★阿修羅♪ 現在地 HOME > 不安と不健康9 > 642.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
小泉レイプ事件原告に従え!Re: 首相も患者、花粉
http://www.asyura2.com/0406/health9/msg/642.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 2 月 17 日 10:33:17: CjMHiEP28ibKM
 

(回答先: 首相も患者、花粉に政府も頭痛 官邸主導で策練るが… (朝日新聞) 投稿者 愚民党 日時 2005 年 2 月 12 日 18:39:48)

私も花粉症だが、解決策を示した。


小泉レイプ事件の原告としては、不純一郎がべそかいても、ざまあみろだが、言うこと聞いたら、許さないでもないぞ。

編集長の毒針:緊急課題!

杉花粉被害放置政策に猛然反撃の独立反乱!

“杉林焼き払い放火作戦”開始宣言!

(その4)間伐・枝打ち「保育」を嘲笑う「外材」圧力


 さて、前回の終りに、「雄花は……小枝端に穂状に群がってつく」との『世界百科事典』記事を示した。間伐や枝打ちをしないと小枝が増える。雄花が増え、雄花がまき散らす花粉が増え、しかり、しこうして、杉花粉症患者が激増するのは、必然的な結果である。
 ところが、東京都の場合、間伐とか枝打ちとかは、衛生局の環境保健課の仕事ではなくて、労働経済局農林水産部林務課の縄張りになっている。国の場合は林野庁である。そこで、またまた、電話料金の激増を気にしつつも、そちらに電話すると、受話器を取った職員は、移ったばかりで事情を知らないから、詳しい担当者から電話させると言う。これが、ちゃんと掛かってきた。ああ、電話料金が助かる!

東京の杉の保育は1巡に30年とは気が遠くなる


 で、返事を要約すると、あくまでも標準で強制ではないが、間伐は、苗を植えて20年から35年の間に3回、枝打ちは普通の4-6米の長さの材木用の場合、11年から20年の間に1,2回としているそうだ。間伐、枝打ちが行き届いた杉の林は、整然としていて、天井に葉が繁り、下には木洩れ日しか射さないから、あまり小枝は生えてこないようである。ただし、放置して置けば、木が伸びて上の方に小枝が繁る。

 ところが、民間の林業は杉材が売れずに廃業状態だから、林業農家は、ここ30年、業界では「保育」と呼ぶ「間伐、枝打ち」をしていない。杉林は、荒れ放題となっている。
 本シリーズ(その1)で報告したように、民間の林業への「間伐ウンダラカンダラ」補助金の国家予算が、5か年に476億円となっている。これが全国の都道府県に配分されるのであるが、東京都には今年、何と、2千2百万円しか届いていない。「少ない」と驚くと、「杉林の面積が全国でビリかその上くらいで少ないから」と言う。
 しかし、さらに都の予算からも、約2億円が追加されている。合計、約2億2千万円。この金額で「保育」できる杉林の面積は、毎年、6百から7百ヘクタ−ル。約5千ヘクタ−ルの保育が終了して、残りは、約2万ヘクタール。
 ええと、ええと、で、この際、暗算はヤバイから、計算機を叩いた。何度も検算したから間違いないはずだ。残りを全部「保育」するのに、何と、30年は掛かる。終了分も含めた約2万5千ヘクタールを考えると、毎年、7百ヘクタ−ルづつ「保育」するとしても、35.7年で1巡の計算となる。つまり、「保育」の1年を引いて34.7年は、「保育」なしで放置される可能性がある。その場合に、どの程度、荒れるのか。これには、答えがない。「林業」の「標準」の範囲を、はるかに超える事態なのである。
 以上の「保育」については、その後、永田町に本拠を置く林業の全国団体、全国木材組合連合会から得た情報もあるが、話が複雑になるので、そちらは後回しとする。

「貿易自由化」「アメリカ帝国主義」「海賊帝国」の黒い影!


 さて、ではなぜ、日本の林業が破壊されたか。これも、単に世間常識の「輸入材木が安いから」で済ますと、迫力がなくなるので、具体的に数字を求めた。
 なぜか、これは、最初に電話を掛けてみた通産省こと通商産業省の仕事ではなくて、林野庁国内貿易対策課の仕事だった。国内貿易対策課がファックスで送ってくれたグラフ、「木材(用材)自給率の推移」には、1990年から1998年までしか描かれていないのだが、それ以前の追及は後回しにする。
「自給率」の折れ線グラフは、ググッと右下がりで、1998年に上向くのであるが、実は、この年には、バブル経済崩壊のあおりを受けて、木材の消費量全体が大幅に低下していたのであった。
 縦軸の「用材供給量」(単位:万立方米)の内、「国産材」の方は、以下のごとく、着実な右下がりの継続である。

1990年:2,937


1991年:2,800


1992年:2,717


1993年:2,560


1994年:2,448


1995年:2,292


1996年:2,248


1997年:2,156


1997年:1,933


「国産材、外材の供給状況(1998年)」の円グラフを見ると、「外材」の最大面積、1位は、ああ、かの「アメリカ」21.2%、2位に「カナダ」12.7%、3位に「オーストラリア」8.3%とくれば、ああ、かの「鬼畜米英」の系統だけで、わがニッポンの「害財」(これが「がいざい」一発変換)、いや、「外材」輸入オリンピックのメダル、金、銀、銅、すべて独占ではないか!
 1-3位の小計、いや、大計か、42.2%、ついでに「チリ」と7位を分ける英系の「ニュージーランド」3.8%まで加えると、46%となる。この数字は、「国産材」21.0%を含む全体を100%とする「用材供給量」に対しての計算なので、「外材」のみ、つまりは100から21を引いた89を100とする計算に直すと、51.7%となる、要するに、「外材」の半分以上が、かの「7つの海を支配した」海賊帝国イギリスの元植民地発になっているのである。ウヌ!
 しかも、上記の日本の林業団体、全国木材組合連合会によると、これまた当然のことながら、やっぱり、「日米貿易摩擦」の関係で、中央段階では、「国産品愛護」は「差別」であるとして拒否されるので、「地元自治体」への「地元生産物利用」などの便法の工夫を、お願いしているのだそうである。
 ああ、花粉で痛め付けられ目から、ああ、涙が出る。
 涙よ、出ろ! 出ろ! 花粉を流すまで!(少し古い演歌の替え歌なのだ!)

以上で(その4)終わり。(その5)に続く。


(その5)へ


花粉作戦に戻る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康9掲示板



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。