★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争53 > 935.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク人質:3人の解放に立ち会ったイラク人通訳語る(Mainichi)ー講演会でのディアさん
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/935.html
投稿者 ああ、やっぱり 日時 2004 年 4 月 25 日 00:59:42:5/1orr4gevN/c
 

(回答先: 「平和望む心通じた」人質解放で奔走のイラク男性語る (Yomiuri) 投稿者 ああ、やっぱり 日時 2004 年 4 月 24 日 13:39:39)

イラク人質:3人の解放に立ち会ったイラク人通訳語る
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040425k0000m040088000c.html

NGO「日本・中東アフリカ文化経済交流会」の講演会が24日、東京都内で開かれ、イラク日本人人質事件で、高遠菜穂子さん(34)ら3人の解放に立ち会った日本在住のイラク人通訳、キデル・ディアさん(37)が「(3人を)弟や妹と思った。解放は在日イラク人みんなにとってうれしいこと」などと語った。

ディアさんは98年に来日し、今月7日に6年ぶりにバグダッド近郊の故郷に戻った。翌日、テレビで事件を知り、「日本人にたくさんお世話になった」と、宗教指導者らと面会するなど解放に向けて奔走したという。

3人が解放された15日については「3人がモスクに来た時、私の方がうれしかった。一生忘れられない瞬間」と振り返り、「日本のみなさんには(同じイラク人として)『大変申し訳ない』と伝えたい」と語った。

講演会では、サマワで活動する陸上自衛隊の通訳を約20日間務めたサラーハ・ムハンマドさん(30)が「自衛隊は他の駐留軍と違って、本気でイラクの復興に取り組んでいると感じた」などと話した。一方で「時間を長くかけて結果が出ないと、(住民は)がっかりする。それが少し心配だ」とも語った。【山下修毅】
毎日新聞 2004年4月24日 23時13分

 次へ  前へ

戦争53掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。