★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件14 > 412.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「悔しいの一言」小山の幼児兄弟の父が会見 [読売新聞]【生きたまま投げ込んだに矛盾する溺死ではない死因】
http://www.asyura2.com/0406/nihon14/msg/412.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 9 月 15 日 13:16:11:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: <栃木兄弟誘拐>「2人を橋から生きたまま投げ落とした」(毎日新聞) 投稿者 エンセン 日時 2004 年 9 月 15 日 05:40:03)


 栃木県小山市、塗装工小林保徳さん(40)の二男一斗ちゃん(4)と三男隼人ちゃん(3)が誘拐され、隼人ちゃんが遺体で見つかった事件で、父親の保徳さんが15日、小山市文化センターで初めて記者会見に応じ、「悔しいの一言です」などと心境を語った。

 隼人ちゃんの遺体を確認した場面については、「怖い、痛い、冷たい思いをさせてしまって申し訳ない」と声を震わせ、「乗り物好きで、東京にいたころは、ちょっとした買い物でもよくタクシーやバスに乗って出かけた」と、絞り出すように思い出を語った。

 行方が分かっていない一斗ちゃんへの思いを聞かれると、「冷たくて仕方ないでしょう。3日も水につかっているのだから、早く温めてあげたい」と述べた。

 兄弟殺害を認め、未成年者誘拐の疑いで逮捕された同市、自称土木建設作業員下山明宏容疑者(39)については、「弟のような存在だった」としながらも、「ここまでやるとは思わなかった。憎しみしかない」と怒りをぶつけた。

 記者会見後、保徳さんは「涙も出きって、もう何も出ない。(一斗ちゃんも)ともかく、早く帰ってきてほしい」と苦悩の表情で語った。

 一方、小山署の捜査本部の調べに対し、下山容疑者は「暗くなってから、兄弟を橋から川に投げ込んだ」と供述、兄弟を生きている状態で投げ込んだとも話していることが分かった。

 しかし、生きたまま投げ込んだとの供述は、隼人ちゃんの肺に大量の水が入っておらず、水死を示す痕跡がなかった14日の司法解剖の結果と矛盾している。

 このため、捜査本部は殺害状況についてさらに追及するとともに、隼人ちゃんの遺体の組織検査を行い、慎重に死因の特定を進めている。

(2004/9/15/13:10 読売新聞 無断転載禁止)


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040915i104.htm

 次へ  前へ

日本の事件14掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。