★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 141.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
大阪の男児虐待死、息子突き飛ばされ監禁を提案【学校や児童相談所は積極的に介入するべし!でなければ不作為の責任を問う!】(読売新聞)[3月8日3時]
http://www.asyura2.com/0403/nihon12/msg/141.html
投稿者 まさちゃん 日時 2004 年 3 月 08 日 11:54:42:Sn9PPGX/.xYlo
 

(回答先: 荒れ放題、壁に引っかき傷 小6虐待現場のマンション【近所の人々は気づいてはずだ!】(共同通信)[3月7日] 投稿者 まさちゃん 日時 2004 年 3 月 08 日 11:49:43)

大阪の男児虐待死、息子突き飛ばされ監禁を提案


 大阪市住吉区で小学6年の大迫雄起君(当時12歳)が監禁され、衰弱死した虐待事件で、雄起君の世話を任されていた無職川口道子被告(38)(起訴)が住吉署の調べに対し、監禁を提案したのは自分の息子が雄起君に突き飛ばされたのがきっかけの一つだったと供述していたことが7日、わかった。

 川口被告は雄起君を精神疾患と決めつけ、治療に必要な経費と偽って雄起君の母親大迫智枝被告(36)(同)から毎月受け取っていた2万1000円の大半を生活費に充てていたという。

 川口被告の供述や関係者によると、川口被告の息子は雄起君と同級生で、2人が小学4年だった2000年秋ごろ、雄起君が息子を突き飛ばした。息子にけがはなかった。

 川口被告は以前から雄起君について、智枝被告に「精神的な病気がある」と話していたが、突き飛ばしがあった後、「学校に行くと他の子供を傷つけるかもしれない」と、自宅での療養を進言した。これを受け、智枝被告は雄起君を同年10月から自宅で軟禁し、翌年1月から4畳半の部屋に閉じ込めたという。

 川口被告は雄起君が通っていた市立長居小や母親仲間には、具体的な病名をあげて「専門のカウンセラーにかかっている」などと話していたが、調べによると、雄起君を専門家に診せた事実がなかった。

(読売新聞)[3月8日3時11分更新]

 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。