★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ35 > 358.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【写真あり】ラスプーチンのペニスは30センチ(mosnews.com)
http://www.asyura2.com/0403/bd35/msg/358.html
投稿者 エンセン 日時 2004 年 4 月 30 日 11:40:03:ieVyGVASbNhvI
 

 
Russian Museum to Exhibit Rasputin’s Penis
Created: 28.04.2004 15:42 MSK (GMT +3), Updated: 19:31 MSK


MosNews

The first Russian museum of erotica is opening in St. Petersburg, Russian Nezavisimaya Gazeta daily reports. The museum is founded by Igor Knyazkin, the chief of the prostate research center of the Russian Academy of Natural Sciences.

Knyazkin told the newspaper that museums of sex and erotica exist in many European countries and he wanted Russia to be a civilized country with a view on the future and with correct views on erotica.

There is one exhibit in the museum which makes Knyazkin be especially proud of. This is the 30-centimeter preserved penis of Grigory Rasputin. “Having this exhibit, we can stop envying America, where Napoleon Bonaparte’s penis is now kept. ・Napoleon’s penis is but a small ”pod“ it cannot stand comparison to our organ of 30 centimeters・#148; the head of the museum said.

Rasputin, nicknamed “Mad Monk” by historians was born in 1869 in Siberia, arrived in St. Petersburg in 1911 and within a few years had become one of the most influential men in government circles. His rise to preeminence was due to his close relationship with Nicholas II’s wife, Alexandra. The heir to the throne suffered from hemophaelia, and only Rasputin could stop the boy’s bleeding. Because of this, Alexandra believed he was a holy man sent to protect Alexis and she kept him close by at all times.

However, many historians point to the unusual cult that Rasputin practiced at the Emperors’ court — a strange mixture of Christianity and sexual practices. Many of the noble women were believed to be in sexual relations with Rasputin, possibly including the Empress.

At the end of 1916, a group of aristocrats decided that Rasputin’s influence had grown too great and that he had to be killed in order to save Russia. They lured him to the palace of one of the princes; fed him poisoned cakes and wine, shot him and then threw him into the frozen river.

http://www.mosnews.com/news/2004/04/28/rasputin.shtml


● 以下は、機械翻訳
───────

Rasputin?s陰茎を示すロシアの博物館
作成されました:28.04.2004 15:42 MSK(GMT+3)、更新された:19:31 MSK


MosNews

エロ本の第1のロシアの博物館はセントピータースバーグ、ロシア語で開いています。 Nezavisimaya Gazeta 毎日の報告書。博物館は、イーゴリKnyazkin、自然科学のロシアのアカデミーの前立腺研究センターのチーフによって設立されます。

Knyazkinは、性別とエロ本の博物館が多くのヨーロッパ諸国で存在すると新聞に伝えました。また、彼は、ロシアが将来に関する見解を持った、およびエロ本に関する正確な見解を持った文明人の国々にすることを望みました。

博物館には1つの展覧品があります、形そのKnyazkinは特に誇れる、の。これはGrigoryラスプーチンの30センチメートル保存されていたの陰茎です。?この展覧品を持っていると、私たちはアメリカ(ここでナポレオンBonaparte?s陰茎は今維持される)を羨むことをやめることができます。?Napoleon?s陰茎はそうです、しかし1つの、小さな?鞘?それは、30センチメートルの私たちの器官への比較を立てることができません??博物館の首脳は言いました。

ラスプーチン、愛称で呼ばれた?狂気の僧?歴史家によって、シベリアで1869年に生まれた、1911年にセントピータースバーグに着き、数年の内に政府円で最も有力な人のうちの一人になった。卓越への彼の上昇はニコラスII?s妻(アレクサンドラ)との彼の接近している関係によりました。王位継承者はhemophaeliaに苦しみました。また、ラスプーチンだけがboy?s出血を止めることができました。このために、アレクサンドラは、彼がアレクシスを保護するために派遣された聖人で、彼女が彼をそばにいつでも接近しているようにしておいた、と信じました。

しかしながら、多くの歴史家が、ラスプーチンが皇帝で実行した異常なカルトを指摘します?コート ?キリスト教および性の慣習の奇妙な混合物。高貴な女性の多くは、恐らく女帝を含むラスプーチンとの性交にあると考えられました。

1916年末に、1グループの貴族は、Rasputin?s影響があまりにも大きくなっており、彼がロシアを救うために死ななければならなかった、と決定しました。それらは、王子のうちの一人の宮殿に彼をおびき寄せました;彼に毒されたケーキおよびワインを与えて、彼を撃ち、次に、冷凍の川に彼を投げ込みました。

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ35掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。