★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争51 > 620.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク人質事件(メディア情報):「人質解放」宣言後の日本政府・メディアの対応とその後の事態急変−−上記より抜粋
http://www.asyura2.com/0403/war51/msg/620.html
投稿者 竹中半兵衛 日時 2004 年 4 月 12 日 05:34:01:0iYhrg5rK5QpI
 

(回答先: 投稿者 竹中半兵衛 日時 2004 年 4 月 12 日 05:28:28)

"田中伸一郎" さんより

イラク人質事件(メディア情報):
「人質解放」宣言後の日本政府・メディアの対応と、
その後の事態急変(解放撤回?!)

 ムジャヒディンによる人質解放声明後の日本メディアの報道、日本政府
の態度、そしてそれを受けての事態急変をまとめました。
(重複送信ご容赦ください。転載歓迎です。)
すごく長くてごめんなさい。。。

@日本政府の態度
(1)川口外相声明
(2)安倍幹事長発言「自衛隊の海外活動見直すとき」 

A人質解放宣言後の日本メディアの報道傾向の急変

B、@・A後の事態急変! 人質解放撤回か?!
(1)川口外相の発言にムジャヒディン激怒
(2)事態急変?「撤退なければ処刑」←12日午前1時
  のNHKニュースでは一言も触れられていません!
  A.読売新聞WEB
  B.毎日新聞WEB
  C.海外メディア
  
(以下おまけ)
C政府対応についての各メディア・ネット上アンケート
 についての新たな情報
(1)TBSラジオ・バトルトーク
(2)共同通信社の電話世論調査 政府方針「不支持」上回る

Dイスラエルからの新たな報道情報

E人質事件に関する日米政府による今後の陰謀の可能性
 (最悪の事態のあくまで「可能性」)

***************************************************************
       
@日本政府の態度

(1)川口外相の声明
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/16/rls_0410a.html

「イラクで日本人3人を人質にしているサラーヤ・アル・ムジャヒディ
ーンのメンバーへ。

私は日本の外務大臣の川口順子です。日本国民全体が3人の人質
が一刻も早く解放されることを待ち望んでいます。あなた方が人質に
している3人は、純粋の民間人で、イラクの友人です。高遠菜穂子さ
んは、たびたびイラクを訪れ、子供たちの医療と教育に取り組んでき
た方です。今井紀明さんは、何年も前から、イラクの人々の戦争被
害の問題に取り組んできました。郡山総一郎さんはイラクの人々の
生活を日本に伝えてきたフリージャーナリストです。その3人を人質
にしたことについて、日本の国民は驚きと怒りを感じています。

日本の国民は、イラクの人々に敬意と友情を持っています。日本は、
長年病院や学校の建設などで積極的に協力してきました。今も、多
額の資金と人員をもってイラクの復興に取り組んでいます。我が国
の自衛隊もこのために派遣されているのです。

私たち日本の国民は、3人の人質が一刻も早く安全に解放されるこ
とを強く求めています。」

(2)安倍幹事長発言「自衛隊の海外活動見直すとき」 
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040412k0000m010032000c.html

自民党の安倍晋三幹事長は11日のフジテレビの報道番組で、
イラク邦人人質事件に関連して「(憲法が禁止していると解釈されている)
自衛隊による海外での邦人救出を可能にしなければならない。
邦人の救出はいわゆる武力行使とは違う」と述べ、
自衛隊の海外での活動のあり方を見直すべきだとの考えを示した。
安倍氏は「集団的自衛権の行使ができず、(救出行為も)海外での
武力行使と言ってひとまとめにする現在の憲法解釈が、自衛隊の海外での
活動を阻害している。解釈自体がおかしい」と述べ、
解釈変更の必要性を強調した。


A人質解放宣言後の日本メディアの報道傾向の急変

  午後5時以降のニュースや報道では、 「撤退しなくて良かった」
「政府の対応は正しかった」といったコメントを述べる人 間を出演者
として次々に発言させています。
  被害者家族が一致して「撤退を求める」「政府の対応はおかしい。
何もしていない」 というコメントを出していましたが、その真っ最中には
まさか「政府対応は正しい」などと真っ向から言う人間はそういません。
 したがって、事態が解決に向かったと思われたこの瞬間を狙って、
そういった発言が多用されているのかもしれません。
 特にNHKは7時のニュースで「財団法人 公共政策調査会 
板橋 功」という人物を出演させ「日本政府の対応は正しかった
テロリストには毅然とした態度を取ることは 国際標準であり、
テロリストに譲歩することは世界中やっていない」という趣旨のこ と
を述べました。
 しかし交渉の経過の中で事実上武装集団と取引をしたなどという
事例はいくらでもあります。
ダッカ事件があまりにも有名でかつ世界注視の中で取引をしたのでい
かにも日本だけがテロと取引をした国のごとく報道されているようですが、
米国もなんども人質事件では交渉をしています。 
 いまも米国は「取引」に応じ、ファルージャから撤退を決めました。
これは交渉の結果です。

