★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件12 > 657.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
日本初「良心の囚人」はポスティングで逮捕〜強まる「政治的表現への弾圧」[JANJAN]
http://www.asyura2.com/0403/nihon12/msg/657.html
投稿者 なるほど 日時 2004 年 4 月 12 日 18:57:31:dfhdU2/i2Qkk2
 

2004/04/12

--------------------------------------------------------------------------------

 『週刊文春』の事前差し止め問題で、一躍脚光を浴びた「表現の自由」。
 今回の高裁決定が確定したことで、「表現の自由」が守られた、と安心している向きが多いのだろうか。少なくともマスメディアでは、そういう論調が大勢をしめているように思う。

 だが、「表現の自由」の大切さを本気で考えるなら、けっして安穏としていられない状況のはずだ。この1年あまりに起きた「政治的言論への弾圧」のうち、トピックと思われるものを3つ、挙げてみる。

1)去年4月、東京都杉並区の公園の公衆トイレに「反戦」落書きをした青年が、1カ月半も拘置されたうえ、起訴され、今年2月12日、懲役1年2カ月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

2)昨年秋の総選挙直前に、社会保険庁職員が自宅近くのマンションで共産党の機関紙を配ったとして、今年3月、国家公務員法違反容疑で逮捕され、起訴。

3)今年1月17日、東京都立川市にある防衛庁官舎に「自衛官・ご家族の皆さんへ――自衛隊のイラク派兵反対! いっしょに考え、反対の声をあげよう!」などと書かれたビラを配った市民団体「立川自衛隊監視テント村」の3人が、2月27日、官舎敷地に無断で立ち入った住居侵入罪容疑で逮捕。現在も勾留中。アムネスティ・インターナショナルは、逮捕された3人を、日本初の「良心の囚人」に認定した。

 この3つの他にも、反戦デモ・反戦パレード参加者の逮捕が、あちこちで起きていると聞く。「良心の囚人」を生んでしまうとは、さすがは、現行憲法を蹂躙し、立憲主義を破壊するクーデターを着々と進行中の自民・公明連立政権といったところか。

 民主主義制度の根幹をなすのは、まさに「政治的言論」であって、「私人のプライバシーを暴く表現」などではない。政府によるこうしたあからさまな「政治的言論への弾圧」を放置していては、この国に「表現の自由」があるなどとは、とても言えまい。

 そして、「政治的言論への弾圧」に対しては、主義主張・思想信条の違いを超えて、個人的な好悪にこだわらず、敢然と立ち向かう。それが当たり前になされてこそ民主主義の社会であり、また、それこそが民主主義を築き、守っていく道のはずだ。

 日本社会の民主度、そして、私たちの度量、覚悟、知恵が、今まさに、問われているのではないだろうか。

参考サイト:
「落書有理反戦無罪 graffiti is not a crime!」
「国家公務員法違反」容疑での不当逮捕に厳しく抗議し、適切な対処を求める(日本共産党中央委員会書記局長 市田忠義)
自由法曹団の声明(2004年3月7日(日)「しんぶん赤旗」)
「立川自衛隊監視テント村」
AMNESTY キャンペーン・アップデート 2004.03.17 Vol.12 通巻123号


参考文献:
『週刊金曜日』2004.4.2号(vol.502)
『インパクション』140号

(仲晃生)

http://www.janjan.jp/government/0404/0404062842/1.php



★関連
【反戦運動弾圧】[ヤフーBB/武富士/警視庁公安部による弾圧]各事件を結ぶ
謀略の連鎖 とこしえさんご投稿

<外交官殺害>車両を警視庁鑑定へ イラクから到着[毎日新聞3月4日]【立川市の第4機動隊の敷地に移して鑑定】
「戦後」から未経験の「戦時」, そして未来の「戦後」へ [小倉利丸氏]


 次へ  前へ

日本の事件12掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。