★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争56 > 458.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
グレッグ・パラスト、レーガンの死に贈る強烈コラム(暗いニュースリンク)
http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/458.html
投稿者 ネオファイト 日時 2004 年 6 月 08 日 12:04:01:ihQQ4EJsQUa/w
 

(回答先: [レーガン死去]「歴史に刻まれる冷戦勝利の意義」(読売新聞) 投稿者 彗星 日時 2004 年 6 月 08 日 05:30:08)

グレッグ・パラスト、レーガンの死に贈る強烈コラム

ジャーナリスト、グレッグ・パラスト氏の2004/06/06付けコラムより。以下に全文を翻訳掲載。

美談だけが語られているレーガン元大統領の死に関する報道に対して、パラスト氏は強烈な怒りを表明しているようである。無理もない。レーガン政権はブッシュ政権の原型といわれ、イラン・コントラ事件は今日のアメリカ政府の暗黒面を象徴する先駆的な事件だった。(イラン・コントラ事件の闇の部分に関してはドキュメンタリー「COVERUP:Behind The Iran Contra Affair」が詳しい)

「殺人者で、臆病者で、詐欺師のレーガンの死にひと安心。早死にするのは善人だけという証明がまたひとつ」

by グレッグ・パラスト

誰でもやりたくないことだ。死んだ人間のことを悪くいうべきじゃあないだろう。しかし今回は、誰かがそれをやらなきゃならない。

ロナルド・レーガンは詐欺師だった。レーガンは臆病者だった。そして、レーガンは殺人者だった。

1987年、私はニカラグアのチャグイティロ(Chaguitillo)という安っぽい小さな町で立ち往生していた。人々は腹を空かしていたが、充分親切だった。ただ1人、或る不機嫌な若い男を除いて。彼の妻は結核で死んだばかりだった。

抗生物質がいくらかでも手に入るなら、人は結核で死なずに済む。しかし、ロナルド・レーガンは---広い心を持つといわれた男だが---地元の人間によって選ばれた政府が気に入らないという理由で、ニカラグアへの医薬品の輸出を禁止したのだ。

若い女性の肺が詰まり、呼吸が止まっていく間、ロニー(レーガン)はにやにや笑って、ジョークを口にしていた。そして、三人の子の母親であるその女性が埋葬されている間、レーガンはお得意のB級映画の笑顔を見せたのだ。

ヒズボラのテロリスト達が、レバノンに居たアメリカ海兵隊の寝込みを一斉攻撃し、何百人も殺した時、テレビ向け兵士のレーガンは鞭を打たれた犬のように逃げ出し、それからくるりと向きを変えてグレナダに侵攻した。あの地中海のちっぽけな戦争は、レーガンが空港建設中のキューバ人達を撃ち殺す行列を維持するための残忍なPRスタントだった。

それに、私はナンシー夫人---デザイナードレスを着て意気揚々と歩く骸骨---のことも憶えている。レーガン家に流れ着いた贈り物のいくつかは---帽子から百万ドルの邸宅まで---政府の略奪品で充分な報酬を得た仲間たちから贈られたものだ。それは、かつては賄賂と呼ばれていたものである。

そして始終、おじいちゃんは笑顔で、自分の孫達の面倒すら見ようともしないのに「家族の大切さ」を繰り返し唱えて見せたのだ。

ニューヨークタイムズは、そのお決まりの死亡記事の中で、レーガンは「アメリカの小さな町の信条」「古きよき時代の価値観」が投影された人物だと書いた。「価値観」とは聞いて呆れる。それは組合つぶしであり、貧乏でデザイナードレスも買えないような連中に対する戦争宣言であり、百万長者がより多く稼ぐためにアメリカに飢餓を持ち込むことになった新しい下劣さの象徴だったのだ。

「小さな町」の信条だって?カリフォルニアの映画スターで、マリブの大御所が?いいかげんにしてくれ。

四六時中ホワイトハウスの地下にいて、脳みそが蒸発していった彼の最後の意識行動といったら、議会に対するクーデターの容認だった。レーガン政権の国防長官、キャスパー“ザ・ゴースト”ワインバーガーと発狂したオリバーノース大佐は、中東の怪物、アヤトラ・ホメイニ氏に武器を与えることを企んでいたのだ。

レーガンの子分達はジミー・カーターのことを嫌われ者の意気地なしと呼んだが、カーターはアヤトラ政権に一歩も譲らなかった。映画のファンタジーに生きるカメラ前だけのタフガイペテン師のレーガンは、怖気づいたゴキブリみたいにホメイニ氏に跪いて、人質解放を懇願したのだ。

オリバー・ノースはイランに飛び、狂信的な宗教指導者のための誕生日ケーキを持参した。それは鍵の形をしていた。レーガンのハートを開く鍵だ。

それから、レーガンは自らの臆病さに犯罪をミックスさせた。人質を獲られた相手から金を受け取り、「コントラ」のための銃を買ったのだ。コントラはニカラグアで自由の戦士を装っていた麻薬密売人たちのことである。

バークレイで学生時代を過ごした者として、拡声器でがなりたてられていた言葉を私は憶えている。「カリフォルニア州知事、ロナルド・レーガン、ここにデモの解散を命令する」そして、催涙ガスと警棒の登場だ。その間ずっと、毒牙が隠れた笑顔を浮かべるレーガンが居た。

チャグイティロでは、一晩中、レーガン仕込みのコントラテロリスト達から子供達を守るために、農民たちは眠らずに見張っていた。頭の壊れた合衆国大統領言うところの「共産主義者」である農民たちは、サンディニエスタ支持者でないというだけでなく、テキサスから車でわずか48時間の場所にいたのだ。連中はテキサスにとって一体なんだというのだ?

