★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 政治・選挙3 > 1061.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
欧州憲法:EU首脳会議 憲法草案を全会一致で採択 「毎日新聞」
http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/1061.html
投稿者 カムイ 日時 2004 年 6 月 19 日 14:17:17:9b7URA./SUFlc
 

(回答先: <EU首脳会議>ベルギーで開幕(各紙) 投稿者 エンセン 日時 2004 年 6 月 18 日 03:27:09)

欧州憲法:EU首脳会議 憲法草案を全会一致で採択

 【ブリュッセル福原直樹、小松浩】欧州の「国家」としての骨組みとなる欧州憲法の交渉を行っていた欧州連合(EU)は18日、首脳会議で憲法草案を全会一致で採択した。
将来、加盟国が約30カ国に拡大するEUは、この史上初の多国間憲法を基に、より緊密な国家統合を目指す。しかし、憲法発効には加盟25カ国の批准が必要で、英国など約10カ国が国民投票を予定しているため、発効までには、なお曲折があると見られる。

 憲法は約450条で、「言語、文化など多様性の中での団結」をモットーに、前文で自由、平等、人道主義を唱導。本文でEU「市民」の人権を規定したほか、EU「国歌」にベートーベンの「歓喜の歌」、「国旗」には青地に金色の星の現在のEU旗を採択。またEU大統領、外相を創設し、より「国家」に近い姿を目指した。

 一方、憲法はより緊密な共同防衛、共通外交を求め、特に防衛面ではEU内の軍事大国が協力関係を作り、困難な任務に率先して当たることも規定。また加盟国がテロ攻撃を受けた際は、他国が援助する「連帯条項」も設けた。

 憲法草案は02年2月、EUの諮問会議(議長・ジスカールデスタン仏元大統領)が起草を始め、昨年6月に完成。
だが03年10月以降の採択交渉では、一部の政策分野で(1)賛成国数の比率(2)賛成国の人口総数のEU全体に占める比率−−の2条件により決定を行う「二重多数決方式」を巡り、影響力の確保を目指す大国と中小国が対立、交渉が難航した。

 さらに17日からの首脳会議では、英国が外交・安保、税金などに関するEU決定に対し「各国が拒否権を持つべきだ」と主張。
また独がEUの「内閣」に当たる欧州委員会の加盟国への財政監督権の緩和を求めたほか、▽欧州委の委員数▽キリスト教の伝統を示す文言の挿入−−などで最後まで意見が分かれた。

 だが最終的には、二重多数決の条件を厳しくして、大国の票だけでは可決できないようにするなど、小国に配慮。英国や独の要求もほぼ認める修正を行い、妥結した。
また会議参加者によると「キリスト教の文言」挿入を求めたポーランドに配慮、同国の「宣言」の形で付随文書にすることも考慮されている。

 今年5月に中・東欧など10カ国を新メンバーに迎えた拡大EUの人口は約4億5000万人。欧州憲法はさらなる統合の基盤となる。

 採択後、議長国アイルランドのアハーン首相は「今回は加盟各国に合意の意志があった。4億5000万の市民を抱えるEUの未来に偉大な業績だ」と満足感を示した。

毎日新聞 2004年6月19日 11時57分

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040619k0000e030045000c.html

-------------------------------------------------------------------------------
エンセンさん、どうもです。
よく調べもせずに安易な疑問を投げかけてしまい、申し訳ありませんでした。
『「キリスト教の文言」挿入を求めたポーランドに配慮、同国の「宣言」の形で付随文書にすることも考慮されている。』という無難な決着になりそうですね。
「憲法」という表の世界の問題に、ローマ法王庁がゴリ押しをしている姿に少しひっかかったのでした。

 次へ  前へ

政治・選挙3掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。