★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ35 > 1214.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
WTC・ノースタワーの最上階爆破の証拠映像
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/1214.html
投稿者 あきみつかよ 日時 2004 年 6 月 25 日 02:14:54:iyTDo076nD4Mc
 

WTCノースタワーの最上階爆破の証拠映像
 
 飽きるほど見ている既出のビデオですが、ビルが爆破されている間違いのない証拠映像です。
フルスクリーンで一時停止を使えばよくわかります。

http://www.cnn.com/video/us/2001/09/12/2nd.plane.hits.cnn.med.ram

ビデオがスタートしてから31秒くらい、左上のCNNの文字下に見えます。

ほんの一瞬、火炎が数十メートルの幅で最上階の窓、中央と左寄りから二回吹き出しています。
航空機突入から火炎発生までの時間は、先に投稿したビデオの時間と同じです。炎の色も同じで、ケロシンの炎色とは違います。

http://edition.cnn.com/video/us/2001/09/11/vo.wtc.2nd.plane.pax.med.html

 航空機がビルに数百メートルに接近したとき、ミサイル様な物を発射しているのも 不鮮明ながら確認できます。ミサイルは二度発射されたのでしょうか。

 どなたかスロービデオに編集して、再掲頂けませんか。

(既出参考投稿文)

Re: 9・11空爆テロ WTCノースタワー倒壊の謎 《航空機激突階以外に65F・1Fロビー・その他でも爆発》 [フランスF2ニュース/スペインTVEニュース] 投稿者 ビルダーバーグ 日時 2002 年 3 月 13 日 16:00:47:

(回答先: 9・11空爆テロ WTCノースタワー倒壊の謎 《航空機激突階以外に65F・1Fロビー・その他でも爆発》 [フランスF2ニュース/スペインTVEニュース] 投稿者 あっしら 日時 2002 年 3 月 12 日 15:11:22)


 9.11アタックは、当初からうさんくささがいっぱいだったが、あっしらさんが紹介してるSenderBerl linkに載っているNewYorkPostの連続写真がCGによる”偽造”でないとすると、やはり、とんでもない陰謀、謀略だったようだ。

あっしらさんは、ブッシュ(ダブヤ)政権は米国を破壊するのが目的の政権だ、と考えているようですが、少し緻密に考えられる謀略の可能性を検討してみましょう。
 
 まず、ハイジャック機の突入直前にWTCノースタワーの上層部で爆発を起こしていることから、この爆破の実行犯は、ハイジャック機の突入日時を正確に知っていたことになります。いくら何でも、アタックの直前に同ビル上層部で、火災もしくは自然災害的な爆発が起きたとは信じられませんから。

となると、アタックの実行犯がルカイダだとすると、爆破グループはアルカイダの攻撃日時を事前に知っていたことになります。ここからアルカイダがWTCのダメージを大きくするために、爆弾も仕掛けていた可能性も考えられなくはありませんが、WTCにアラブ人が侵入して爆弾を仕掛けておくのは、至難の技でしょうから、この可能性はないでしょう。
 
 となると、@オサマビンラディンとアルカイダはやはり、米諜報機関のエージェント、アセットだったAアルカイダにひそんだCIAスパイが情報を事前に流していたBアタックそのものが米諜報機関の仕業だったCエシュロン等で米政府はアタックの場所、日時を事前に知っていたが、知らないフリをした――などが考えられます。
ビル内部での爆発が、米側の仕業だとすると、「被害を大きくして、反テロ世論を盛り上げること」が主たる狙いだったのでしょうか

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ35掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。