★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争53 > 811.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ニューヨーク・タイムス「日本人人質、イラクでの拘束から解放されるも、更なる苦悩が」
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/811.html
投稿者 揚げ豆腐 日時 2004 年 4 月 24 日 01:22:08:SkBzpQIUQ6ys.
 

[元記事]
http://www.nytimes.com/2004/04/23/international/asia/23JAPA.html


[拙訳]
日本人人質、イラクでの拘束から解放されるも、更なる苦悩が

By NORIMITSU ONISHI
Published: April 23, 2004

東京 4月22日−イラクで人質に取られていた若い日本の民間人が今週帰国した。しかし、待っていたのは黄色いリボンに包まれた暖かさではなく、非難する国の冷たい視線だった。

バグダードの通りでストリートチルドレンの援助をしていた女性を含む3人は、ナイフを振り回して彼らの喉を切り裂くと脅す誘拐者とともに、2週間前テレビに現れた。解放後、数日たった日曜日に、日本独特の嵐のただなかに着陸した。

空港では「自業自得」と手書きされたプラカードが掲げられた。元人質のウェブサイトに「お前達は日本の恥だ」と書き込んだ者もいる。彼らは皆に「迷惑をかけた」。政府も、負けじとばかり航空運賃として、6000ドルを元人質に請求すると発表した。

日本の極端に洗練された都市の表面下に、この島国を何世紀にも渡って支配してきた階層的な関係があり、それは危機に際して、いつも現れ、再び力を振るう。元人質の罪は、政府のイラクへの渡航自粛勧告を無視したことである。しかし、縦社会 − 自らは無階級社会であると信じたがっているが − における罪は、人々が「お上」と呼ぶ
「上位者」に刃向かったことである。

罪人のように扱われ、3人の元人質は身を隠し、実質的に自宅に監禁された囚人になってしまった。誘拐された女性、高遠菜穂子は、最後に目撃されたのは両親の家で、打ちひしがれ、精神安定剤のため朦朧とし、両脇の親戚に助けられて、歩き、そして国への最後の謝罪として記者達の前で深々と頭を下げた。

3人の元人質を、帰国後2回に渡り診察した精神科医の斉藤学医師は、彼らが受けているストレスは、イラクで捕われていた間に経験したものよりも「ずっとひどいものだ」と語った。最も緊張した時を3つ挙げるように医師に言われて、緊張が軽かった順に、バグダードへ向う途中に誘拐された瞬間、ナイフを突きつけられた時、そして最後が、帰国後の朝、テレビ番組を見て日本中が彼らに対して怒っていることがわかった時、と答えた。

斉藤医師は、木曜日に彼のクリニックで行われたインタビューで、「10分間続いたナイフによる脅かしのストレスの度合いを10とすると、帰国後、朝のニュースショーを見た時のストレスは12だ。」と語った。

怒っている日本人にとって、最初の3人の人質(イラクのストリートチルドレンを援助するNPOを立ち上げた高遠菜穂子(34)、フリーの写真家である郡山総一郎(32)、劣化ウラン弾問題に関心を持つフリーライターの今井紀明(18))は、身勝手な行為をしたと映る。この3人とは別に誘拐され、その後解放された他の二人 − フリーのジャーナリスト安田純平(30)と反戦グループのメンバー渡辺修孝(36)− も、同様に有罪である。

政府に反抗することにより個人的な目標を追及して、日本国に迷惑をかけたことは、断じて許されるべきでないとされた。しかし、解放された人質は、ある政府から公式の賞賛を受けた。それは、アメリカ合衆国である。

コーリン・パウエルは言う。「全ての人が、危険な地域に入っていくことのリスクを理解するべきだ。しかし、もし誰もすすんでリスクを取ろうとしなければ、我々は前へ進むことはできない。我々は、我々の世界を前進させることはできない。」

「だから、私は、これらの日本の市民が、より大きな善、よりよい目的のためにすすんで危険を冒したことをうれしく思う。そして日本の人々は、すすんでそのようなことをした市民がいたことをとても誇りに思うべきだ。」

それとは対照的に、福田康夫官房長官は、人質の苦境に対して「行かれる人は、自分の責任で行くということなのかもしれないが、どれだけの人に迷惑がかかるかということもある程度考えてもらいたい。」と語った。

批判は、最初の3人が2週間前に誘拐された後、すぐに始まった。小池百合子環境大臣は、彼らを「無謀だ」と非難した。

人質の家族達が、誘拐犯の要求に応じて550人の自衛隊員をイラク南部から撤退させるよう頼んだ後、嫌がらせの手紙、ファックスや電子メールが届き始めた。シャーリー・ジャクソンの小説「Lottery」に出てくる村人のように、日本人は、石を投げずにはいられなかった。

