★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 雑談専用10 > 220.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
オウムの手配ポスター。
http://www.asyura2.com/0406/idletalk10/msg/220.html
投稿者 クエスチョン 日時 2004 年 7 月 15 日 19:35:33:WmYnAkBebEg4M
 

オウムの手配ポスター。


 まだ、あっちこっち貼ってありますね。まあ、まだ捕まっていないのだから、剥がす訳にもいかないのでしょう。

 それにしても、捕まえると言う意味ではほとんど役に立っていないと感じています。恐らく当人たちは経年変化でほとんど別人でしょう。(^^;面影が残っているとしても、その残っている部分を意図的にカモフラージュすればよいわけです。髪形変えたり、めがねを変えたり、、。

 むしろ、これらのポスターのおかげで似ている人が、間違い通報されて迷惑している例があるのではと思っています。ほとんどの通報する人は、当人たちが経年変化で年を取ってるなんて想像力を働かせなどしません。そんな気の利いた人なんていません。世間なんてそんなものだ。(笑)

 本当に捕まえたいなら、電話の録音の声とか有ったら、声で手配をするべきでしょうね。時効を直前にして、声の手配で捕まった殺人犯福田和子の例なんてのもありますしね、、。

 容姿は経年変化で別人になりやすいですが、声や、ましてしゃべり方の癖はちょっとやそっとでは変わらないものです。


参照投稿
********************************************************************************

急転:10年目の長官狙撃事件/上(その1) 解けた教祖の呪縛−−小杉容疑者【毎日】
http://www.asyura2.com/0403/nihon13/msg/889.html
投稿者 クエスチョン 日時 2004 年 7 月 12 日 19:14:27:WmYnAkBebEg4M

(略)

 確かに、言葉のなまりで犯人が検挙された例はある。

 例えば、1997年7月に、福田和子が捕まった。そう、殺人事件の時効を一ヶ月後に控えて、写真と電話の声がTVなどで公開され、通報されてつかまったのである。写真は手配写真などでも公開されていたけれど、電話の声が公開されたのは初めてだった。

 忘れ去られようとしていた事件が一挙に世間の注目を浴びることになった。殺害した相手の家財道具を自分のマンションに運び込んで使っていたというエピソードは世間を呆れさせ、憤激させることにもなった。こんな図々しい女が法の裁きを受けずに済んでいい訳がない。また電話の内容たるや「私も悪知恵が結構ある」だとか「捕まればいいと思ってるんでしょう」とか「向こうの親も恨んでいるだろうけれど、私もこんな風に(逃げ回らなくてはならなくなって)なって恨んでるよ」などという言葉が世間の反感を煽った。
 電話の声が世間の関心を引き、反感を煽ったのである。そして独特の口調は隠しようもなく、見破られ、通報されることになったのである。顔は変えられても、口調は整形することも出来ず、頭隠して尻隠さずとなってしまった。(^^;

 身体は楽器と似ている。太れば声は低くなるし、痩せれば声は高くなる。しかし、別人と思わせるには相当体のサイズを変えなければならない。
 またたとえ、もし体のサイズを変えたとしても、それ以上に口調を変えるのは並大抵のものではない。何故なら、口調というのはその人の性格と結びついていて、その性格を変えると言うことは簡単には出来ないからである。

 とまあ、実際にその例はあるのであるけれど、なまりだけでは無理で、捕まえるには、つまり最終的に犯人とするには、物証で裏付けられなければならないのは言うまでもないことだ。


 次へ  前へ

雑談専用10掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。