★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 議論17 > 774.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
日本のマザーボードについて
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/774.html
投稿者 2000/12/31 日時 2004 年 5 月 08 日 12:25:14:wRpfKSXeKrtxU
 

(回答先: ”素朴な現実主義”とでも言えるマザーボード 投稿者 健奘 日時 2004 年 5 月 07 日 18:56:56)

初めまして 「ミレニアムの大晦日」です。
興味深いご見解拝見致しましたので、私なりの私見を述べさせていただきます。

>我々、日本社会の基盤的なものの見方を、現在の計算機と類推すれば、
>“素朴な現実主義”と言えるようなマザーボードに、行きつくような気がします。
>このマザーボードに、いろいろな思想、組織運用、などの、ボードを突き刺した形で、
>日本が動いている感じです。

今まで例えられていたソフトウェア=OSからハードウェアへの表現の変換ですよね。
その点では異論はございませんが、「素朴な現実主義」には少し違和感を感じます。
後に改めて触れさせていただきます。

>一方、他の社会では、マザーボードは、どちらかというと、
>ある宗教を基盤とするようなボードだという感じです。

この表現と、
>“素朴な現実主義”は、むしろ、この宗教を基盤とするボードに、
>突き刺さっているため、素朴な現実主義は、細々としているのではないかと
>思います。

この表現は同義に読み取れます。仰りたかったのは、
「“素朴な現実主義”は、むしろこの宗教が、基盤となるボードに突き刺さっているため、
素朴な現実主義は、細々としているのではないかと思います。」

ではないでしょうか?

>だから、このマザーボードの変更に関わる展開は、他の社会では、容易ではありません。

ここで言われた他の社会において「マザーボード」が宗教に立脚しているとは私は思っておりません。

あらゆる社会(共同体)のマザーボードは「そこでのみ普遍的に通用する倫理道徳的価値基準」であると
申し上げておきます。
その上に、適応し得る「秩序体系」「経済体系」「宗教」が乗っかっているという考えです。

>我々のマザーボードは、けっこう、柔軟で、基本的には、不可知論とでもいう、
>開き直った“明るさ”を、そなえているのだと思います。だからこそ、例えば、
>黒船が来たのち、数十年後には、日清戦争まで始めることが、可能だったのでは
>ないでしょうか?つまり、マザーボードにも、強力な影響は及ぶのですが、
>“素朴な現実主義”(“負けるのでは、しょうがない”ではないか、と。)のおかげで、
>近代化という新しいボードを作り、そのボードを突き刺して、まっしぐらに進んだと思います。

ご存知でしょうが、古来より日朝関係が緊密であり、鎖国政策の中にあっても西洋貿易を
通じて異国の「価値基準」即ちマザーボードの断片を自然に取り入れていたことを考えれば
黒船等についても同様のことが言えると考えます。
「負けるのでは、しょうがない ではないか」ということが「素朴な現実主義」とは
考えにくいものがあります。「太平洋戦争」において「負けることを極限まで拒んだ」故に
究極の大量大虐殺の実験台の舞台にされた訳ですし、「戦後の米国版マザーボード」も
今のイラク情勢と根幹は変わらず「押し付けられたもの」と言えます。もはや「従う」ことしか
できなかった日本人に対し体を張って対抗しているイラク人という違いでしかありません。
結果として日本は「徹底されたアメリカの庇護と模倣による」「既存のマザーボードの限りなく
全てに近い廃棄(一部には脈々と伝わる伝統的価値基準が残ってはおりますが)」により、近代国家となりました。がそれは結果論に過ぎません。

>現代にあっても、大半の日本人は、12月暮れには、クリスマスパーティをやっても
>違和感がなく、大晦日には、除夜の鐘におもい、明けてお宮に初詣にいけるのです。
>これで、困るどころか、大宗教、大思想をも、取りこんでいけるのです。
>意識はしていないかも知れませんが、かなりしっかりした、マザーボードを、
>持っているのではないでしょうか?

この点が最大の違和感を感じるところです。日本人に「大宗教、大思想をも取りこんでいる」
等という自覚等あるとは思えません。全ては「資本主義の齎す消費」を促す手段として
企業が仕掛けたもの、メモリアルが好きな日本人気質によるところが大だと考えます。
全ては個が自己の都合のいいようにその場を利用し、提供する側も、神社ですら御神籤
絵馬等全て有料です。バレンタインデーが業界の作り出した架空のストーリーで「愛の告白」を
提供する手段として消費活動を創出し、ホワイトデーに至っては本来意味すらないですね。
でも、それに乗っかっているのが他ならぬ日本人である私達です。そういう意味では
他のどの社会にも見られない「日本独自の通年行事」とでも申しましょうか。
しかしながらこれと「マザーボード」は異なると考えます。

>このマザーボードは、聖徳太子、聖武天皇のころに、形作られたのではないでしょうか?

聖徳太子=キリスト教信者という説があるようです。

>なにしろ、仏教を、護国宗教として導入するとき、聖徳太子は、“和をもって、
>とおとしとなす”と言い、聖武天皇は、大仏殿を建立するときに、
>傍にお宮をたてて祈願した、と伝えられています。このとき、すでに、
>巨大ではあっても、ひとつのボードとして、仏教を扱っているように見えます。
>このあたり、タイやビルマの仏教導入、韓国による儒教の導入とは、
>質が異なるようです。

上述された「トップダウン」での「改宗」に民意など反映されるはずもありません。
寧ろ「宗教」を統一しようとする思惑こそ「為政者」の典型的手法ではないですか?
そこに「政教一致」が感じられるのは私だけでしょうか。
よって「質が異なる」のは当然と言えます。

>唐突ですが、我々の、この特異さを、鍛え上げることができれば、
>J宗教をマザーボードとするような社会をも、包み込むことが、
>可能となるのではないでしょうか?さらに、議論が飛躍しますが、
>1922年だったかの、アインシュタインの言葉を、予言に変えることが、
>可能となるのかもしれません。

これまで申し上げてきました通り、日本が特異であるとは考えておりません。
他の社会が、自ら作り上げた「宗教」を堅持しているのに対し、
日本はもともと「八百万の神」と言われる多神教でしたから、「オリジナルの
絶対的なこれ」を持ち合わせていません。よって、時代時代で最適と思われた
「秩序維持に繋がる規範体系」を輸入してきたのだと考えています。
よく言えば「柔軟性に富んだ」、悪く言えば「信念を持たない無節操」な価値基準が
日本の「マザーボード」の主要な部分を占めている気が致します。
それ故、アインシュタインはさて置き、最も「凝り固まっていない人達」と
解釈することが出来ます。
よって中立的立場にもなりやすいでしょうし、もっと積極的な外交姿勢で臨むことにより
世界秩序の回復に果たす役割は決して少なくないと考えております。故に与野党の情けなさを
憂う今日この頃でもあります。


 次へ  前へ

議論17掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。