★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件14 > 627.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
藤沢放火殺人:2審は逆転有罪判決、民事を追認 東京高裁 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0406/nihon14/msg/627.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 9 月 27 日 15:58:30:Mo7ApAlflbQ6s
 


逆転判決後の会見を終え、笑顔がこぼれた美穂さんの母郁子さん(中央)と父良雄さん。左は兄の秀明さん=東京・霞が関の司法記者クラブで27日午前11時31分、山下浩一写す


 神奈川県藤沢市で93年に洋装店員、飯島美穂さん(当時25歳)の遺体が焼けた自宅アパートから見つかった事件で、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた元会社員、佐々木慶被告(32)に対し、東京高裁は27日、1審・横浜地裁の無罪判決を破棄し、懲役15年(求刑・無期懲役)を言い渡した。白木勇裁判長は「被告側は自殺と主張するが、ありえない。被告はこれまでも飯島さんに危害を加え、現場にいた唯一の人物であり、犯行は認定できる」と指摘した。被告側は上告する。

 事件は93年12月に発生。飯島さんと当時同居していた交際相手の佐々木被告が「飯島さんが放火後に包丁で自分の首を刺し、心中を図った」と主張し、検察はいったん不起訴とした。しかし、遺族が被告に損害賠償を求めた民事裁判で00年に「殺人」と認定されたのを受け、再捜査、逮捕・起訴するという異例の経過をたどった。民事裁判では約9700万円の賠償を命じる判決が01年に確定し、刑事裁判の行方が注目されていた。

 事件当時、室内には飯島さんと佐々木被告しかおらず、(1)誰が首を刺し、放火したのか(2)被告に犯行の動機があったと推認できるか−−が争点だった。

 判決は、検察側が提出した死因などの鑑定結果を「信用できないというものではないが、その通りというまでの証明力があるとまではいえない」と一定の疑問を示しつつ、「(前日に別れ話がまとまったことを)喜んでいた飯島さんがその翌日、心中するとは考えがたい。被告が刺したことにより移動の自由を失った後、放火がなされたと合理的に推認できる」と検察側の主張を認めた。

 そのうえで「飯島さんが一大決心して別れることになって、放火して殺害したもので許しがたい犯行。だが、当時若くて未熟で無期懲役を選択するには躊躇(ちゅうちょ)がある」とした。【坂本高志】

毎日新聞 2004年9月27日 11時20分

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040927k0000e040037000c.html

 次へ  前へ

日本の事件14掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。