★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争55 > 585.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ラファ事件についてのレポート(ナブルス通信・5月22日号No.1) ― 長文のため分離して転載します。
http://www.asyura2.com/0403/war55/msg/585.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 5 月 22 日 13:22:01:eWn45SEFYZ1R.
 

こんにちわ。かなり長大な通信を送ります。連日送ることを迷ったり
もしましたが、これは送りたくて作りました。

読むのがつらい、時間がないというのもあると思います。気にしない
でとりあえず受け取っておいてください。

この号は送りたいことを全部、欲張って詰め込みました。雑な面もあ
ると思いますが、今のところ、明らかにしておきたいことを渾身の力
で(と言っても非力)集めました。深い怒りからそれは来ています。

1つずつの文章ごとにばらして転送してもらってもかまいません。
出典「ナブルス通信2004.5.22号」(URLも)と、明記をお願いします。

      ***以下、転送を歓迎します***

      ○○○ナブルス通信 2004.5.22号○○○
       *ラファ、5月の虐殺──嘘と犯罪*
        http://www.onweb.to/palestine/
        Information on Palestine

────────────────────────────────
◇contents◇

◇20日、ラファで起きたこと 編集部

◇◇嘘と犯罪◇◇
 
 ◇「家屋破壊はしていない」とイスラエル軍
  「ブルドーザーが希望をうち砕く」 クリス・マクグリール
 
 ◇屋上で殺されたアスマとアハマド姉弟のこと
  「証拠は遺体安置所にある──子どもたちの死」 マクグリール
 
 ◇19日のデモの列へのミサイル攻撃を巡って
  イスラエル軍いわく、「そんなつもりはなかった」 マーク

◇ラファについて 編集部

────────────────────────────────

◇ラファ、5月の虐殺──嘘と犯罪

イスラエル軍がラファから撤退を開始したと21日の午後、報道が入り
ました。もっとも、軍は「配置換え」と言っているだけです。大部隊は
いなくるようですが、少なからぬ数の部隊は残ります。

水も食料も底をついていた制圧下の地区は、これで最悪の危機的状況か
ら脱することができました。

ラファで行われていたことは、ほとんどすべてが戦争犯罪です。この3
日間に41人が殺されました。そのうち、14人が子どもです。負傷者の
数は200人くらい。壊された家屋の数はまだわかっていません。

しかし、イスラエル軍の報道官は、数々の違った情報を流しています。
中にはすぐに虚偽だとわかる稚拙なものも含まれています。

嘘を言わなければならないというのは、行ったことの犯罪性を認識して
いるということです。少なくとも米国政権やイスラエルの国民には隠し
ておきたいことなのだとも言えるでしょう。──その米国政権もイラク
での結婚式爆撃で、ごまかしや嘘をつきまくっているようですが。

20日に起きたことのまとめと、いくつかの「嘘」を検証したレポート
を送ります。[ナブルス通信]

────────────────────────────────
◇20日、ラファで起きたこと

・ミサイル攻撃が続く

・国連安保理でイスラエル非難決議が採択される。
米国が態度を変えて棄権したことで、拒否権が発動されないという異例
な事態になり、イスラエルに家屋破壊と現在の攻撃をやめ、国際人道法
を遵守することを求める決議が反対0で可決された。ラファでイスラエ
ル軍がしていることに対し、国際的な非難は高まる一方となった。

・しかし、攻撃は続けるとイスラエル
非難決議が採択されても、モファズ国防相らは軍事作戦を取りやめる気
はないと発言。ずっと包囲下に置かれていた地域以外にも、新たに侵攻
が始まる。ブラジル、サラーム地区に加えて、さらにギニア地区へ。

・国連の物資配給が止められる
UNRWAの学校に避難していた人たちに配給する必要最低の食料などを
保管していた倉庫へ、イスラエル軍がアクセスを許さず。包囲下にある
地域でも水、食料、赤ちゃんのミルクなどの欠乏が進行。危機的な状況
が深まる。UNRWA、国際赤十字などが交渉を始める。

・制圧下の地域から「人が家の中にいるまま、家屋破壊がなされてい
る」との情報がいくつも届く。UNRWAが緊急にプレスリリースを発
行。

────────────────────────────────
PCHR(パレスチナ人権センター)発表レポートより抜粋(概略)
5月20日
「ラファ、4日間で39人が殺される。攻撃が拡大」

