★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争52 > 577.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
米大統領会見 強靱な信念で難局打開を(産経新聞・主張) ― 米兵80人の死を書きながら、イラク人800人の死者は無視
http://www.asyura2.com/0403/war52/msg/577.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 4 月 15 日 06:55:48:eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.sankei.co.jp/news/editoria.htm

イラク復興を目指す国際社会にとり、いまが試練の時である。ブッシュ米大統領が苦境の中で、米兵増派による態勢立て直しの強い意思を示したことを評価する。

 イラク内の激しい戦闘により、四月だけで米兵八十人以上の死者が出た。「戦時の大統領」ブッシュ氏には、戦死者への鎮魂と政治信念との狭間(はざま)で苦悩の日々であろうと推察する。しかし、テロと戦う政治指導者には、強靱(きょうじん)な精神と間断のない行動が求められる。

 大統領は「必要な兵力はいつでも送る」と述べ、現地司令官の追加投入への要請に応じる意向を示した。その意味で、大統領の言葉は、静かな口調ながら揺るぎない姿勢を国民に語りかけたと判断できる。

 現地から伝えられる戦闘場面の映像は、局所が拡大されてイラク全体が騒乱状態にあるように錯覚させる。しかし、実情は内戦でも民衆蜂起でもない。大統領が指摘するように、イラクの大半は安定している。従って、反戦論者のいう「ベトナム化」「レバノン化」などの扇動には惑わされまい。

 とりわけ、イラク情勢をすべて「民衆の抵抗と鎮圧する占領軍の衝突」という対立軸で図式化することは誤りである。

 イラク中部のファルージャの衝突は、米軍によるスンニ派中心の旧フセイン残存勢力と、そこに巣くう外国テロリストに対する掃討作戦だ。この地域で、日本人を含む外国の民間人が相次いで誘拐されているのも、米軍の掃討に追い込まれた武装勢力の焦りの証明である。しかし、多数派の南部シーア派地域の動向は、スンニ派と違ってもっと宗教色が強い。シーア派内の強硬派のサドル師が騒乱を起こしたが、ようやく沈静化した。

 反テロで足並みをそろえるため、小泉純一郎首相が誘拐犯の求める自衛隊の撤退を拒否したことは適正な判断である。同じ条件のイタリアのベルルスコーニ首相による「軍の撤退は問題外」との表明にも敬意を表する。

 ブッシュ大統領はイラク人への主権移譲を六月末までに完了することが、米国の信頼回復につながると語った。さらに、米国がイラク復興、テロとの戦いのために各国との協調に回帰しようとしていることを歓迎したい。

 次へ  前へ

戦争52掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。