B、@・A後の事態急変

(1)川口外相(@に掲載)の発言にムジャヒディン激怒

<緊急声明 グローバル・ウオッチ(パリ)より>

日本政府へ、そして反戦市民、団体すべてへ

アルジャジャーラにたいする川口外相の声明、外務省報道官の声明
は、拉致グループを激怒させるに充分です。

わたしたち、グローバル・ウオッチはバグダッド経由の警告を受け
取りました。

(パリ時間正午12時15分)

これ以上、日本政府が自衛隊派兵の正当性を主張し、米軍と組んで
イラク民衆を攻撃しようとするなら、人質解放の扉は閉ざされる危
険性があるだろう、との警告です。

私たちは、日本政府がいっさいの無意味なアジテーションをやめ、
今回の人質解放に繋がる道を開いたのは、政府の努力ではなく市民
たちのネットワークであることを素直に認めるべきである。拉致グ
ループを含め、イラク民衆が望んでいるのは、あらゆる外国の軍隊
のプレザンスの退去であり、占領の早期終結です。

以上のことが尊重されないなら、拉致された日本人の生命に万が一
のことが起こった場合のあらゆる責任は日本政府にあると判断され
ても仕方がないでしょう。

グローバル・ウォッチ/パリ
コリン・コバヤシ

(2)事態急変?「撤退なければ処刑」←12日1時のNHKニュースでは
                        一言も触れられていません!

A.読売新聞WEBより

【バグダッド=岡本道郎】カタールの衛星テレビ「アル・ジャジーラ」は11日夕
(日本時間同日夜)、イラクでの日本人人質事件を起こした武装グループが、同グ
ループと接触した人物に対し、自衛隊がイラクから撤退しなければ、人質を順次殺害
するなどと通告したと報じた。

 だが、報道内容の真偽は不明で、日本政府は慎重に分析を進めている。

 この人物は、イラク中部の有力部族ドレイミ族の一員で、「イラク人権擁護委員
会」の責任者を務めるメズハル・ドレイミ氏。

 同氏がアル・ジャジーラの記者にバグダッドで語ったところによると、武装グルー
プは、<1>逢沢一郎外務副大臣がファルージャを訪問して「米軍による虐殺と集団
墓地の現場」を視察すること<2>日本政府がイラク国民に対して公式に謝罪するこ
と<3>自衛隊がイラクから撤退すること――の3項目を要求。これらすべてが満た
されなければ、24時間後に人質のうちの1人を殺し、さらに12時間後に残る2人
を殺害する、などと脅迫したという。(読売新聞)
[4月11日23時44分更新]

B.毎日新聞WEB
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/hitojichi/news/20040412k0000m030076000c.html
  
C.海外メディアより
 
【IRAQ HOSTAGES TOLD: YOU DIE TODAY】
(Sunday Mirror 11th April)
http://www.sundaymirror.co.uk/news/news/tm_objectid=14136871
&method=full&siteid=106694&headline=iraq-hostages-told--you-
die-today-name_page.html
 Tiny版URL→ http://tinyurl.com/22khx


 自衛隊が撤退しないことを決意させるためにチェイニー副大統領
が日本に行った、と記事では書かれています。川口のビデオメッ
セージは被害者家族をパニックにし、小泉の態度は「あきらめてく
ださい」と言っているようだったともかかれてあります。(日本政
府の対応が成功したなんて思っている海外メディアはあるんだろう
か?)たくさんの外国人が誘拐の対象となっており、医療関係者が
殺害されたことも昨日明らかにされたとしています。ファルージャ
の停戦署名後も戦闘は続いている、と。

C政府対応についての各メディア・ネット上アンケート
 についての新たな情報

(1)TBSラジオ・バトルトークのアンケート
  http://www.tbs.co.jp/ac/bt/index.htm

 政府の非撤退方針支持意見を圧倒的に多く掲載していたTBSバトルトーク
のアンケートについて情報を得ました。
 スタッフが、テーマの内容に合っているかどうかをチェックしているようです。
 また、意見の書き込みは自動更新という内容を取っていなくて、スタッフの方が手
動で更新しているようです。自動更新されないので報道側の恣意的な取捨選択が
やはり可能であったようです。しかも複数回投稿可・・・大量に動員されて書かれた
可能性を指摘する意見もいただきました。

(2)共同通信社の電話世論調査では政府方針不支持がわずかに上回る
  首相責任については80%が「ある」と回答(AOLニュースより)

