★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件13 > 315.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
Re: 首の切られ方が異常(ぱっくりと口をあけている)など疑問点
http://www.asyura2.com/0403/nihon13/msg/315.html
投稿者 バール神 日時 2004 年 6 月 04 日 17:34:22:fgBsitPm9XE7A
 

(回答先: 首の切られ方が異常(ぱっくりと口をあけている)など疑問点 投稿者 竹中半兵衛 日時 2004 年 6 月 04 日 14:09:19)

竹中半兵衛さん、貴殿一人を書き込みの中で名指ししてしまって申し訳ありません。
いつも、特に熱心な書き込みをされていて、それを読ませていただいて
いたものですから、つい・・・。
あと、私は下のスレッドを見ないでこちらに書き込んだのですが、竹中半兵衛さんは、
昨日のうちにこの件について書き込みをなさっていたのですね。失礼いたしました。


>私自身はコメントのしようがなくて静観しています。
>ただ首を切るという行為が、当初カッターナイフ程度で頚動脈を切断するというのは政治性がないと判断していました。
>私がこのところ見た首切りビデオとは質が違うと思っております。

ああ、やはり私なんかと違い、もっと深い裏事情をあれこれ考えておられて、
また政治性の有無を考慮されていたのですか。私などは、未成年による猟奇的殺人ということで
簡単に一くくりにしてしまいます。手口なんかにも特別な意味があるのでしょうか。


>昨年の長崎男児殺害事件は、7月1日に発生しています。
>それからまだ一年経たないうちに今度は佐世保で、6月1日です。

これでいくと、来年の5月1日は注目?「月」を見ると7、6、5と並びます。
詳しくは知りませんが、大本教系の宗教団体では「567」と書いて「ミロク」と
読ませているようです。「ミロクの世」というのは、この世の理想世界を指すようです。
それを、血塗られたものにしようとしている?
竹中さんのご指摘でそのようなことをふと思いました。
こんな事を書いたら私の書き込みの信頼性が余計なくなるかな。
でも、少し気になったので。何があるかわかりませんから。

>切り口がずいぶん大きいし、深い。こぶしが入るほど、ぱっくりと開いていたそうで、現場の警察官が驚くほどである。

こういう報道が、減りましたね。また別の報道によると、御手洗さんを椅子に座らせ、
片手で目隠ししながら、犯行に及んだということですね。でも、本当にそんなことができるのでしょうか。

どうやって御手洗さんにそんな状況になることを理解させたのでしょう。
なにかゲームでもやろうとでも、誘ったのか?
そして、なにより、右手一本で、カッターナイフで、小学校6年生の女の子が
いわれているような深い傷を負わせることができるのか。
私は、もちろん専門家ではないので正確なことはわかりませんが、
素人目には、11歳の普通の女の子にそんな芸当ができるとは到底考えられないです。

マスコミの報道で、加害少女の親御さんの言葉で気になったものがあります。
「彼女がノーと言えない性格だ」というものです。これは、警察の誘導尋問に
ノーといえない、ということなんだなと解釈しました。
また私は、彼女はたとえば自分が目撃した事実を語ったのだが、それをさも彼女の行為のように
発表しているんじゃないかと、疑っているのですが。
「私の血じゃない、私じゃない」という言葉の「私じゃない」の部分も、
「私はやっていない」といった意味で彼女がしゃべったのを、
このような形で記しているのだろうと考えています。


私などは、ほとんど冷やかしのようなもので、まじめな議論の邪魔になりそうな、非論理的で、証拠のない、あてずっぽうのような書き込みしかできませんので、
他力本願で無責任ではありますが皆さんがたの追及に期待しているのですが、
今回は、動機、目的などもはっきりせず、難しい事件なのでしょうか。

 次へ  前へ

日本の事件13掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。