★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争50 > 716.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク:衝突激化に周辺国が自国内へ影響懸念 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0403/war50/msg/716.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 4 月 07 日 16:49:13:Mo7ApAlflbQ6s
 


 【バグダッド小倉孝保】イラクのイスラム教シーア派反米指導者、ムクタダ・サドル師と占領軍の衝突が激化する中、クウェートやヨルダンなど周辺国はイラクの混乱が自国内に影響することに強い懸念を強めている。

 クウェートのサバハ首相は5日、国会内で記者団に「もしも、戦闘が激化すれば、我々や我々の国も焼け焦がすことになる」と語り、イラクの混乱がクウェート国内の治安悪化につながるとの見方を示した。クウェートは出稼ぎ労働者などを除く国民約90万人の3分の1がシーア派とされる。首相の発言は、国内のシーア派の怒りがスンニ派や政権、駐留米軍に向くのを警戒したものとみられる。

 また、ヨルダンは5日、イラク国境を閉鎖した。外交筋によると、イラクの混乱でイラク人が大量にヨルダン内に流れ込むのを警戒した措置。一時的なものとみられるが、ヨルダンがイラクの治安に強い懸念を抱いているのは確実だ。

 一方、バーレーンは国民の70%がシーア派住民で、90年代にスンニ派中心の政権に対して反政府運動を繰り広げてきた歴史がある。国内で現在、シーア派の暴動などは発生していないが、バーレーンのジャーナリストは「シーア派住民は常に自分たちの生活に不満を持っている。イラクの状況が国内の治安悪化を招かないか政府は注意しているはずだ」と語った。

 イラク問題に詳しいエジプト人ジャーナリスト、サイード・ナッサール氏は「サウジアラビアやバーレーンなどペルシャ湾岸諸国はどこもシーア派グループを抱えている。シーア派住民がイラクの情勢に影響されることを政府は怖がっているはずだ。この地域が不安定化するのは間違いない」と分析している。

毎日新聞 2004年4月7日 12時32分

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20040407k0000e030048000c.html

 次へ  前へ

戦争50掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。