★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 政治・選挙3 > 931.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
憲法論争の不毛と危険
http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/931.html
投稿者 ODA ウォッチャーズ 日時 2004 年 6 月 14 日 02:25:52:ilU7eLmFtsv5I
 

憲法について、危機を唱える人がいるが、その理由を具体的に分かりやすく語っている人がすくないのでは、という指摘があった。
勉強しない人間が、分かりやすく教えてほしい、と言うのも、確かに問題だが、知ったかぶりで危機だけ煽るのも、或いは、長い間そのままだから憲法改正しても良い、なんて主張も、どちらも、もっと問題だと思う。
まず、憲法とは何か。これは、日本国憲法の場合、日本の敗戦を抜きに語っては意味がない。日本は無謀な戦争をした。そして米国が占領した。戦争は国家の犯罪であるから、巣鴨に戦争犯罪人が留置された。岸信介、安倍幹事長の祖父も投獄された。
米国は、徹底的な民主化と戦争放棄が、日本の戦争犯罪に対する正当な処分と考えた。それと、戦犯のパージである。平和憲法も、民主的な教育の基本も、そこで形成された。
ところが、米国内部に権力闘争が表面化した。朝鮮動乱によって、それは、日本の戦後統治に強い影響を与えた。一人の、米国ジャーナリストは、岸を巣鴨から開放した。佐藤栄作は、弟として、岸を巣鴨に出迎えた。この米国の一部の勢力は、『徹底的な民主化、戦争放棄・平和主義、戦犯のパージ』に急速にブレーキをかけ、『日本をアメリカの属国、戦争への加担、戦犯の一部の再利用』に取り組みだした。その首魁が、岸信介であり、その系譜が、『清和会』、岸、福田、安倍、森、小泉の系譜である。彼らもまた、『遅れてきた青年』であって、既に、徹底的な民主化を標榜し、非武装・平和主義を基本とする憲法が、制定後に、これの巻き返しを求めて結成された集団なのである。

 以下、次を参照。
 
  http://blog.melma.com/00112192/20040612232148

 次へ  前へ

政治・選挙3掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。