・19日夜、イスラエル軍はサラーム、ブラジル両地区へも侵攻。戦車
からの無差別な砲撃に加え、アパッチヘリからも射撃をしているとの情
報。2軒の家が破壊された。

・20日午前1時、サラーム地区にアパッチヘリがミサイルを落とし、民
間人2人が殺され、最低2人が負傷。飛び散った遺体は付近の住民たち
が朝に集めた。

・20日午前1時半、アパッチヘリはブラジル地区にいたレジスタンスメ
ンバーにミサイルを発射。3人が殺された。救急車にも銃撃が行われ、
負傷者を救助できたのは、1時間後だった。

・ブラジル、サラーム両地区から逃れてきた人々によると、イスラエル
軍は警告なしに家屋破壊を開始し、家から逃げた人たちは戦車からの砲
撃、銃撃をかいくぐって避難をしなければならなかったという。3歳の
タメール・ユーニスは避難中に心臓発作を起こして死亡した。銃撃と砲
撃が激しく、この両地区に近づくことができないため、家屋破壊の詳細
を知ることができない。

・午前10時半、ジアード・ハッサンの家が破壊される。白旗を掲げて
避難をさせてくれと頼んだハッサンの家族にイスラエル軍は戦車から発
砲し、妻と3人の子どもたちを負傷させた。この家族を救出に向かった
救急車は、戦車とブルドーザーに囲まれた。イスラエル軍のショベル
カーは、運転手が中にいるまま、砂と瓦礫を救急車に盛り、救急車を身
動きできなくさせた。4時間後に土砂は取り除かれたが、車は大きく損
傷を受け、ハッサン一家を救出することもできなかった。

・午前11時、タルエッスルターン地区に住むジャマール・アワド(39)
はバルコニーで隣家から飲み水をもらおうとしているときに狙撃手に頭
部を撃たれ、即死した。

。他にムハンマド・ジャベール(27)が銃撃されて死亡。ラファのいろ
いろな地区で数人の負傷者が出ている。

────────────────────────────────
20日の出来事、証言の数々

【ミサイル攻撃を目撃した人】
「ヘリコプターが2発のミサイルを撃ったのを見たんだ。そのすぐ後に
2人の男性が『助けてくれ』と叫び声をあげているのを聞いた。彼らは
焼けただれていた。けれど、誰も何することもできなかった。戦車があ
たりに銃撃をしていたからだ」(マフムード・ジャルワン 20日の
AFPによる)

【水もミルクもない】 
「赤ちゃんのミルクはほとんど尽きてました。紙おむつもなくなった。
私たちは古い服を裂いて、おむつにしました。その上、水も朝にはなく
なったんです。」(通りの向かいにあるモスクで赤十字が緊急物資の配
給を始めていたが、激しい発砲によって行くことができなかったハリー
ル・シャグファ。9人の子どものいる父親 21日のAPによる)

「ハリール・アッサル(37)は家の屋上にある給水タンクに銃弾で開け
られた穴を修復していました。そのとき、撃たれて死んだのです。彼の
親戚2人も負傷しました」(21日のAPによる)

【外へ出たがる子どもたち】
「子どもたちは叫び声をあげて、『お父さん、お父さん、どこかに隠れ
たいよー』と泣きました。みんな、怖くてしょうがなかったのです。そ
んな状態が3日間続きました。また、外へでたがる子どもたちを毎日、
なだめるのが一苦労でした。みんな、新鮮な空気が吸いたかっただけな
んです」(ハリール・シャグファ 21日のAP)

「子どもたちはたくさんの質問を浴びせてきました。兵士たちに(攻撃
を)止めてと言ってくれというのです。『おじいちゃん、戦車のところ
に行って、止めてと言ってきて』私は子どもらに私が撃たれるんだよと
言いましたが、『おじいちゃんはすごい人だよ。撃てっこないよ』と子
どもたち。私は説明をしようとしましたが、子どもたちは小さすぎてわ
かることができないのです」(ハリール・シャグファの父 21日のAP)

 次へ  前へ

戦争55掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。