★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT6 > 228.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「過去の遺物」になるフロッピー(ITmedia)  ― ビル・ゲイツの予測「DVDも10年以内に時代遅れになる」
http://www.asyura2.com/0406/it06/msg/228.html
投稿者 シジミ 日時 2004 年 9 月 07 日 18:45:32:eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0409/07/news021.html

DellやGatewayはフロッピードライブの廃止を進め、それに苦情を言う顧客も少なくなっている。フロッピーは緩やかに死に向かっているようだ。

アトランタ(Associated Press)

長い間、手紙や宿題、そのほかのコンピュータファイルを保管する一般的な手段だったフロッピーディスクが、自動車が登場した後の馬と同じ道をたどっている。まだ残ってはいるものの、以前ほど日常生活に関わってくることはない。

 いい厄介払いだと、一部のホームコンピュータユーザーは言う。技術は進歩を続けなければならないと。

 ペニー銅貨と同じように、フロッピードライブはほとんど割に合わないとコンピュータメーカーは話している。

 Dellは2003年春以来、新たに出荷するコンピュータにフロッピードライブを搭載していない。Gatewayも一部モデルで同様の動きに出ている。希望すれば10〜20ドルの追加料金でフロッピードライブを搭載してもらえる。

 「一部の顧客にとって、フロッピーはセーフティブランケット(安心感を与えるもの)だ」とDellの広報担当ライオネル・メンチャカ氏。「以前はすべてのコンピュータにフロッピードライブが付いていた。だから彼らは今でもフロッピードライブを注文しなくてはならないと感じている」

 新しいコンピュータにフロッピードライブが付いていないことに気づいて、苦情を言ってくる顧客も数人いたが、顧客がもっと新しい技術のメリットを理解するにつれ、そうしたケースはめったに見られなくなっているとメンチャカ氏は語る。新しいノートPCにはほとんどフロッピードライブが付いていない。

 時代遅れのフロッピーに進んでさよならを言う人はますます増えているとGatewayの広報担当リサ・エマード氏。

 「顧客から希望がある限り、フロッピードライブの提供を続ける。顧客がその気になれば、喜んでフロッピーを廃止する」(同氏)

 一部には、フロッピーに満足しているからというだけの理由だけで、捨てるのをためらう人もいると、米大手コンピュータ小売業者Vision Computersのタルン・バクタ社長は語る。

 バクタ氏の店では、基本的なコンピュータモデルに必要な装備をすべて付けているが、フロッピードライブは付けていない。

 「フロッピードライブが欲しいと言う人がいると、私はこう尋ねる。『最後にいつフロッピーを使いましたか?』と。多くの場合、『全然使っていない』という答えが返ってくる」(同氏)

 しかし、日常的にコンピュータを使う多数の普通のユーザーは、フロッピーが消えることを望んでいない。

 「私の子供にとっては、(フロッピーによって)学校でも家でも課題ができる。フロッピーはとてもいいアイデアだと思う」と買い物に来たマーク・オードウェイさんは話す。

 「私と夫が簡単に使えるものが欲しいだけ」と話すのは、パット・ブレイズデルさん。

 CD-RWやキーチェーンフラッシュメモリデバイスなど、フロッピーディスクに代わるものは幾つかある。いずれもフロッピーよりも大量のデータを格納でき、壊れにくい。

 それでも、フロッピーは1970年代から存在しており、人々はフロッピーに慣れている。今も出回っている最も古いリムーバブルストレージだ。

 「(フロッピーは)常にいささかの郷愁をもよおす」は8インチフロッピーディスクをまだ持っているジョージア工科大学の電気・コンピュータ工学教授スコット・ウィルズ氏。「フロッピーは喜んでさよならしたい技術だ。私はラベルを貼ったりしなかったので、ドライブに入れて中を見るまで、何のディスクか分からなかった」

 ある意味では、フロッピーがこんなに長い間存続しているのは驚きだ。

 フロッピーディスクの容量はたった1.44Mバイト。ワープロ文書には十分だが、それ以外のデータを入れるには足りない。これに対してCDの容量は700Mバイト程度で、フラッシュメモリは通常64M〜256Mバイトのデータを格納できる。

 フロッピーディスクがfloppy(柔らかい)だったのも随分昔のことだ。昔は折り曲げられるプラスチックのケースで覆われ、5.25インチの大きさだったが、Apple Computerが1980年代半ばに、Macとともにもっと小型で記録密度の高いディスクを開拓した。

 その後Appleは、1998年のiMacのリリースにおいて、大衆市場向けコンピュータメーカーとしては初めてフロッピードライブを全面的に廃止した。

 「フロッピーは正式に死を迎えたわけではないが、緩やかに死に向かっていることに疑問の余地はない」と米コンサルティング会社Creative Strategiesの主席アナリスト、ティム・バジャリン氏。「声高に苦情を言う人も多少いたが、そうした人も短期間で慣れた」

 DVDがフロッピーディスクと同じ道をたどるのも、そう遠い話ではないかもしれない。Microsoftのビル・ゲイツ会長は最近、DVDは10年以内に時代遅れになるとの予測を示した。

関連記事
Dell、フロッピー廃止に向けてまた一歩http://www.itmedia.co.jp/news/0302/07/ne00_fdd.html

[Mark Niesse,The Associated Press]

Copyright 2004 Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten, or redistributed.

 次へ  前へ

IT6掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。