★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 174.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ヤフーBB情報流出で見えてきたソフトバンクの素顔 --- 「有料会員241万人」ヒット率低く(ZAKZAK 2004/03/09)
http://www.asyura2.com/0403/nihon12/msg/174.html
投稿者 まさちゃん 日時 2004 年 3 月 09 日 17:44:16:Sn9PPGX/.xYlo
 

(回答先: ヤフーBB「個人情報流出事件」と創価学会 --- マスコミはなぜ創価学会の事が書けないのか(『株式日記と経済展望』より) 投稿者 まさちゃん 日時 2004 年 3 月 09 日 16:56:07)

ヤフーBB情報流出で見えてきたソフトバンクの素顔 --- 「有料会員241万人」ヒット率低く

 厚いベールに包まれていたソフトバンクの実態が図らずも明らかになり、話題になっている。インターネット接続サービス「ヤフーBB」の契約者情報が流出した事件で、親会社ソフトバンク(孫正義社長)が流出したのは約451万人分と発表したのだ。加入者の実数が明らかになったのは今回が初めて。業界からは「得意の無料体験キャンペーンのヒット率が意外に低い」と驚きの声も聞かれる。

 同社によると、流出したのは、(1)加入者(2)加入手続中(3)無料体験キャンペーン申込み者(4)解約者−の計451万7039人分の情報。中身は住所、氏名、電話番号、メールアドレス、ヤフージャパンのID番号、申込日の6点で、人数の内訳は(1)240万3617人(2)9834人(3)147万3774人(4)62万9814人だった。

 「2カ月間無料です。もっていってください」。駅前や大型店の店頭で通行人に声をかけるヤフーBBの販促活動は、お馴染みとなっている。会員獲得のための無料キャンペーンで、この体験申込者のうち何割が加入を申し込んでいるのかを示すヒット率は厚いベールに包まれていた。

 今回、初めて公表された数字では、加入者と加入手続中の合計は全体の53.4%にあたる241万3451人。これは「5割強のヒット率とみることができる」(業界関係者)という。

 さらに、無料体験申込者が約3分の1(32.6%)に及び、解約者も1割強(13.9%)あったことになるという。

 この数字について、業界関係者は「加入者のヒット率が低く、無料体験中の人がこんなに多いとははっきりいって予想外」と驚きを隠さない。

 これまでソフトバンクは、課金対象となる加入者数を公表していなかった。公表してきたのは、接続回線数だった。

 その回線利用者数は今年1月末現在で381万7000人。3月末には400万人を達成できる見込みで、平成17年9月までに600万人突破の目標を掲げている。

 だが、これは収入源となる課金対象の有料会員ではない。無料で配布した「お試し会員」も含んだ数字である。そのため、「ヤフーBBの有料会員=収益になる会員」がどの程度いるのかはまったくのミステリーだったのだ。

 それが今回の事件で、「課金対象の会員は約241万人」と判明。回線利用者数の約381万人から(1)の約241万人を差し引いた約140万人は、公表された無料体験キャンペーン申込者約147万人とほぼ見合う数字だ。

 内実が表面化してきたことについて、市場では「出版界では発行部数は公表しても、実売部数は企業秘密として公開していない。回線利用者数と加入者数の関係も発行部数と実売部数と同じだが、上場企業の開示情報があまり乖離(かいり)しているのは好ましいことではない」(証券アナリスト)と、ソフトバンクの情報開示姿勢に疑問を投げかける。

 ADSLで圧倒的なシェアを誇るヤフーBB。事件を機に、業界トップとして加入者実数の公表に先鞭をつけたらどうだろうか。

ZAKZAK 2004/03/09

 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。