★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産36 > 460.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
三菱自労組が組合員支援へ スト資金を全額取り崩し生活費に18万円返還(産経新聞)
http://www.asyura2.com/0406/hasan36/msg/460.html
投稿者 愚民党 日時 2004 年 8 月 29 日 09:42:21:ogcGl0q1DMbpk
 



三菱自労組が組合員支援へ スト資金を全額取り崩し生活費に18万円返還

 経営再建中の三菱自動車の労働組合(水川敏秋委員長、約一万三千人)は、ストライキに備えて組合員から集め、積み立ててきた「生活闘争資金」(残高約二十四億円)を全額取り崩し、今年末に組合員へ返還する方針を決めた。同社は今年冬のボーナスをゼロとしており、組合員の生活資金として充当する。また、八月からは組合費も20%引き下げた。最近では労組がストに訴える事例は少なくなっており、巨額な積立金をめぐって今後、見直しが進む契機となりそうだ。

 同社では、今後二年間にわたって一般社員の給与を5%カットするほか、今年冬の一時金(ボーナス)もゼロにするリストラを決めている。このため、三菱自労組は積立金を取り崩して、組合員のボーナス代わりとする。組合員がこれまで毎月千円払ってきた積立金を取り崩すもので、返還額は平均で約十八万円になる。

 組合が管理する闘争資金は、スト決行時の給与補填(ほてん)に使うのが目的だ。積立金は現在、スト十一日分を確保しているが、全額を取り崩した後も、他の剰余金の活用で五日分は補填できるという。また、闘争資金と別に、毎月の組合費も八月から20%下げ、一人平均で月額四千八百七十三円から同三千九百十八円とした。

 こうした組合の方針について、三菱自の社内では「自分が支払ってきたお金とはいえ、冬のボーナスはないと思っていたのでありがたい」(三十代社員)と受け止められている。

 自動車総連でも「スト資金が何日分必要との基準はない。個人積立型なので返せるのだろうが、返還という方法は驚いた」と話している。連合でも「組合ごとに闘争資金の管理は違うが、珍しいケースだ」と指摘している。

 闘争資金の積立金を違う目的に振り向けた例は、これまでにもあった。松下電工労組は四年前に「闘争資金は十分確保できている」とし、資金の一部の特別積立金四十一億円を冬のボーナス時に組合員に返した(一人平均二十六万円)。

 連合と連合総研が共同で昨年五月にまとめた「労働組合費に関する調査報告」によると、スト資金を積み立てている主要組合は八割強で、積立総額は一単組平均約七億五千三百万円(スト一八・七日分)にのぼっている。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/29kei001.htm


 次へ  前へ

国家破産36掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。