★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ35 > 140.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
3人を出迎えたのは恐怖のメディア・スクラムだった [JANJAN]
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/140.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 4 月 20 日 06:16:58:dfhdU2/i2Qkk2
 

(回答先: イラクのためを思って人質になった日本人〜[日刊ゲンダイ] 投稿者 なるほど 日時 2004 年 4 月 20 日 05:31:50)

2004/04/19

イラクから帰国した高遠菜穂子さん・今井紀昭さん・郡山総一郎さんには「お疲れ様」と声をかけたかったが、3人が拘束以降、初めて踏んだ日本の地での我々の出迎え方はそんな思いやりの配慮に欠けた貧しい「歓迎」ぶりだった。

 私はJanJanに帰国の様子を送稿しようと3人の帰国写真を撮影するため18日、関西国際空港に向かった。国際線の到着出口の南到着口には午後2時頃から人が集まり始め同4時頃にはテレビクルー、スチールカメラマン、記者ら報道陣およそ50人がスタンバイ状態。それを200人ほどの空港利用客が取り囲むように見つめる。

午後4時には報道陣がスタンバイ状態だった。関西国際空港で撮影:山本ケイ(以下同じ)

その光景を前に私は言いようの無いプレッシャーを感じた。これまで雑誌メディアの一員として、その群れの中に平然といた自分だが、出迎えられる側から言えばそれはまるでローマ帝政時代の闘技場、コロシアムの只中に放り込まれるような恐怖ではなかろうか。

 これは危機から生還した人を出迎えるやりかたではない。誤解を恐れずに言うならば刑事事件の容疑者を待ち構えるのと何ら変わり無い。そう、我々は悪意はなくとも3人を「容疑者扱い」で出迎えようとしていたのだ。

 3人は到着出口に現れることなく国内線に乗り換えて南到着口で「スタンバイ」した報道陣は肩透かしを食らったわけだが、別の取材チームが3人の姿をとらえていた。

 羽田に到着した3人は精神的疲れから記者会見に出なかったが当然だ。私は解放直後に報道陣の前で深々と頭を下げた高遠さんの表情が、行く先々で待ち受けるメディアの前で段々と曇っていくのが気になっていた。それは次第にふくらむメディア・スクラム(集団的過熱取材)に怯える高遠さんの気持ちが現れていたのではないか。

お帰りなさいと記されたポスターを持つ人もいたが…

解放を報じる新聞と花束を持って待機する人もいた

関西空港では花束を持った子供連れや「お帰りなさい よかったね」と記したポスターを持った市民もいた。しかしそうした姿は私たち報道陣に阻まれ、3人は隠れるようにして帰国しなければならなかった。

 「報道って何?」「取材とは?」。そんな自問自答が帰りの電車で中で頭に渦巻き続けた。

(山本ケイ)

http://www.janjan.jp/media/0404/0404193374/1.php

★関連

組織的な『癒着』という仕事(新聞業界)
政府のスポークスマンを演じる記者、毎日新聞の岸井成格【新聞“界“は自衛隊イラク派遣の支持を決断した】
【関連記事?】マスメディアの情報不感症【田中康夫の「奇っ怪ニッポン」:日刊ゲンダイ】転載バカボンさん御投稿

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ35掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。