★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 狂牛病・遺伝子組み換え10 > 363.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
BSE問題とイラディエーション くそまみれの肉
http://www.asyura2.com/0403/gm10/msg/363.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2004 年 9 月 20 日 19:19:03:KqrEdYmDwf7cM
 

BSE問題とイラディエーション
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/8945/geodiary.html

 BSE問題で、米国産牛肉の輸入が禁止された。所謂「へたり牛」でもなんでもミ
ンチにして輸出していたというのだから、輸入禁止は当然の措置である。バカに安い
牛丼を食って喜んでいた日本の一小市民にしてみれば、「モー許せん(よだれダラダ
ラ)」といったところだろうか(笑)。これから米国は、対症療法的な対策を小出し
に発表して「安全宣言」をし、早々に日本に輸入再開を迫ってくるはずだが、日本政
府は、簡単に米国の圧力に屈してはならない。とはいえ、我が国の食肉流通業界も「王
様」がいるらしくて、利権もあるらしいから、価格の高騰も心配。政府には、国産牛
肉の安全性確保は当然のこと、価格安定にも尽力していただきたいものだ。
 でも、いずれは輸入再開されてしまう米国産牛肉。我々消費者はどのような点に注
意しなければならないのだろうか。牛肉を口にしないのが一番だが、鶏肉や豚肉がよ
り安全かといえば、そうともいえないのが現在の日本(先日のクリスマスで、べっち
ょりタレが付いた鶏の足をJやIで買って喰べた奴!心配しなくても年金はもらえん
ぞ!ご苦労さま)の置かれた状況だ。大和民族はすでに米国食文化の下僕であるから、
肉は食卓に欠かせない。とするならば、我々ひとりひとりが購入時に注意をはらうし
か取る道はないのだ。商品を選ぶ際のキーワードは「低温殺菌」と「電子殺菌」だ。
もちろん、牛乳の話ではなく、牛肉の話だ。この宣伝がついた肉は買うな!。

 米国はおそらく、安全対策(殺菌・殺虫)の一環として、「イラディエーション」
を施してくるだろう。「イラディエーション」とは、放射線や電子線を食物に照射し
て、ウイルスや寄生虫、バクテリアなどの細菌をDNAレベルで破壊するもの。すで
に米国内では、イラディエーション済みの牛肉が普通に市場に出回っている。あの毛
盗の国は、欲望お満たすためには何でも規制緩和しちゃう(笑)が、畜産における規
制も例外ではなく、消費者の飽くなきニーズに応じて緩和がなされた(この意味では
日本の消費者も同罪)。結果して、牛・豚・ブロイラーは、もの凄く劣悪な環境で大
量飼育され、機械的な解体によってクソまみれ、よだれまみれ、膿まみれに汚染され
た精肉が流通することになった。これを原因とした食中毒などの問題が相次ぎ、深刻
な問題となる中で、「イラディエーション」が着目されたのである。でも、みんなこ
こで考えてみて欲しい。胸部レントゲンの2億倍もの照射「イラディエーション」で
いくら殺菌・消毒したところで、ミンチ肉が、クソまみれ&膿まみれなのは確かなこ
と。おまけに照射によって肉の一部が化学変化を起こし、シクロブタノンという危険
物質が生成されるというのだから!!。こわいですねぇ・・・くくくくく。そこのあ
なた、ミミズどころの話ではないですよ。それでもハンバーグを食いますか?


★こんな肉、悔いたくね。

 次へ  前へ

狂牛病・遺伝子組み換え10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。