★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争51 > 542.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「意味の戦争」象徴は米「民間人」vsサドル「私兵」の極端差別
http://www.asyura2.com/0403/war51/msg/542.html
投稿者 木村愛二 日時 2004 年 4 月 11 日 22:24:12:CjMHiEP28ibKM
 

誘拐事件で投稿遅れ、号数も重複で、753b号とした。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※※※※※

『亜空間通信』753b号(2004/04/09)
【イラク「意味の戦争」象徴は米「民間人」vsサドル「私兵」の極端差別「財界紙」
日経5/8報道】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!
 
 昨日(2004/04/08)、午前9時、電網調査と若干の発信を終えて、少し遅めの朝食の
向こう側に、自宅で取っている唯一の日刊新聞、日経の朝刊を広げ、1面の「米軍、
モスクを攻撃」から辿って、8面から9面に続く見開きのイラク関係記事を拾い読みす
ると、こりゃ何じゃ、わが脳味噌は、一瞬にして、あの懐かしい瓢箪型のコーヒー沸
かしに化け、カっと頭に血が沸騰して登り詰めた。
 
 サダム「崩壊」以後のイラクでは最大の「反米」反乱に関して、その発端の一つを、
「米民間人」の殺害とし、もう一つの発端のサドル機関紙発禁、逮捕の脅しに決起し
たイラク人の決死の部隊を、「サドル私兵」と表現しているのである。
 
 早速、日経の読者応答センターに電話をしたら、出たのが、あくまでもも声だけに
よる判断だが)若い女性だったので、少し困ったが、それでも厳しく叱責しておいた。
 
 日経そのものが、4月2日、8面の記事では、「米民間人も標的」の見出しながらも、
「ファルージャで殺害された四人は元米特殊部隊のメンバー」と報じていたので、そ
の点は評価してやったのだが、一週間も過ぎない内に、単なる「民間人」とは何事か。
 
 もしかすると、上層部からの圧力が加わったのかもしれない。もともと、財界紙と
して位置付けられている新聞なのだから、期待する方が無理なのである。
 
 こういう言葉遣いも、重要な心理戦争、Semantics War、意味の戦争、意味論の戦
争、語義論の戦争なのである。
 
 しかし、昨日は、3人の日本の若者が、「聖戦士の集団」と名乗る集団に拘禁され、
テレヴィ映像も流れるという大騒ぎになったので、この件は、一晩、お休みとなった
のである。

 以上。

≪≪≪BCC方式配信・重複失礼・会員以外にも配信・迷惑なら一報ください≫≫
************************************
 ≪≪≪≪≪木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長≫≫≫≫
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
電網宝庫(ホームページ:→)http://www.jca.apc.org/~altmedka/
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
************************************
 ≪≪≪≪≪≪≪木村愛二作品の本とヴィデオを電網宝庫で販売中≫≫≫≫≫
電網木村書店(→)http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
電網速報『亜空間通信』(2001.09.01.創刊 2004.04.09.現在、753号発行済)
定期購読受付中・2002.12.1.より木村書店宣伝媒体に位置付け無料配布に変更。
 ≪この電子手紙の配信の申し込みはこちらへ(→)altmedka@jca.apc.org≫

 次へ  前へ

戦争51掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。