★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 104.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
脚本チェイニー、主演クバイシ師と邦人5人、演出日本政府の邦人人質劇場へようこそ
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/104.html
投稿者 HAARP 日時 2004 年 4 月 18 日 20:01:24:oQGUNb5q8hjD.
 

*邦人人質事件のグランド・デザイン*

【前振り】

日本人人質事件発生の直前に、「蜂起」したシーアのサドル氏とアメリカの間にイランがアメリカの要請で介入し、シーア派の動きが突然主に国内メディアから消えた。

【チェイニーの極東での仕事期間と人質事件発生解決は同期】

その後、チェイニーの来日と同期して3人組人質事件が起こり、「アメリカ副大統領の来日」に関する報道は見事にホワイト・ウォッシュされた。
その後、別の2邦人が人質となり、約一週間という短期間で全員が無傷で解放された。これは、日本から中国へとチェイニーが「仕事」を終えた期間とほぼ一致する。
アメリカの副大統領が極東で何をしていたのか、誰もはっきりわからない。

【なぜ犯行声明の出ない邦人人質が同じ聖職者協会のもとで解放されるのか】

安田さんと渡辺さんの拘束に関して、先に解放された3人のときのような「犯行声明」が無いのに解放され、それもイラク・イスラム聖職者協会の「手柄」になっている。
最初の「犯行声明」は人質の機材を使ったとか、日付表記がおかしいなど「ほころび」が多く、とくに「アメリカ市民殺害」はイラク側がやったと追認するような内容だった。

このことは、「犯行声明」を作成した「イスラム教徒」とは、その仄めかすところによれば、911攻撃を行ったと仄めかすオサマ・ビン・ラディンと同じようなものであり、「虐殺されつつある米国市民の近くには米軍兵士がいたが、彼らは動かなかった」ことを知らなかっただけではなかった可能性がある。

つまり、「米国市民虐殺」を「成立」させたのが「イラク人ではなかった」ことを知っている「イスラム教徒」が、邦人3人を拘束したとする「犯行声明」を出したとする場合、このような「イスラム教徒」の可能性としては「イラク・イスラム聖職者協会そのもの」の場合もあり得る。(現時点ではこれを補足する記事も出始めている)

そして、「犯行声明のほころび」の反響をモニターしていた日本の関係者とイラク・イスラム聖職者協会が繋がっていたならば、2人組のほうに「犯行声明」がなかった理由になり得る。

スンニ派はフセイン政権下の主要勢力だったわけで、アメリカとの「付き合い」があったはず。
聖職者協会とは美しい名前なので、誰もこの組織を疑わない。
クバイシ師がアメリカのエージェントという可能性は高い。

日本政府は3人の人質事件当初から同協会とコンタクトしようと試みたと思われる。政府関係者からは「20億」費用がかかったとリークされている。
政府の20億は「円」と本当に発言したのだろうか。これはドルだったのかもしれない。
この金はCPAに流れたにしろ、イラク・イスラム聖職者協会を一度は「経由」したと考えるのが自然だ。

「日本大使館は委員会に謝意を伝えてこなかった。日本の首相も委員会について言及しなかった」
といわれるクバイシ師の言葉は、日本政府の精一杯の「皮肉」のメッセージに対応したものだったのかもしれない。いくらなんでも、外交上で、事の経緯から日本政府が「うっかり」このような内容を盛り込み忘れたとも思えない。
そして、クバイシ師は再び「自衛隊は撤退すべき」と3人組誘拐団の「主張」と同じことを発言しているし、米軍への言及はとくに無いようだ。

結局、日本政府は数10億ドルをイラク・イスラム聖職者協会を「通じて」巻き上げられたのではないだろうか。逆に、この目的のために「邦人拘束劇シリーズ」のシナリオが書かれ実行されたのかもしれない。
この金があるとしたら、それは「イスラム武装勢力」とCPAに分配されるということになり、全体である種のマネー・ロンダリングとなるだろう。

これは、奥大使殺害にともなう15億ドルの「上がり」と共に「報告義務のない工作資金」として使われ、チェイニーの来日目的の一つには、このようなシナリオを小泉に「言い含める」というものがあったのかもしれない。

このシナリオに従えば「資金協力」ということで、自衛隊は表立って「虐殺計画」に参加せずに「復興支援の為の駐留」が続行でき、小泉も7月の選挙まで支持率を維持することができる。また、その支持率のまま、「続投」できるかもしれない(と吹き込まれたと推測)。

そして、はじめから2人組分の「身代金」が「追加」されるのを小泉が知っていたとすれば、8000人を招待したという花見を「強行」できた理由にもなるだろう。この件について「小泉は自覚が足りない」という批判がメディアに溢れないのならば、政府は少なくとも事前に2人組が解放されるのを知っていたという傍証になるだろう。

つまり、小泉は自衛隊の復興援助名目の海外派遣という既成事実を維持しながら、次の選挙を乗り切れるという甘言に乗せられて、CPAやイラクの不安定化に利する勢力に国民の合意のない巨額の裏金を献上した。
人質事件劇はこのための単なる「煙幕」だったのかもしれない。
-----------------------------------------------------------------

「私がもし死んだら、日本人はイラクに来てはならない」:故奥大使

スンニ派武装勢力にバックアップされるシーア派「サドル軍」は健在という記事が「復活」
http://www.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=topNews&storyID=4856372

またしても日本版ロイターには配信なし。

 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。