★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 284.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
<静岡県警>「裏金、上から指示」 元総務課長、生前に(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/0403/nihon12/msg/284.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 3 月 13 日 17:43:41:eWn45SEFYZ1R.
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040313-00001051-mai-soci

静岡県警警務部総務課の95年度の不正支出問題で、裏金作りの中心にいたとされる当時の総務課長(故人)が生前、周辺に「裏金作りは上から言われた。やり方は前任者から引き継いだ」と話していたことが、関係者の話で分かった。県警は裏金作りは個人的不正だったという見解。元総務課長の関係者は「このままでは『死人に口なし』になりかねない」と、県警への申し立ても検討している。

 県警のこれまでの調べでは、総務課では95年度分の旅費で940万円、食糧費で101万円分の不正支出が見つかった。旅費は県内の警察署などへのカラ出張を繰り返す手口。課員全員の印鑑を経理担当者が管理し、課長が架空出張の命令簿を「決裁」して裏金をねん出していたされる。

 12日の静岡県議会文教・警察委員会で、大橋亘県警警務部長は「当時の総務課幹部がやった。会計システムに問題があったとは考えていない」と述べ、組織ぐるみだったことを否定した。

 関係者によると、この課長は94年3月から96年3月まで在任し、02年に亡くなった。95年度の同課の旅費と食糧費について、県オンブズマンネットワークの服部寛一郎代表幹事が96年10月に開示を請求。非開示とされたため98年9月に提訴したが、その報道に接するたびに文書が公開されるか気にしていたという。

 「どうしてそんなことをしたのか」と尋ねると、元課長は「(裏金作りは)上から言われて仕方なかった。裏金の作り方や現金の保管方法は前任者から引き継いだ」と話したという。関係者は「きまじめな性格で命じられれば断れなかったのだろう。公開請求が出されてからは悩み、苦しんでいた。一人のせいにされるのは心外だ」と話す。

 保管期限が5年間の県警の支出文書は、95年度分は訴訟が起きたため保管されてきたが、その前後の年度分は廃棄された。県警は95年度以外の幹部からも事情を聴いているが、支出文書とつき合わせた検証ができず、調査は難航している。この総務課長より以前に同課幹部を務めた元警察官は毎日新聞の取材に「警察を辞めており、話すことは何もない」としている。【小松雄介】(毎日新聞)
[3月13日15時5分更新]

 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。