皇家の「血」であるということです。

この系図には、平清盛や織田信長も含まれます。
織田信長も天皇家の直系子孫です。
信長は源氏ではなく、桓武天皇に発する平家の一門で、平清盛の曾孫が織田家の始祖になります。

これが「メーソンのエリート」である広瀬の秘密かも知れません。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ35掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。