★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 政治・選挙3 > 731.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
『勤務実体の無い者に対する給与支給』について考えてみました。
http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/731.html
投稿者 ODA ウォッチャーズ 日時 2004 年 5 月 30 日 04:30:00:ilU7eLmFtsv5I
 


  次の素材から、ポイントを抽出して、『勤務実体の無い者に対する給与支給』という『典型的詭弁』について考察しました。

 (論点)

給与と贈与は異なる!

『給与』とは、労働の対価である。労働の形態は多種多様であるが、少なくとも、一定の成果を物理的・定性的に具体的に示すか、或いは、一定の時間の拘束によって実体を表示する必要がある。給与とは、金銭と労働との等価関係に基づく契約によって支払われるもので、交換概念の一種であり、一方的な贈与行為とは形式をことにする概念である。

 以下、次に詳述:http://blog.melma.com/00112192/20040529053603

(素材)

首相の道義的責任追及へ 野党各党が強く反発
 野党各党は28日、小泉純一郎首相が不動産会社社員として厚生年金に加入していた1970年から約4年半の勤務実績に関して答弁を二転三転させたことに反発し、今後も厳しく追及する考えを強調した。
 この日午前の参院本会議でも、民主党の平野達男議員がこの問題を取り上げ、首相の姿勢を批判した。しかし首相は「社長は『あんたの仕事は選挙で当選することだ』と。人情味が厚く見返りを期待しない、いい方だった」などと繰り返し、はぐらかした。
 これに対し、民主党の藤井裕久幹事長は記者会見で「これはちゃかした話ではない。極めておかしい」とかみつき、「厚生年金加入者の本質に反するのではないか」と強調した。
 もっとも、事業主が出勤しなくても「会社のためになる」として雇用契約を結んだ場合は「厚生年金加入も問題はない」というのが社会保険庁の見解。これが首相の強気答弁の支えにもなっているが、藤井氏は「政治家というのは潔癖であるべきだ。世の中の人は裁判所の法律問題とは見ていない」と、道義的責任を指摘した。

(素材からのポイントの摘出)

1.(小泉)首相は「社長は『あんたの仕事は選挙で当選することだ』と。人情味が厚く見返りを期待しない、いい方だった」
2.事業主が出勤しなくても「会社のためになる」として雇用契約を結んだ場合は「厚生年金加入も問題はない」というのが社会保険庁の見解。

 次へ  前へ

政治・選挙3掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。