★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 133.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 最近の国際情勢について、思うつれづれ。
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/133.html
投稿者 独立ナショナリスト 日時 2004 年 4 月 19 日 17:57:54:NyVfFUEPdPWG2
 

(回答先: 最近の国際情勢について、思うつれづれ。 投稿者 トール 日時 2004 年 4 月 19 日 06:21:33)


>アメリカへの同調を反対している方は、自衛隊を強化し自国のみでの防衛を可能に
することに賛同していただけるのでしょうか?

もちろんですよ。自衛隊などと言うでっちあげ軍ではなく、徴兵にもとづく国防軍が必要です。

では軍隊を強化する事に賛同すれば安保の完全破棄・基地の完全撤退に賛同していただ
けるでしょうか。

>現在日本は北朝鮮という身近にある驚異に対して、アメリカの援護が絶対に
必要だからです。これは自衛隊の防衛能力を向上させることが、軍国化だと
批判する左翼によって行えないことが原因です

違います。
アメリカに依存する奴隷根性の保守や右翼が、安保を破棄して独立しようと
しない事が原因です。
日本が安保によって米国の植民地である限り、日本の軍が強くなろうか弱くなろうが
非武装になろうが、永遠にただの米国の外交政策の一部でしかありません。
日本の正義で動く事は出来ません。
ファルージャで米軍が虐殺を繰り広げても、批判一つ出来ないで追従するだけ。

>イラク派兵は高度に政治的な問題

イラク派兵は、ただ日本が北朝鮮怖さに震え上がり、米国のいう事なら
侵略虐殺強姦なんでも尻にのってやるという、人間としても国家としても最低の行為です。

自分さえ北朝鮮から助かれば、強盗侵略なんでも
やって米国のご機嫌取りと言う、プライドをすべて捨てた国のやる事。

本当に助けたくて助けたくてたまらないなら、
米国が、もしサマワに自衛隊がいったら日本攻撃してやると恫喝しても、
サマワに行くべきでしょうね

>これも日本政府がテロに屈しないと言う断固とした態度を取ったからです

人質事件の真相は知りませんが、それは違うと思いますよ。
3人がドイツ人やイタリア人のような武装要員でなかったこと。
3人には自分の意思でイラク人のために無償で働いていた人々もおり、
戦争の犬や政府命令で侵略にいった連中と違ったことだと思います。
小泉政府の追従者や外交官、自衛隊ならぶっ殺されてる可能性あったと思う。
あとアラブの親日体質というのも考えなければならない。

ほか社会主義議論とかは、前提としている事実認識自体が違うので不同意ですが、
ここで書いても議論としては不毛のような気がします。

>アメリカの同盟がなくなれば、在日アメリカ軍も撤退するでしょう

いいことじゃないですか。沖縄ほかの住民も喜ぶし。嫌いな北朝鮮とは思い切り戦えますよ。

米国のご機嫌伺って、自国民が拉致されてるのに手遅れになるまで20年もおとなしくしていることもなく、
北朝鮮のスパイのような社民党の拉致もみ消しにあたふたすることもなく。

自分が戦うべきと思ったら自分で戦うべし。刺し違えれる覚悟がいりますよ。

力及ぶかどうかは、やってみなければわからない。
金日成は偉いですね。イラク戦の最中の、米国の恫喝とそれに期待する日本人の卑屈根性に対して
「戦争はやってみなければわからない」と言い切った。
米国も日本も、金日成ほどの覚悟もない。喧嘩なんてしょせん覚悟の問題です。

北に拉致され今日まで解決できなかったのは、米国のお下がりの日本がなめられたから
ひとえに右翼や保守の政治家と国民の売国根性の責任。
賠償問題もそう。こんな状態で何億回、謝罪しても賠償しても無駄です。
米国の植民地だから、なにやったって本気で、心から謝罪してると思われてないんだ。

 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。