★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争50 > 500.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク:占領軍とシーア派一部住民衝突で対立激化へ [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0403/war50/msg/500.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 4 月 05 日 02:06:45:Mo7ApAlflbQ6s
 


 【バグダッド福島良典】イラクのイスラム教シーア派反米指導者ムクタダ・サドル師の支持者が4日、駐留スペイン軍部隊などと衝突し、死傷者が多数出たことで、占領軍とシーア派一部住民との対立は今後、激しさを増しそうだ。旧フセイン政権残党やテロリストの摘発に重点を置いてきた占領当局は、今夏の主権移譲を控え、反米闘争を先鋭化させているシーア派急進派の封じ込めを迫られることにもなる。

 昨夏以降、駐留米軍やイラク警察、外国人などを標的とする攻撃、テロを強行してきたのは(1)旧政権の治安機関残党(2)国際テロ組織アルカイダ系グループ(3)イスラム原理主義のワッハーブ派――だったとされる。旧政権に抑圧されてきたシーア派住民のデモ隊と占領軍との間の大規模衝突はこれまでほとんどなかった。

 ムクタダ・サドル師陣営の反米感情の沸騰は、米英占領当局(CPA)が先月28日、系列週刊紙アル・ハウザの事務所を米軍攻撃扇動などを理由に60日間の閉鎖処分にしたことがきっかけ。さらに、今月3日にはナジャフで同師側近のムスタファ・ヤクビ師がスペイン軍に拘束されたとの情報が流れ、支持者の反発を招いた。

 シーア派の最高権威アリ・シスタニ師が早期選挙の要求や暫定憲法「イラク基本法」批判を掲げ政治闘争を展開しているのに対し、サドル師側近は支持者に対米攻撃の準備を指示。バグダッドでは3日、一部支持者が走行中の米軍戦車の前に身を投じる捨て身の戦術を取り始めていた。

 サドル師はシーア派の宗教権威とは見なされていないが、独自に民兵を組織。駐留米軍や占領当局に対する住民の反発を吸収し、低所得若年層を中心に急速に勢力を拡大している。4日の流血の事態を受けて同師の支持者らが反米行動を拡大させるのは必至で、イラクに新たな緊張が走っている。

[毎日新聞4月4日] ( 2004-04-04-23:36 )


http://www.mainichi.co.jp/news/flash/kokusai/20040405k0000m030085000c.html

 次へ  前へ

戦争50掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。