 共同通信社が9、10両日に実施した全国緊急電話世論調査によると
、イラク日本人人質事件で政府が犯行グループの要求した自衛隊撤退に応じない方針

表明したことに対して、「支持しない」と答えた人が45・2%で、
「支持する」の43・5%をわずかに上回った。
 イラクで日本人の死傷者が出るなど不測の事態が起きた場合の小泉純一郎首相の
政治責任については、80%以上の人が責任があると答えており、
事件の展開次第では首相は厳しい立場に立たされそうだ。
 内閣支持率は3月の前回調査に比べ3・0ポイント減の48・4%で50%を下回
り、
不支持率は2・6ポイント増の39・3%。人質事件が影響したとみられる。
 日本人に死傷者が出た場合は36・0%が首相は退陣すべきだと答えた。
(中略)
 イラクへの自衛隊派遣には、反対が45・8%で賛成45・0%をわずかに上回っ
た。


Dイスラエルからの新たな報道情報
 *私の友人からです

日本時間日曜日朝5時半頃が最初だと思いますが、アル・ジャジーらのテロップ
で「日本の外務省は、人質はイラク人民にシンパシーを抱いており、彼らのため
に働いていた、と声明を出した」というのが流れました。外務省というのは情報
の混乱で、中村聡志さんらの「人質犯への手紙」などの市民の取り組みがあちこ
ちでつながった結果なのかなと思いました。

しかし相変わらず、小泉が「テロリストの要求は受け付けないと言った」という
のも繰り返し流れていました。テロリストったって、占領に抵抗して正当な要求
をしているだけで、彼らの立場もやっていることも、わからない段階です。いく
ら体制側の言葉遣いにしてもうかつすぎる。

アル・ジャジーラの在イラクのレポーター(確認できなかったがイラク人でしょ
う)は、私の聞き間違いでなければ、人質作戦の採用を嬉しい、と言っていまし
た。「確かに犯罪だ。しかし暴力によるのではなく、正当な要求をするのは効果
的だ」と。正当な要求が受け入れられた暁には、人質にたくさんのみやげ物を持
たせて解放したという、昔の故事まで引いていました。

人質作戦が日本政府に対して効果的であるかどうかはともかく、誘拐という手段
そのものの受け止め方は日本とは違い、正当な要求を行うひとつの手段です。殺
人が目的なのではないのですから、まず彼らの要求に対して聞く耳を持ち、交渉
する意思を見せること。そもそも自衛隊のプレゼンスそのものが間違っているの
ですから、これは「政治ゲーム」などではなく、日本政府が自らの政策を反省す
る機会があたえられたと見るべきです。

それにしてもテレビで見せ付けられたイラクでの被害。アルジャジーラでは昨日
(土曜)の死者をとりあえずわかっただけで22人が死んでおり、そのうち5人
が子どもだと言っていました。死者の数だけでなく、負傷者の多さと、彼らを手
当てする病院の劣悪さです。すでに病院はいっぱいで、リポーターは代替病院と
いう言葉を使っていました。さらに代替墓地。ファルージャではもともとあった
大きな墓地がいっぱいになり、あたらしい場所を墓地としていましたが、「まだ
まだ足りない」と。「子ども3人」とだけ書かれた墓もありました。

日本人の誘拐と解放については国際メディアでもそれなりに時間を割いているの
に(日本のメディアの状態は推して知るべし)東エルサレムのアラブ人に関する
情報は限られています。

人質の家族は、彼らはイスラエルのパスポートを持ってはいるが、イスラエル当
局とは実質的に何の関係もなく、パレスチナオーソリティーを頼りにするしかあ
りません。PAは彼らを解放するように声明をだしたが、実際にはイスラエル・ア
ラブを解放するための何の外交力も持っていません。在イラクのパレスチナ外交
官の多くは、アメリカの管理する刑務所に入れられ、彼らの解放も実現されてい
ない、と(今日のハアレツ紙より)。パレスチナ人ということで、イスラエル国
内の世論の関心も低いでしょう。

もともと反派兵の運動をやっていた人たちの声はともかく、「日本人の人質を助
けて」という声の中にはうんざりさせるような「邦人救出」の論理もあったこと
は事実で、「助けてくれる政府」を持たない東エルサレムのパレスチナ人の立場
が浮き彫りにされます。

E人質事件に関する日米政府による今後の陰謀の可能性

 多くの方が日米政府がムジャヒディンを殺害する可能性を憂慮なさっている
ようですが、以下はあくまでも可能性として最悪の事態を知人と話したものです。
 簡潔に言えば、CIAが武装勢力と人質もろとも皆殺しにするというのが
最悪の事態かと考えられます。テレビでも読み上げられたムジャヒディンの声明
は、日本政府の対応と比較してあまりにも器量の大きさを見せるものとなっていま
す。
このままムジャヒディンが声明通り人質を解放すれば、それはますます明白に。
ここで、人質もろとも殺してしまえば、武装勢力が人質を殺したことにできます。
 「人質解放」撤回についての報道も、ひょtっとするとその前段としての
日米政府による情報操作なのか?と勘繰ってしまいます。
ちょっと妄想しすぎかと思われるかもしれませんが、
私なりに最悪の「可能性」を想定してみました。

 次へ  前へ

戦争51掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。