★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 1060.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 今こそ労働というものを考える時です。
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/1060.html
投稿者 賢いじいちゃんの馬鹿孫 日時 2004 年 5 月 26 日 12:33:20:jAcU9nEVepFPc
 

(回答先: 今こそ労働というものを考える時です。 投稿者 真相ハンターK 日時 2004 年 5 月 02 日 20:28:29)

小泉内閣の労働問題に関する失政は、雇用創出に対する効果的な施策を行っていないことに有ると思います。
私は、衰退産業の雇用維持に走る意見には反対です。
真に構造改革による雇用創出が行われるならば小泉内閣に賛成します。
しかしながら、現実には金融機関救済等の施策が先行し、わずかな新規産業育成プロジェクトしか行っていないのである。
本当に衰退産業から成長産業への雇用転換を構造改革の一部として重視するのなら、行動で示すべきであると思う。
現在の日本は不景気とはいえ、経済大国である。
無駄な金の使い方をするぐらいなら、新規産業への積極的な金の投入を促すべきである。
ODA供出先の中国は、我々の金を産業振興に惜しみなく投入し、日本の強みを奪っていっているのである。ODA支援を否定するものではないが、では、なぜわが国の為にもっと使わないのか?

私の私見であるが日本の将来を見据えた労働問題に対するメスは
・新規産業育成
・資金援助
・教育改革

の3つを同時に行わなければならないと考える。
そして構造改革の第1優先としてやるべきだ。
現在年金問題が主要課題になっているが、年金制度を支えているのは労働者である。
将来の労働者の賃金が保証されていなければ、年金制度も同時に崩壊するのではと私は考える。

 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。