★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 117.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
裏金、「課長の指示」で常時20〜30万円 静岡県警 [朝日新聞]
http://www.asyura2.com/0401/nihon12/msg/117.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 3 月 06 日 16:14:49:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 静岡県警1000万円不正支出・95年度、架空出張など510万返還へ(東京新聞) 投稿者 シジミ 日時 2004 年 3 月 05 日 23:41:32)


 静岡県警が職員の「カラ出張」を繰り返して裏金を作っていた問題で、裏金作りの現場となった警務部総務課は、不正に受け取った旅費を課内のロッカーに保管し、捜査や警備など他の部署に対する本部長名の「激励費」として使うために、常時20万〜30万円を準備していたことがわかった。総務課の元幹部は5日、「当時の課長の指示だった」としたうえで、裏金づくりのほぼ全容について証言した。

 元幹部らによると、裏金を管理する立場にあった当時の次長は、95年3月に総務課に赴任した。間もなく、当時の課長から「県警本部長名の激励費で現場を励ますために、架空の出張費を口座にためている」と説明を受け、協力を求められた。

 出張の命令権者は課長だった。課員全員分の印鑑を経理担当者が管理し、課長が本人の知らない間に旅行命令簿を「決裁」して裏金を捻出(ねんしゅつ)していた。

 課員の旅費は、次長が担当する「総務課代理受領者」の銀行口座にまとめて振り込まれた。通帳は経理担当者が保管し、同時に次長も出納簿をつけて管理していた。旅費が振り込まれるたびに経理担当者が現金を引き出し、次長の机の横にあるロッカーの中に入れて保管していた。

 激励費の要請があると、課長が「決裁」して次長がロッカーから現金を取り出し、課長が1回当たり1万〜5万円が入った封筒を各所属長に手渡した。激励費は本部長名だが本部長の決裁はなく、課長の判断のみで渡していたという。

 県警によると、捜査員らを励ますための激励費は、正規の手続きを経て報償費から支出することができるが、朝日新聞の取材に対して当時の次長は「そうした記憶はない。激励費はすべて架空出張費の中から支払っていた」と話している。

(03/06 06:18)


http://www.asahi.com/national/update/0306/004.html


 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。