★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 狂牛病・遺伝子組み換え10 > 170.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
クールー病 : 潜伏期間は半世紀 / パプアニューギニア
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/170.html
投稿者 【毎日新聞記事】 日時 2004 年 4 月 01 日 00:22:40:F1lZvC3BJlxKU
 


----------------------------------------------------------------

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20040401k0000m030030000c.html
[毎日新聞3月31日] ( 2004-03-31-18:36 )

クールー病:
潜伏期間は半世紀パプアニューギニア


パプアニューギニアの高地でかつて、手足が震え痴呆となる不治の病「クールー」で、数千人が死亡した。死者の肉を食べる風習が原因だったが、人肉食がやみ半世紀たった今も、年1〜2人の死者が発生。潜伏期間は最長50年に及ぶことがわかってきた。BSE(牛海綿状脳症)感染牛を食べたのが原因とみられる新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)も「潜伏期間のパターンがクールーと同じなら、今後も犠牲者が出続ける」と研究者はみている。【パース(豪州西部)で山本紀子】

人肉食の習慣があったのはフォアと呼ばれる民族。死者の魂を慰めるため、葬儀の参列者が肉をバナナの葉に包んで焼き食べた。女性と子供は脳と内臓を食べる役割で、クールーの死者のほとんどは女性だった。

同病の研究に約40年間携わる豪カーテン工科大のマイケル・アルパース教授によると、統計を取り始めた1957年以降の死者2500人中、80%が成人女性。18%が子供で、成人男性は2%。

50年代中ごろ、同国を統治していた豪州が人肉食をやめるよう命じ、60年以後、奇習はやんだ。「死者のすべては60年以前生まれ。数も年々減っている。人肉食と病との因果関係は明らかだ」と教授は語る。

クールーにかかると手足が震え、方向感覚を失って歩けなくなる。話したり物をかむこともできず、意識を失い約1年で死に至る。症状も発症期間も新変異型CJDにそっくりで治療法はない。

「感染率は高く、ある葬儀に参列した20人のうち15人が死んだ例もある。近親者を続々亡くした人は、死の恐怖におびえていた」と教授は話す。

クールーの余波はまだ続いている。過去5年間は年1〜2人の死者が発生、昨年は50代後半の男性が亡くなった。

人から人に感染するクールーの潜伏期間は5〜50年とみられる。一方、牛から人にうつる新変異型CJDの潜伏期間は「10〜100年と推定される」(教授)。動物実験から、異種同士の感染は潜伏期間が倍になるとわかっているためだ。

BSE感染牛は86年、英国で最初に見つかった。95年には感染牛を食べたのが原因とみられる新変異型CJDの死者が出た。それから約8年、同国の死者数は140人に上る。

「クールーの潜伏期間を参考にすれば、まだ犠牲者は出るだろう。ピークが数年後にくる可能性もある」と教授は分析する。

----------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

狂牛病・遺伝子組み換え10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。