それでもなお、農民とその家族たちは、レーガンにとって標的だったのだ。

チャグイティロの閑散とした闇の中、TVは踊った。奇妙なことに、それは「悪党兄弟」というタイトルの三流ギャング映画で、主演はロナルド・レーガン!というわけだ。

まあ、皆さん、今夜は少しだけ落ち着いて眠れるでしょう。悪党は死んだのだから。

殺人者、臆病者、詐欺師のロナルド・レーガンよ、グッドバイ。いなくなって清々したよ。



グレッグ・パラストのコラム原文

http://www.gregpalast.com/printerfriendly.cfm?artid=336

KILLER, COWARD, CON-MAN
GOOD RIDDANCE, GIPPER ...
MORE PROOF ONLY THE GOOD DIE YOUNG
Sunday, June 6, 2004
by Greg Palast

You're not going to like this. You shouldn't speak ill of the dead. But in this case, someone's got to.

Ronald Reagan was a conman. Reagan was a coward. Reagan was a killer.

In 1987, I found myself stuck in a crappy little town in Nicaragua named Chaguitillo. The people were kind enough, though hungry, except for one surly young man. His wife had just died of tuberculosis.

People don't die of TB if they get some antibiotics. But Ronald Reagan, big hearted guy that he was, had put a lock-down embargo on medicine to Nicaragua because he didn't like the government that the people there had elected.

Ronnie grinned and cracked jokes while the young woman's lungs filled up and she stopped breathing. Reagan flashed that B-movie grin while they buried the mother of three.

And when Hezbollah terrorists struck and murdered hundreds of American marines in their sleep in Lebanon, the TV warrior ran away like a whipped dog … then turned around and invaded Grenada. That little Club Med war was a murderous PR stunt so Ronnie could hold parades for gunning down Cubans building an airport.

I remember Nancy, a skull and crossbones prancing around in designer dresses, some of the "gifts" that flowed to the Reagans -- from hats to million-dollar homes -- from cronies well compensated with government loot. It used to be called bribery.

And all the while, Grandpa grinned, the grandfather who bleated on about "family values" but didn't bother to see his own grandchildren.

The New York Times today, in its canned obit, wrote that Reagan projected, "faith in small town America" and "old-time values." "Values" my ass. It was union busting and a declaration of war on the poor and anyone who couldn't buy designer dresses. It was the New Meanness, bringing starvation back to America so that every millionaire could get another million.

"Small town" values? From the movie star of the Pacific Palisades, the Malibu mogul? I want to throw up.

And all the while, in the White House basement, as his brain boiled away, his last conscious act was to condone a coup d'etat against our elected Congress. Reagan's Defense Secretary Casper the Ghost Weinberger with the crazed Colonel, Ollie North, plotted to give guns to the Monster of the Mideast, Ayatolla Khomeini.

Reagan's boys called Jimmy Carter a weanie and a wuss although Carter wouldn't give an inch to the Ayatolla. Reagan, with that film-fantasy tough-guy con in front of cameras, went begging like a coward cockroach to Khomeini pleading on bended knee for the release of our hostages.

Ollie North flew into Iran with a birthday cake for the maniac mullah -- no kidding --in the shape of a key. The key to Ronnie's heart.

Then the Reagan roaches mixed their cowardice with crime: taking cash from the hostage-takers to buy guns for the "contras" - the drug-runners of Nicaragua posing as freedom fighters.

I remember as a student in Berkeley the words screeching out of the bullhorn, "The Governor of the State of California, Ronald Reagan, hereby orders this demonstration to disperse" … and then came the teargas and the truncheons. And all the while, that fang-hiding grin from the Gipper.

In Chaguitillo, all night long, the farmers stayed awake to guard their kids from attack from Reagan's Contra terrorists. The farmers weren't even Sandinistas, those 'Commies' that our cracked-brained President told us were 'only a 48-hour drive from Texas.' What the hell would they want with Texas, anyway?

Nevertheless, the farmers, and their families, were Ronnie's targets.

In the deserted darkness of Chaguitillo, a TV blared. Weirdly, it was that third-rate gangster movie, "Brother Rat." Starring Ronald Reagan.

Well, my friends, you can rest easier tonight: the Rat is dead.

Killer, coward, conman. Ronald Reagan, good-bye and good riddance.

 次へ  前へ

戦争56掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。