誘拐犯達が、3人の人質を生きながらに焼き殺すと脅していた時にさえ、竹内行夫外務事務次官は、3人について「安全、生命の問題であり自己責任の原則をあらためて考えてほしい。」と述べた。

今回は、多くの日本人に恐れと同時に反感を持たれている外務省が「お上」だった。外務官僚は、日本のスーパーエリートである一方、普通の日本人は、1941年にアメリカ合衆国へ宣戦布告状を期限内に伝えることができずに、永遠に日本が奇襲攻撃をする国として知られるようになってしまったことを思い出して、彼らを傲慢で役立たずだと考えている。

「お上」に刃向かっているのは、元人質や、フリーランサー、NPOメンバーのような若い日本人である。彼らは、所属する会社が大きければ、その人の社会的地位も高いとみなされる国において、社会的地位が低いと伝統的にみなされている。彼らは同時に、多くの人が伝統的な日本式の生き方を拒絶した世代に属している。これらの人の多くは、代わりに、マンハッタンのイースト・ビレッジのような場所に心引かれ、漠然とした何かを探している。

他の者は、イラクに行き、本当のことを伝えようとした。なぜなら、日本の大きなメディアは一般的に危険な地域を避けてきたからである。(彼らのほとんど全てが、先週、政府のチャーター機でイラクを離れた。その結果、第二次世界大戦後、最も重要な軍事派遣団は、報道メディアから基本的に無視されることとなった。)

安田氏 − 人質になった2番目のグループにいた彼も、イラクで拘束されていた時よりも帰ってきた時のストレスの方が、ずっと大きかったと語った − は、イラクでフリーランサーとして報道にたずさわるために、ある地方新聞の社員記者の職を辞した。

安田氏は、木曜夜のインタビューで次のように語った。「我々は、我々自身で、日本政府がイラクでしていることをチェックしなければならない。これは、日本の市民の側の責任だが、人々はまるで全てを政府に一任しているように思える。」

「お上」は、そのような反抗に激怒して反応した。何人かの政治家は、日本人が、危険な地域に行くことを禁止する法律を提案した。さらに多くの政治家が、人質の解放のために政府が負担した費用を、人質が支払うべきだと語った。

「これは検討に値する。」日本最大の日刊新聞である読売新聞は社説にこう書いた。「独善的なボランティアなどの無謀な行動に対する抑止効果はあるかもしれない。」

二人の解放された人質が、イラクに留まり、あるいは、イラクに戻って仕事を続けたいと語った時、小泉純一郎首相は、怒って「自覚というものを持ってもらいたい」「これだけ多くの政府の人たちが寝食を忘れて努力しているのに,なおかつそういうことを言うんですかね?」と語った。

このコメントは、アメリカ合衆国政府なら言いそうにないことを表明している。この国では、政府は、危険な地域へ行こうとする者に対して「自己責任」を大声で喧伝している。これは安全を確保したり、問題が起きた時の世話をするということについて、彼らは政府のいかなる助力も、期待するべきでないと言っているのと実質的に同じである。

この場合もやはり、この考えにあえて異を唱える日本の政治家はいない。

実際、小泉氏の人質事件への対処は、世論調査で肯定的な評価を得た。そして、この問題は、イラクの悪化する安全の状況と、戦争放棄を定めた日本国憲法により非戦闘地域に駐屯しなければならない建前の自衛隊の問題から注意をそらせた。

元人質達に対する日本の姿勢がどのようなものかがわかって、彼らは、激しいプレッシャーを感じていると、斉藤医師は語った。

彼によると、今井氏 − 18歳の元人質 − の血圧は高い値を示した。高遠氏の脈拍は、毎分120回を越え、激しく泣き出すという状態が続いている。斉藤医師が、あなたはイラクで良い仕事をしたんだよと言った時、彼女は泣きじゃくって、「でも、私は悪いことをしたんでしょ?」と言った。

火曜日に、高遠氏は、斉藤医師が処方した精神安定剤を飲み、ようやく東京を離れ、北海道にある生まれ故郷の町に戻った。報道によると、高遠氏は、実家に帰ることを怖がったそうだ。しかし、それは、彼女が日本に帰ることについて語ったのだとしてもおかしくない。「私は、早く家に帰りたい。けれど、帰るのが怖い。」

 次へ  前へ

戦争53掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。